【車のメーター30万km問題】車検が通らなくなる?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんは車の走行距離はどれくらいですか?

1年間に1万km、10年で10万km走ると一般的に言われていますが、30万km走るとメーターが止まってしまう車種があるのです。

メーターが止まった場合、正しい走行距離が分からなくなるため、車検に通らなくなります。

では、どの車が30万km走ると、メーターが止まるのでしょうか?

トヨタの15年前に製造された車が、メーターが止まると言われています。

昔のメーターは、アナログ式でだったので、30万km走ると、1回転していました。

0に戻っていたのです。

出典:自動車ニュース「カーミー」

しかし、デジタルメーターに変わると、メーターが一回転することはないので、走行距離は刻み続けるはずでした。

なぜか、トヨタ車の15年前に製造された車は、数字が299999kmで止まってしまう車種がいくつか存在するようなのです。

なぜ止まるのかは、明らかになっていませんが、車の開発者も30万km走行することが想定されていなかった可能性があります。

車の買い替えの目安として、「10万kmを超えると、乗り換え」と言われることが多いため、10万kmを境に、新しい車に乗り換える人が多くいます。

また、10万kmを超えると、車の部品交換も多くなるため、乗り続けてると、出費もかさみます。

10万km超えた車を購入した場合も同じで、修理代がかさむため、やはり数年で乗り換える人が多いと考えられます。

2222222km走行記念で撮影したメーター

私は軽自動車を乗り続けて、走行距離が20万km超えたことがあります。

乗っていた年数は、10年以上。

やはり、10万km超えてからは、車の不調は多かった記憶があります。

少し脱線しましたので、メーターが止まるという話に戻りますが…

走行距離のメーターが止まってしまった車は、車検に通らなくなるので、メーターを交換しなけらば行けません。

交換費用は、1.5万~15万くらいするそうです。出典:整備士サイト「MHO ENGINEERING」

ワコーズ VAC バリアスコート プラスチック、塗装、金属の洗浄・保護・コート剤 A142 300ml
ワコーズ VAC バリアスコート

車好きの間で人気のCARコーティング剤をご紹介します。

こちらは、量販店などにはあまり販売されていませんが、専門店などには販売されており、昔から人気の商品です。

人気の理由は、車の洗車が短時間ですみ、簡単にキレイになるからです。

車をキレイに保つには、最低月に1回の洗車と、コーティング剤を使うことです。

ワコーズの「バリアスコート」は、コーティングしながら、表面の汚れを落とす効果があるので、コンパウンドで汚れを落とすという作業をしなくていいんです。

私は「バリアスコート」を使うまでは、コンパウンド入りのワックス・半練りタイプを使用していましたが、変えてから、とても楽になったことを実感しています。

ワックスを使う、さらに前は、霧吹タイプのコーティング剤を使用していましたが、このタイプは、車のボディー表面に、汚れが付着していると、汚れをコーティングしてどんどん汚れが深くなっていました。

そんな経験をしたので、「バリアスコート」にはとても感謝しています。

もし、水洗いした後の車のお手入れに迷ったら、1度使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました