【大問題】自動車に家庭用コンセントが設置されない理由

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

車の電源は家庭用とは異なります。

シガーソケットやUSBが装着されていますが、なぜ車には家庭用のコンセントは装備されていないのでしょうか?

今回は車の常識・電源に付いて解説していきたいと思います。

コンセント装備されない理由

車の電気は直流(DC12V)で、一般家庭の電源は交流(AC100V)となっています。

この電流の違いが、コンセントの導入が進まない1つの要因です。

また、一般家庭用と同じAC100V・1500Wのコンセントを使用するためには、大容量のバッテリーが必要となります。

ガソリン車の場合、搭載バッテリーの容量が小さく、電力が足りなくなってしまうので、家庭用のコンセントは設置できません。

出典:MOTA

現在コンセント(AC100V・1500W)が用意されている車種は、トヨタでいえば「アクア」「プリウス」「プリウスPHV」「ヤリスHV」「アルファード/ヴェルファイアHV」など、ほとんどが容量の大きいバッテリーを搭載しているHV、PHV(PHEV)などの車種です。

営業車などでは、使い勝手を考慮してAC100V・100Wのコンセントが用意されていることもありますが、それでも搭載車種は限られるのが現状です。

またHVやPHVの場合、標準でコンセントが装備されていることもありますが、メーカーオプションになっているケースも多々あります。

ハリアーHV」や「カムリ」のメーカーオプションをみてみると、AC100V・1500Wコンセントの価格は税込44,000円となっています。

電力トラブル

コンセントには「100V・1500W」「100V・100W」などの記載があります。

記載されている電力を超えて使用することはできません。

消費電力が、表記されている数値を超えている場合、保護機能が作動し電力供給がストップしますし、ヒューズが飛ぶ可能性もあります。

さらに、たこ足配線をすると発火する危険性もあります。

コンセントが標準装備化されないのは、消費電力を考えずに使用する人がでるからかもしれません。

災害対策として

「HVやPHVであれば、災害などの緊急時を想定してAC100V・1500Wのコンセントを装備することが多くなってきました。

しかし、ガソリン車の場合はバッテリーの容量が少ないことなどもあり、コンセントが標準装備になっていく可能性は低いでしょう。

災害などを経験した方は、HVやPHVの車種を選択し、標準装備でない場合は念の為オプションでAC100V・1500Wのコンセントをつけておくというケースもあるようです。

近年では外部給電機能も注目されており、HVやPHVの車種ではコンセントの設置が一般化しつつあります。

AC100V・1500Wコンセントがあれば、電気毛布や電気ポット、炊飯器、掃除機、ドライヤーなどの家電が使用できるため、いざという時には心強い味方となるでしょう。

しかしながら、通常のガソリン車では製造コストやバッテリー容量などの関係もあり、コンセントが定番化する可能性は低いようですね。

インバーター

停電・キャンプ・災害時に役立つのが車の電源です。

ガソリン車の場合は、家庭用の電源の使用ができませんが、「インバーター」を使えば、家庭用の電気がつがえます。

LST 200Wカーインバーター コンバーター 車載充電器 DC12VをAC100Vに交換 USB給電4口 QC3.0快速充電 AC100V電源2口 修正正弦波 シガーライターソケット コンパクト&シンプル

こちらはAmazonでベストセラーになっている商品です。

見た目もスタイリッシュで、コンセントを2つ、USBを4つ備えています。

「インバーター」は大変便利な商品ですが、ガソリン車の場合はバッテリー容量が小さいため、大きな電力は使用できませんので使用の際はご注意ください。

 

上のSNSマークから、弊社アカウントをフォローできます。
当記事について不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。メッセージは、Instagram・Twitter・LINEからお受け致します。
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました