たんぱく質過剰摂取【危険】機能低下・加齢臭・体臭の原因

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

体臭・加齢臭の原因は、タンパク質の取り過ぎかもしれませんよ。

実はタンパク質を取り過ぎると、吸収されなかった分は、毒になるんです。

今回はタンパク質と体臭の関係について、解説していきます。

タンパク質とは?

タンパク質はアミノ酸が、約50~1,000結合した化合物です。

そして、タンパク質は体のいたるところに、存在しています。

筋肉・内臓・皮膚・髪・骨・歯など様々な場所です。

人体の約60%は水分でできていますが、15~20%タンパク質でできています。

さらに、体の機能的な部分にも、タンパク質は関わっており、「体の機能を調整するホルモン・消化と吸収・刺激を受け取る受容体」にも影響しています。

タンパク質は毒になる

私たちの体にとって、タンパク質は重要の働きをしていますが、多く摂取しすぎた場合は、不要となります。

そして、不要なタンパク質は排出されますが、その量が多すぎると、全てを体外に排出できません。

では、タンパク質は体の中でどのような過程をへて、排出されるのでしょうか?

まず、食事から摂取したアミノ酸は、体を構成するタンパク質へと合成されます。

そして、古くなったタンパク質は、アミノ酸へと分解され、さらに分解されると、アンモニアが作られます。

アンモニアには神経毒があり、私たちの体にはとても有害な物質です。

しかし、人間には腎臓があり、ここでアンモニアを無害な、尿素に変えて体外に排出します。

これが、通常の流れになりますが、タンパク質を多く摂取すると、腎臓のろ過機能が、追い付かなくなり、血液の流れに乗って、アンモニアが体に回ります。

 

アンモニアの毒性

アンモニアの毒性・人体への影響は、アンモニアの高濃度のガスを吸った場合は肺水腫(はいすいしゅ)になって、最悪の場合呼吸停止になったります。

その他にも、呼吸・皮膚・粘膜など、体の色々な部分に害を与えます。

このように、体に悪い影響を与える、アンモニアですが、通常は腎臓でろ過され、尿素となり排出されます。

クラッシュ症候群

1995年に起きた、阪神・淡路大震災で、多数の死亡者がでましたが、その時に「クラッシュ症候群(クラッシックシンドローム)」で、亡くたった方もたくさんいます。

クラッシュ症候群とは、がれきなどの重い物に、体を長時間挟まれ、その後、急にがれきを取ると、閉ざされていた血流が改善します。

すると、毒が体中に回り、最悪の場合死に至ります。

一命をとりとめても、腎機能障害を起こします。

なぜ、このようなことが起きるのか、それは筋肉が長時間圧迫されると、壊死を起こすからです。

細胞が壊れることで、タンパク質やカリウムが、血液中に流れ出すため、血中に増加します。

タンパク質は分解されると、アミノ酸になり、さらに分解されてアンモニアになりますが、それは神経毒です。

また、カリウムも血中に増えると、心臓に大きな負担を与え、心臓停止させます。

だから、いきなり、がれきに挟まった人の体から、がれきを持ち上げてはいけないんですね。

クラッシュ症候群→詳しく

タンパク質過剰は危険

タンパク質を多く摂取しすぎると、不要になるため、不要なタンパク質はアンモニアになります。

体の中のアンモニア(毒)は、腎臓でろ過され、基本的には、汗などでは排出されません。

しかし、腎臓の、ろ過機能が追い付かない状態だと、血流にのってアンモニアが全身に回り、汗や皮脂と一緒に分泌されるため、体臭を発生させます。→詳しく

私自身も、一時期プロテインを飲んでいて、美容に良いと思い込んで飲んでいましたが、30代にはいってから急に、体臭が気になるようになっていました。

恐らく、タンパク質が、過剰になっていたと考えられます。

若い時は、無茶な食生活でもあまり、体に支障がありませんが、年齢が上がるにつれ、体の代謝も落ちます。

さらに、プロテインはタンパク質の吸収速度が速いため、腎臓へ負担をかける危険性があります。

そして、中高年から気になる、加齢臭も、腎臓機能の低下が原因かもしれません。

タンパク質の取り過ぎは、腎臓に大きな負担をあたえるので、気を付けてください。

タンパク質不足

タンパク質の過剰は危険とお伝えしましたが、疑問になるのが、不足にはならないのかだと思います。

もし、タンパク質が不足すると、「タンパク質欠乏症」となり、 成長障害体力免疫機能の低下などが起こります。

しかし、普通の食事をしていて、タンパク質不足が起ることはほとんどありません。

発展途上国や、生活困窮者に起こりやすい問題ですが、普通の食事では心配はほどんどありません。

ただし、食事の摂取量が低下した高齢者では「タンパク質欠乏症」のような症状が起こる場合もあるようです。

ちなみに、病院の食事は、「低カロリーでお肉が少ない」と、よく言われます。

私も入院中は「お肉が少ない」と、感じました。

しかし、よく考えると、普段の食事でタンパク質を、過剰に摂取している人が多いのかもしれません。

病院:昼ご飯

炭水化物ダイエットの危険

炭水化物ダイエットは、長く流行していますが、炭水化物を抜いて、代わりのエネルギーとして、タンパク質を取っても、痩せるよりも体を悪くします。

10代20代の無理な食生活は、30代からダメージを受けます。

そして、30代以上は、すぐにダメージを受ける可能性がありますよ!

炭水化物を抜いてダイエットをすると、体にとって、糖がエネルギーになるため、体の中のタンパク質(筋肉)を分解して、エネルギーを作り出します。

すると、ダイエットのために炭水化物を抜いているのに、筋肉が減少して、代謝も落ちてしまいます。詳しく→こちら

さらに、炭水化物を抜くことで、お腹が減るため、タンパク質を過剰に摂取する可能性があります。

その場合は、腎臓に負担をかけてしまいます。

腎臓の機能は一度悪くなると回復しません。

悪くなる一方なので、自覚症状があってからでは、手遅れになります。

簡単にダイエットしたいと、考える人がほとんどだと思いますが、不足しがちな、野菜や果物をしっかりとり、バランスの良い食事をすると、自然と食欲を抑えられます。

好きな物ばかり食べると、栄養が偏るため、それによって食欲が増す可能性があるからです。

必須アミノ酸

タンパク質の中で、体で合成できないのが必須アミノ酸ですが、通常の食事をしていれば、不足することはありません。

これは国が発信している情報です。→厚生労働省

  必須アミノ酸の種類

  • イソロイシン
  • ロイシン
  • リジン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン(スレオニン)
  • トリプトファン
  • バリン
  • ヒスチジン
  • 非必須アミノ酸はチロシン
  • システイン
  • アスパラギン酸
  • アスパラギン
  • セリン
  • グルタミン酸
  • グルタミン
  • プロリン
  • グリシン
  • アラニン
  • アルギニン

タイトルとURLをコピーしました