【SIMフリー・格安スマホ】を買う時の注意!法律違反

この記事は約3分で読めます。

携帯会社の基本料金も安くなってきて、海外の安いスマートフォンを、使用している人も増えてきました。

しかし、安いスマートフォンを使うのには、注意が必要です。

知らないうちに、「電波法違反をしていた」なんてことが、あるかもしれません。

技適マークの義務

出典:総務省

このマークを知っていますか?

「技適マーク」と言って、携帯電話・スマートフォン・無線機など、電波を発する機器が、法令で定めた基準だということを、証明をするマークです。

「技適マーク」 がついていない機器を、日本国内で使用してはいけません。

使用した場合は、法律違反になります。

電波法」というものがあり、違反者には下記の罰があります。

1年以下の懲役 or 100万以下の罰金

5年以下の懲役 ro 250万円以下の罰 (公共の電波に害を与えた場合)

技適マークの付いている場所

「技適マーク」が付いている場所は、機器の「型式・名称・製造者」が記載されてた部分にあります。

携帯電話 → 内臓バッテリーを外した所

家の電話 → 底

Wi-Fiの無線LAN → 底

  スマートフォン

スマートフォンの「技適マーク」がある場合は、内部データの中にあります。

「設定画面」を開きます。

「デバイス情報」を開きます。

「認証」を開きます。

「認証」を開くと、「技適マーク」の表示があります。

  ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiも、内部データに技適マークの記載があります。

ホーム画面から「情報」項目を開くと「認証情報」があり、「技適マーク」を確認できます。

※機器によって、多少違います。

技適マークが必要な理由

電波は多くの人が使っているので、機器によって、使う電波のチャンネルなどに決まりがあります。

例えば私たちの身近な、スマートフォンには、3G・4G・5G電波のチャンネルが決められています。

スマートフォン1人1人も、電話番号が割り振られており、細かく電波が分けられているのです。

「技適マーク」が付いていない無線機の多くは、このルールに従っていないため、使用すると、他人の通信を妨害してしまう可能性があります。

特に、公共性がある様な電波、テレビやラジオなどの通信を妨害することは、人々に大きな損害を与えてしまします。

そのようなことがないように、検査をして、「技適マーク」を付けることが必要なのです。

世界の技適マーク

世界各国、「技適マーク」と同様のものがあります。

基準は、各国違うため、日本で通信機器を使用する場合は、日本の「技適マーク」が付いているものしか使用できません。

出典:マイネ王

海外でスマートフォンを使用する場合は、その国の「技適マーク」がついているものを使用しなければ違法になるので、注意しましょう。

電波法について、詳しい内容を知りたい方は → 「総務省ホームページ」へ

タイトルとURLをコピーしました