Androidアプリから【スマホがウイルス感染】30万台以上!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

30万台以上のAndroidのスマートフォンが、ウイルス感染していることが発覚しました!

なんと、Androidアプリをダウンロードする「Google play ストア」の審査をすり抜けて、ダウンロードできるようになっていたのです。

今回は、Androidアプリのウイルス感染の詳細を、詳しく解説していきます。

審査すり抜けた原因

不正アプリはどのようにして、Googleの審査をすり抜けたのでしょうか?

ウイルスを持ったアプリは、ダウンロードしても、目的のアプリとして機能しており、ただダウンロードするだけでは問題は起こりませんでした。

しかし、アプリを更新(アップデート)する時に、ウイルスを持ったアプリに変化させるのです。

この方法で、たくさんの人が、ウイルスアプリに変化するというアプリをダウンロードしてしまったのです。

ウイルスの種類

このアプリは更新すると、「トロイの木馬」というマルウエア(ウイルス)に変化します。

「トロイの木馬」とは、感染するとスマートフォンやパソコンなどが、不正な動作をするようになります。→ 詳しく

つまり、スマートフォンやパソコンを、乗っ取られてしまうのです。

デジタルデバイスが乗っ取られるということは、ネットバンキングや電子マネーのお金を、犯罪者に送金してしまうなど被害が考えられます。

不正アプリ

Androidのアプリで、どのアプリにウイルスを仕込んでいたのか?

  • ドキュメントスキャナー
  • QRコードリーダー
  • フィットネスモニター
  • 仮想通貨関連

 これらは、セキュリティ企業の「ThreatFabric」による調べで分かっています。

アプリは本来の機能通り使用できるめ、不正を起こすアプリだとは気づくことが難しいそうです。

これらのアプリで、30万台以上のスマートフォンがウイルスに感染していますが、ダウンロードは20万人以上が行っていると確認されています。

さらに、「Google play ストア」のアプリレビューでは高評価のコメントが多数、掲載されており、Androidユーザーには、不正アプリと正常なアプリの判断はつかないようです。

現在は、不正アプリの6つを特定されています。

私たちがよく使うアプリでこのような、ウイルスが仕込まれていては、なすすで無しの状態です。

一度ウイルスに感染すると、お金や情報も盗まれ、さらに、全てのパスワードを変更する必要が出てくるため、このような被害が起きないように、対策が進むことを祈ります。

タイトルとURLをコピーしました