【ダイソー】コード整理「ケーブルタイ・コードバンド」2021

この記事は約3分で読めます。

最近はスマートフォンやモバイルバッテリー、イヤホンなど持ち歩く電化製品も増えています。

家の中にも、便利家電が次々発売されるため、身の回りがコードだらけで困っている人も多いことでしょう。

そこで、今回はダイソーの使いやすい、「ケーブルタイ」と「コードバンド」をご紹介します。

ケーブルタイ・コードバンド

電化製品のコードを繋いでそのままにしていると、コンセント周辺が、線だらけになってしまいます。

そこで便利なのが、こちらの商品たちです。

ダイソーで販売されている商品が、種類が豊富で、用途によって使い分けることが出来ます。

コードをまとめるという役割はおなしですが、まめに使用するものは、簡単に取り外しができた方がいいですが、テレビの裏などは、ほとんど触ることのない、コードです。

その場合は、しっかりまとめることが出来るものが一番です。

スマートフォンの充電に使用する、コードは外でもしようするため、見た目の良い物でまとめたいと考えます。

ダイソーなら、色んな願いが叶えられます。

ダイソー:ツイストリング

「ツイストリング」は簡単に、まとめることができ、簡単に外すことが出来ます。

自宅で使用するのに便利な商品です。

ダイソー:ケーブルタイ

ダイソーの「ケーブルタイ」の種類は豊富にあります。

猫の手のデザインも可愛いですが、私のおすすめはシンプルなデザインのものです。

「ケーブルタイ」は、長さに余裕がある作りになっているため、束ねるコードの厚みが小さい場合、何度も巻かなければいけません。

シンプルなデザインなら、少しカットして使用すると、束ねる作業が楽になります。

カットする際は、切り口を丸くすると、見た目がキレイになります。

カットしても、その部分からボロボロになることはありません。

ダイソー:シリコンコードバンド

「シリコンコードバンド」は、粘着性はありませんが、束ねるとシリコンが滑り止めになります。

スッキリとまとめられるところが、良い点です。

ケーブルクリップ・ホルダー

デスク回りをスッキリさせてくれるのが、「ケーブルクリップ」や「ケーブルホルダー」「コードフック」です。

ダイソー:ケーブルクリップ
ダイソー:ケーブルホルダー ネコ型

スマートフォンの長いケーブルでも、先を固定できるため、使用する時に便利で、見た目もスッキリさせてくれるので、おすすめです。

コードを束ねる

テレビ周辺のコードは、ほとんど動かすことがないため、結束バンドを使用すると、見た目をスッキリさせること出来ます。

コードの種類もたくさんあるので、それに合わせて、収納方法も様々です。

「ダイソー」大型店舗・通販

 大型店舗

珍しい商品でも、ダイソーの大型店舗なら品数も豊富です。

近くの大型店舗を調べるなら、こちらのサイトがおすすめです。→「店舗案内

 通販

ダイソーではネット販売も行っています。

現在はプレオープン中なので、千葉・東京・神奈川県のみ、購入することが出来るようです。

ダイソー公式通販→「こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました