【ブラウンの電動歯ブラシ】使った感想・磨き心地は…

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

電動歯ブラシで最も人気なのは、「ブラウンの電動歯ブラシ」ですが、最近購入したので使い心地を紹介したいと思います。

今まで40分以上歯磨きに時間がかかっていたのが、「ブラウンの電動歯ブラシ」を使って、5分ほどに短縮することができました。

ブラウンの性能

ブラウンの電動歯ブラシの特徴と言えば、回転式です。

専用のブラシは独特の形で、ブラシの束があちらこちらの方向を向いており、高さも束によって違います。

ブラシの束が一定でないところが、歯の色々な部分に当たるのでしょう。

ブラシの硬さは、歯ブラシの「やわらか」と同じくらいでした。

毛束が密集しているので、「やわらか」でも、しっかりとした弾力と硬さを感じます。

実際に使用すると、回転速度が速いので、歯垢を落とす力はとても強力です。

私が購入したのは、「ブラウンオーラルBのワンモードタイプ」です。

ブラウンの電動歯ブラシは種類が多いので、どれにしたらいいのか迷いましたが、初めてだったので、値段が安いものを購入しました。

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ すみずみクリーンEX (D12013A)

こちらの商品は、ワンモードで、回転速度などは調節はなく、ボタンを押すと入り切りすることができます。

この電動歯ブラシは、とても回転速度が速いので、初めて使う時はビックリするほど早く、振動も感じ、手振れで磨きにくさもありました。

しかし、慣れないながら使ってみましたが、驚くほど、歯がツルツルになりました。

歯垢がしっかり除去できているのが実感できます。

広告

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 ホワイト D5015132WH【Amazon.co.jp 限定】

「ブラウンオーラルBプロ」は、2モードあります。

私が購入した商品は、1モードしかなかったので、早い回転しか使えませんでしたが、こちらは「やわらかクリーンモード」があり、少し回転速度を抑えたモードもあります。

歯磨きは一生する物なので、2モードある方が磨きやすいのかもしれません。

では、実際に私が使った感想を、詳しくお伝えしたいと思います。

使った感想

普通の電動歯ブラシは、縦に動きますが、ブラウンの電動歯ブラシは回転式です。

購入する際は、パッケージの説明も少なかったので回転で、しっかり磨けるのか不安でしたが、実際に磨いてみると、驚くほどしっかり磨けました。

ただし、ブラシの回転が速いので、初めての方には難しいという印象です。

私も初めは戸惑いました。

いつものように、歯磨き粉を付けて、軽く水を付け、電動歯ブラシのスイッチを入れると…。

歯磨き粉と水分がピシャーっと飛び散り、ヤバイヤバイ!このような状態になり、急いで口の中に歯ブラシを入れたのですが、次は振動が凄くて、ビックリ!

回転と勢いが強いので、歯ブラシは本当に優しく当てなければいけません。

恐らく、力を入れると、歯が削れるのだと思います。

歯に当てても「アガガガガガガッ」、ブラシが歯に当たるたびに、回転が早いのでブレる感覚があります。

なので、初めてだと、1本1本丁寧に、磨くのは意外に難しいかもしれません。

少し慣れるのには時間がかかるのかもしれませんが、1日目から下手な磨き方でも、歯の表面のざらつきは感じません。

歯垢がしっかり取れて、歯の表面がツルツルとした舌ざわりを感じられました。

電動歯ブラシなので、ヘッドの部分は通常の歯ブラシよりも厚みがありますが、勝手に動いてくれるので、手ブラシよりも、電動の方が磨きやすいと思います。

そして、電動歯ブラシの後、普通の歯ブラシで歯の隙間を磨いて、仕上げ磨きをしています。(電動歯ブラシでは隙間は難しいので)

普通の人は糸ようじや歯間ブラシを使うと思いますが、私の場合は歯ブラシの毛を歯の隙間に突き刺すように通すことで、歯垢を取り除いています。

この磨き方で歯医者に行ってもいつも、歯石は溜っていないと言われるので、丁寧に磨けているのだと思います。

でも、磨き過ぎることで、歯磨きに費やす時間が長すぎて、これはいけないと思って、ブラウンの電動歯ブラシを購入したんです。

ブラウンの電動歯ブラシ、かったので、YouTubeに私の声と音の大きさを比べてみてください。

使い方

ブラウン電動歯ブラシを使う際は、青いボタンを押すと、スイッチがオン・オフできます。

左は本体・右は充電器

充電は、16時間充電で満タンになり、8日間使用できます。

充電スタンドがかるので便利ですが、個人的にはUSBで充電できる方が、良かったと思っていて、その理由はスタンドが邪魔だと感じるからです。

また、充電してもランプはないので、充電が終わったのか、始まったのかは分からないまま充電しなければいけないのは少し不満があります。

歯磨きの際の注意点は、の方のを磨く時はブラシが外に出るため、回転で水気が飛び散ります。

それを防ぐには、手で口元を覆ってください。

何もしないまま磨くと大変なことになるので、初めて磨く方はご注意くださいね。

広告

買うキッカケ

私は電動歯ブラシは、ブラウン以外にも2つ使ったことがあります。

パナソニックと、もう一つはかなり前だったので、どこのメーカーだったのかは覚えていません。

以前使っていた電動歯ブラシを辞めた理由は、その時は電動歯ブラシの必要性を感じておらず、手の方がすみずみまで磨けると感じたからです。

確かに、細かい所は電動歯ブラシよりも、手の方がキレイに磨くことができます。

今回、ブラウンの電動歯ブラシを買った理由は、歯ブラシに時間がかかり過ぎたためです。

私の場合少し神経質なのかもしれませんが、夜歯磨きをするときは40分以上かけていたので、短縮したいと思ったからです。

朝でも、10分~20分は磨いてしまいます。

昼はあえて磨かなかったり、気になれば磨く用にしています。

何でこんなに歯を磨いてるの?と思う人もいるかもしれませんが、磨いた後の歯のザラザラが気になるからです。

歯磨きをしたら、必ず舌で歯の表面をチェックします。

ザラザラが残っていれば、もう一度気になる所を歯磨きしていたら、40分以上かかるようになってしまったのです。

こうなったのは、キッカケがあります。

若い頃にブラシの面が広い歯ブラシを使ていた時期があったのですが、この大きな歯ブラシは、歯茎にもブラシが当たり、マッサージのような感覚があり、気に入って長く使用していました。

しかし、ある時から口臭が気になるようになって、そこから、歯磨きを一生懸命するようになのです。

しばらくして、歯ブラシを小さなもの(コンパクトでヘッドが薄い)に変えて、そこからは、細かく磨けるので、口臭が気になることは無くなりました。

しかし、歯ブラシが小さい分、磨くのに時間がかかります。

さらに、歯ブラシを手で動かすには、磨きにくい歯があるので、いつもその部分がザラザラするので、気になり、歯磨きが長くなっていました。

長く歯を磨いても、実際には、ザラザラした部分に歯ブラシが当てっていないので、意味がない状態でした。

そこで、電動歯ブラシがやはり必要だということに気づいたのです。

一週間使った結果

初めは電動歯ブラシの使い方になれませんでしたが、1週間たつと磨き方の「コツ」をつかめてきました。

前の方の歯を磨く際に、水分が飛び散っていたのですが、防ぐためには歯ブラシを歯に平行に当てるが大事だったのです。

ブラウンの電動歯ブラシは、回転が速いので、持っている手がブレやすいのですが、使っていくうちに、ブレも解消してきました。

自然に、その感覚をつかめると思います。

タイトルとURLをコピーしました