モバイルバッテリーの保管方法・捨て方「発火事故に注意」

この記事は約1分で読めます。
大人んさー [otona × answer]

発煙・発火事故も! 「モバイルバッテリー」の保管や処分、何に気を付けるべき?

モバイルバッテリーの耐用年数300~500回程度です。

「バッテリーが膨らんできたり」「以前より充電できなくなってきた」このような場合は、バッテリーが劣化している恐れがあります。

モバイルバッテリーは45℃以上5℃以下になると、劣化しやすくなります。

モバイルバッテリーをしばらく使わない時や、保管して置く時は、最低でも40~50%の残量を残しておきます。

事前放電は1か月に約2%なので、長期保存の場合は数カ月おきに、バッテリーの残量を確認しましょう。

モバイルバッテリーを捨てる際は、絶対に一般ごみで捨ててはいけません。

モバイルバッテリーは、どこに捨てたらいいんだろう?

充電式電池【地域別回収場所】

販売店・自治体施設(検索)

※ 解体された電池パック、破損した電池、膨張や水濡れした電池は回収対象外

家電量販店・ホームセンターでも回収

タイトルとURLをコピーしました