【体験談】ステロイド減量による離脱症状-プレドニン錠

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

今回は「ステロイドの離脱症状」について解説していきたいと思います。

私自身も、離脱症状に苦しめられました。

この症状を改善できないかと、インターネットで検索しましたが、詳しい状のがありませんでした…。

そこで、自分の症状、どのように対処したのか発信することで、同じ症状に苦しんでいる方の助けになるかもしれないと思い、書かせていただきました。

ステロイドの離脱症状に悩まされているのは、自分だけでないことを知ってください。

ステロイドとは?

ステロイドは万能なお薬ですが、薬を減量すると辛い離脱症状が起きます。

ステロイドには免疫を抑制する効果があるため、アレルギー反応を抑えたり、免疫系の病気に対して症状を緩和する作用があります。

主な錠剤は「プレドニゾロン1㎎」・「プレドニン5㎎」です。

自己免疫疾患とは?

自己免疫疾患とは免疫系に異常が起り、自分の体を攻撃してしまう病気です。

免疫系は異物(細菌、ウイルス、寄生虫、がん細胞)を認識すると、その物質から体を守ろうとします。

通常は、免疫系は異物に対してだけ反応し、自己の組織には反応しませんが、「移植された臓器」は他人の細胞組織であるため、異物と認識してしまいます。

また、免疫系に異常が起きると、自己の組織を異物と認識して、自分の体を攻撃することがあります。

この反応を「自己免疫反応」と呼び、炎症組織の損傷を引き起こします。

自己免疫疾患の主な病気は以下の通りです。

バセドウ病関節リウマチ橋本甲状腺炎1型糖尿病全身性エリテマトーデス血管炎などがあります。

クローン病

私は20歳の時に「クローン病」と診断されました。

クローン病も自己免疫疾患の一つで、この病気は、口から肛門までの消化器全てに、異常が生じる病気です。

消化器に炎症が起きることで、腹痛や下痢などの症状が起き、酷くなると栄養の吸収が悪くなり、様々な合併症を引き起こす病です。

私はクローン病の悪化で3回ほど入院しましたが、その時、症状を抑えるために、治療のためにステロイドを服用しました。

私の場合は、約1か月ほど入院して症状が改善しました。(人によって症状の重さは違う)

3回入院してますが、どれも1か月ほどの入院でした。

ちなみに、クローン病でのステロイド服用では、「離脱症状」のようなものは感じることはありませんでした。

ただし、これは私の場合です。

同じクローン病の人でも、さらに状態が悪い人の場合は、ステロイドの処方される量も多い可能性もあり、長期間治療をしている人の中には「離脱症状」が出る人もいるかもしれません。

白血病

私は2022年4月に、白血病と診断されました。(急性リンパ性白血病フィラデルフィア染色体陽性

進行が早い病気なので、すぐに入院し、治療が始まりました。

最初の治療で、ステロイドを大量に点滴投与されました。

期間は3週間ほど。

クローン病の治療でもステロイドを使っていましたが、その時は飲み薬でした。

データを取っていなかったため、クローン病でどのくらいの量を処方されていたか分かりませんが、白血病の治療では、クローン病の治療よりも、はるかに多いステロイドを投与していると言われていました。

離脱症状

ステロイド使用中は、体の変化を感じることはありませんが、減量すると、ダルさや疲れを強く感じるようになります。

ステロイドの使用目的は、白血病の場合、白血病細胞の増加を抑制する効果があります。

免疫疾患の場合は、免疫を抑制し、傷ついた細胞を回復させる効果があります。

このほかにも、ステロイドには「体を元気にする」作用もあります。

使用している時には、体の大きな変化は感じませんでしたが、減量すると、強い脱力感を感じるようになります。

やる気が起きず、何もしたくないという気持ちに陥ります。

何かをしようとしても、体が重く、少し動いただけでも疲れます。

白血病の初期治療で、ステロイドを大量投与されてから減量された時は、何もする気が起きませんでした。

※ステロイドの減量は、少しづつ量を減らしながら行います。大きな副作用を防止するためです。

一日中眠く、食事とトイレ以外は、ずーっと眠っていました。

一日寝ても、夜もしっかり眠っていて、ステロイドが減っただけで、体の疲れが取れないという状態でした。

何もする気が起きません。

そのころ「水分を多く摂取して」と、言われていましたが、飲み物を飲むのすら、めんどくさいという感じでした。

徐々に離脱症状は減少し、いつもの自分に戻りますが、大体1か月ほどかかったと思います。

ステロイドの分泌量

ステロイドは、人の体からステロイドホルモンとして、分泌されていますが、PSL換算(ステロイドの錠剤で換算)では、2.5~5mg程度が生理的に分泌されています。

この量以上のステロイドを長期に内服した場合、副腎皮質からのステロイドホルモンが分泌されなくなります。

そのため、急に薬を飲まなくなると、体の中のステロイドホルモンが不足することになります。

すると、倦怠感吐き気頭痛血圧低下などの症状が見られることがあります。

1mgの減量

私はステロイドを飲み続けて、2年ほどになります。

白血病の治療のため、さい帯血移植骨髄移植のようなもので、血液の元となる細胞の移植)をしました。

他人の血液細胞を移植したため、その細胞が私の体を攻撃しないように、ステロイドと免疫抑制剤を服用しています。

血液細胞が自分の体に馴染むかは、人それぞれ違っており、私の場合は強い免疫反応は起きていませんが、ちょっとした障害が起きたため、いまだにステロイドを服用しています。

先月ステロイド2㎎から1㎎に減量しましたが、ステロイドの減量のたびに、離脱症状が起きます。

ダルさ眠さ、時には吐気が起きる時もあります。

たった1mgの減量でも、強い離脱症状が起きます。

薬で言うと、プレドニゾロン1mg錠を1錠減らしただけです。

人の体からは、2.5~5mgが分泌されているので、それを考えると1mgがどれほど多いのかが分かると思います。

離脱症状・改善期間

私の間隔で、ステロイド減量の離脱症状が改善するには、約1か月ほどかかっています。

減量すると、だるい、眠いだけでなく、気持ちも憂鬱になります。

何かしなければいけないのに、体がきつい、頑張って行動を起こそうとしても、そのやる気が続きません。

だから、自分が嫌になり、悲しくなります。

私はステロイド減量のたびに、このような症状に悩まされました。

少しでも改善するために、あがきましたが、改善するのには、結局のところ1か月ほどかかってしまいました。

薬物・覚せい剤

ステロイドを減量すると、元気だった自分に戻りたいという気持ちに陥ります。

他人から見ると、元気はあるように見えますが、実際には集中力がなく、頭も働かなくなり、物事を考えることができなくなります。

私の仕事は記事のライティングですが、自分で考えて文章を書かなければいけません。

ステロイドを減量すると、その作業が全くできなくなるのです。

ただし、家事などは出来ます。

ステロイド減量してすぐは、特に体が疲れるので、家事もできない時もありましたが、家事の場合はいつもやっていることなので、あまり頭を使わなくてもできます。

買い物なども、動くことはきつくても、行くことはできました。

だから、人から見ると、だらしない人としか見えないと思います。

自分でもそう感じるから、辛さを感じていました。

ステロイドの離脱症状が起きると、何度も、「もう一度同じ量を服用したい」と思いました。

同じ量を服用すれば、元の元気な自分に戻れると思うからです。

これは「覚せい剤使用者」と同じようなものだと思います。

薬物使用者は、やめようと思っても、やめきれず使ってしまいます。

離脱症状を乗り切るために

ステロイドの離脱症状を早く改善しようと、色々とあがいてみましたが、結局は元に戻るまで、1か月ほどかかりました。

無理やり仕事をしようとしましたが、やはり…頭が働かず、やる気も起きず、全く仕事は進みませんでした。

頭を興奮させれば、早く改善するかと思い、歩いてみたり、コーヒーを飲んだりしましたが、それでもだめでした。

歩くとすぐ疲れて、家に帰って寝たいという気持ちになり、コーヒーを飲んでも目も頭も冴えませんでした。

ステロイドの離脱症状はどうあがいても、早く改善することはないので、自分ができる事を楽しむのが一番かもしれません。

私はこの期間、映画やドラマをたくさん見ました。

今はサブスクリプションで、映画も、ドラマも一定金額を払えば見放題です。

だから、この辛い症状を忘れるために、動画を楽しむというのが一番なのかもしれません。

1か月ほど自由に過ごし、無理に家事や仕事をせず、サボることもOKと考えるべきだと思います。

Amazonプライムなら、月500円でドラマや映画が見放題なので、月額が安く抑えれるのでおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました