Amazonブラックフライデー12/1まで

詳細はこちら

歯医者【初診料・歯科疾患管理料】とは?何か月で請求?

久しぶりに歯医者に行くと、大した治療をしていないのに、思ったより高い金額を請求されます。

しかし、2回目からは「思ったよりも安い」と感じませんか?

今回は歯医者の初回の診療代が高くなる理由の「初診料」と「歯科疾患管理料」について解説していきたいと思います。

診療報酬の計算方法

1点につき10円になり、診療費の合計から負担分を差し引いたら、請求される金額になります。

下の写真は、歯医者の診療明細書になります。

●歯医者で行た内容

  • 歯科矯正・ホワイトニングの相談
  • 健診(虫歯のチェック)・結果は問題なし
  • 歯石とり
初診料261点
歯科疾患管理料(初診月)80点
歯周基本検査200点
スケーリング72点
スケーリング 加算38点
歯周基本治療処置10点
機械的歯面清掃処置70点

合計が883点になります。

金額にすると8,830円(883点×10)となります。

合計8,830円は3割負担なので、支払う金額は、2,650円(8,830×30%)になります。

3割負担だと、「初診料」は、「261点×10=2,610円」「2,610円×30%=783円」で、実際に支払う金額は、783円になります。

また、「歯科疾患管理費」も、3割負担で248円になります。

歯医者代2,650円に対し、「初診料・歯科疾患管理費」が1,031円なので、治療費以外の金額がとても高いことが分かります。

初診料とは?

初診料とは、一つの病気に対して、初めて受診した時にかかる費用のことです。

歯医者さんの場合は、3か月たってから来院すると、また初診料がかかります。

注意: ほとんどの歯医者は3か月たつと初診料がかかるが、歯医者によって初診の期間が異なる場合もある

初診料は、政府が決定しており、2年に1度見直しされます。

●初診料と再診料の違い

治療中は初診料ではなく、再診料が請求されますが、3か月たってしまうと、初診料が請求されます。

初診料は261点ですが、再診料は53点になります。詳しく

歯科疾患管理費とは?

「歯科疾患管理費」とは、治療や歯の状態に関する説明の料金です。

こちらも2年に1度見直されます。

現在の「初診料・歯科疾患管理費」は、2年で見直しされるため、数年前と歯医者さんの料金が違う場合もあります。詳しく

おすすめ歯ブラシ

虫歯にならないためには、歯ブラシ選びは重要です。

クリニカアドバンテージハブラシ 4列 超コンパク ト ふつう セット 3本(※色は選べません)
クリニカアドバンテージハブラシ 4列 超コンパク ト

クリニカの歯ブラシは、ヘッドが超薄型で、奥歯までしっかり歯ブラシが届くんです。

奥歯の磨き残しを防止でき、小さなヘッドで細かく、歯の隅々を磨くことができるので、おすすめの歯ブラシです。

スポンサー広告 - 【2021年モデル】フィリップス ソニッケアー 9900 プレステージ 電動歯ブラシ アプリ連動 ミッドナイトブルー HX9992/22
フィリップス ソニッケアー 9900 プレステージ アプリ連動 HX9992/22

手でしっかり、歯磨きできれば一番なのですが丁寧に磨くには時間がかかります。

正しい磨き方は、歯ブラシを細かく振動するように動かさなければ、歯茎の隙間の歯垢を取り除けません。

しかし、丁寧に歯を磨くと時間がかかります。

それを解消してくれるのが、フィリップスの電動歯ブラシです。

こちらは、アプリを使ってよりきれいに歯を磨くことができます。

価格は安くはありませんが、歯医者に何度も通うよりも、時間とお金は節約できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA