国内旅行【必要な物チェックリスト】必須・男女・季節別

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

旅行に最適なシーズンが到来しましたね。

存分に楽しむため、忘れ物なく用意したいですね。

今回は、「旅行に必要な物リスト」をご紹介します。

「絶対に必要な物」・「あると便利な物」・「思い出作りに必要な物」・「夏に必要な物」・「冬に必要な物」・「女性」・「男性」などに分けて、リストにしています。

下記の「リスト」はダウンロード可能なので、印刷して☑を入れながら、用意してください。

必需品

絶対に必要な物リストは、以下の通りです。

  • 現金
  • クレジットカード
  • 電話・スマホ
  • 充電器・コード
  • モバイルバッテリー
  • 旅券チケット
  • 免許証(学生証)
  • 保険証 ETCカード
  • 家のカギ
  • コンタクト・眼鏡
  • 常備薬
  • マスク
  • 下着
  • 靴下
  • 着替え
  • 歯ブラシ
  • ハンカチ
  • ポケットティッシュ
  • ウエットティッシュ
  • ポリ袋
  • エコバック

◉充電器

充電器は「モバイルバッテリー」と「プラグ」が一体になっている製品がおすすめです。

バッテリーの電池残量が減ったら、すぐに受電でき、別でプラグを持つ必要がないため、コンパクトに持ち運びができます。

「Anker」は、バッテリーでは人気のメーカーなので、安心してつかうことができます。

Anker PowerCore Fusion 5000 (モバイルバッテリー 搭載 USB充電器 5000mAh) 【PSE技術基準適合/コンセント 一体型/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ】 iPhone iPad Android各種対...
Anker PowerCore Fusion

◉身分証

免許証・学生証・保険証は身分証として持っておきましょう。

学生証は、テーマパークなどで「学割」が適用される場合もあるため、持っておくといいでしょう。

免許証は、車の運転以外にも、事故などに巻き込まれた場合に必要になります。

保険証も同じ理由で必要です。

◉マスク

マスクは、体調を崩した時以外にも使うことができます。

移動中に眠たくなったら、マスクで寝顔を隠せるので、口が開いても安心して眠れます。

◉歯ブラシ

歯ブラシは旅館やホテルに置いてありますが、安価なものが多いため、使い慣れた歯ブラシを持参することをおすすめします。

◉ハンカチ・ティッシュ・ウエットティッシュ

旅行に出かける際は、ハンカチなどは持っておくと便利です。

飲み物をこぼした時に、拭いたり、ケガをした時の止血、汚れた時に拭いたりすることができるため、バックの中に忍ばせておきましょう。

◉ポリ袋

ポリ袋はゴミを入れたり、着替えた服を入れたりするのに使います。

◉エコバック

エコバックはお土産用です。

レジ袋は有料になり、特に土産店の袋は、通常より値段が高い場合があります。

少しでも節約するためには、エコバックを持っていたほうがいいでしょう。

あると便利な物

  • 羽織もの(防寒)
  • 折り畳み傘
  • 絆創膏
  • 帽子
  • アームカバー
  • おやつ
  • ガム(眠気対策)
  • 珈琲・紅茶
  • 水筒
  • 圧縮袋
  • 洗濯ネット
  • 寝間着
  • イヤホン
  • 耳栓
  • アイマスク
  • ネックピロー
  • S字フック
  • トランプ
  • 小さなハサミ

◉羽織物

羽織物は寒さ対策のためで、昼間は温かくても、夕方夜になると冷えるため、なるべく、持っていたほうがいいでしょう。

◉折り畳み傘

急な雨対策に、折りたたみ傘を持っておきましょう。

バックに入れても重さを感じにくく、コンパクトな傘をご紹介します。

重さ69gの超軽量!パン1枚よりも軽いがうたい文句の傘です。

傘を広げると、80cmほどあるため、雨をしっかり防げるサイズになっています。

スポンサー広告 - 【最軽量カーボン傘 69g】KIZAWA 折りたたみ傘 最軽量 カーボン傘 メンズ レディース 折り畳み 超撥水 365日持ち歩く常備傘 男性 女性 コンパクト 折り畳み傘 カーボンファイバー 耐久耐風 5本骨

◉絆創膏

絆創膏はケガをした時や、靴擦れした時に使用します。

◉帽子・アームカバー

帽子やアームカバーは日焼け対策です。

旅行で色々な所を回ると、外にいる時間も長くなるため、対策は必須です。

◉おやつ・ガム

おやつは楽しい旅のお供として、みんなで楽しむために、いつも食べないようなお菓子で、ちょっと贅沢してみましょう。

ガムは移動中の眠気対策になるので、持っておくと役に立ちます。

◉珈琲・紅茶

コーヒーなどの飲み物は、ホテル・旅館にも置いてありますが、中には味が薄いものもあります。

旅行をより良い物にするために、お気に入りの飲み物をみんなでシェアするのも、旅の思い出になります。

「パックコーヒー・ステックコーヒー・ティーパック・ステックタイプのカフェオーレ」などがおすすめです。

お湯は、ホテル・旅館にある物を使います。

◉水筒

水筒は、好きな飲み物を持参したい人におすすめです。

◉圧縮袋

衣類はかさばるため、圧縮袋を使い小さくまとめると、旅行鞄の中をスッキリさせることができます。

「リムーブウエア」大変人気にな商品です。

◉洗濯ネット

バックにもなる、2重構造の洗濯ネットは、着替えた服を入れるのに便利です。

洗濯ネットなので、帰宅したらそのまま洗濯機に放り込めます。

2重構造なので、中が透けることもないため、下着を入れても安心です。

ダイソーで200円で購入出来ます。

ダイソー:洗濯クッションネット

◉寝間着

寝間着は友人やカップルで旅行した際には、可愛いものを持参するのがおすすめです。

ホテルや旅館にもあるため、必ず必要な物ではありません。

◉仮眠グッズ

イヤホンは移動中に、一緒に旅行していた人が寝てしまった時に、一人で楽しむためにあると便利です。

耳栓・アイマスク・ネックピローは、バスや電車での移動中の仮眠におすすめです。

100円均一ダイソーでは、様々なアイテムが販売されていあます。

ネックピローは、かさばるイメージがありますが、膨らませるタイプのものもあるため、コンパクトに持っていくこともできます。

◉S字フック

S字フックは、ホテルや旅館に付いた時に、荷物を外に出した時に、壁などに引っ掛けて収納するのに使用します。

旅行鞄の中に置いていると、どこに何があるか分かりずらいため、S字フックがあると役立ちます。

◉トランプ

トランプは友達・カップル・家族旅行の時に役立ちます。

みんなで、いつもと違う空間で遊ぶのは楽しい思い出になります。

トランプ以外にも、UNOなどのカードゲーム、かさばらないものを持っていくのがおすすめです。

◉小さなハサミ

ハサミは必要になる可能性は低いですが、旅行先で忘れたものを購入した際には、タグを切ったり、袋を開けたりするのに必要になります。

普通のハサミよりも、落ちたたみができる「ツイッギー」がおすすめです。

プラス はさみ 携帯タイプ フィットカットカーブ ツイッギー ピーチ×ミント 34-573
プラス「ツイッギー」

思い出作り

思い出作りには欠かせない、旅行グッズもあります。

  • カメラ・三脚
  • 自撮り棒
  • 地図・旅の本
  • お土産リスト
  • 双眼鏡

◉自撮り棒・三脚

旅行写真は、思い出作りをするのに大切ですね。

自撮り棒・三脚のおすすめをご紹介します。

コンパクトだけど、高機能。

スマホ・一眼レフカメラ・ゴープロに使用できます。

スポンサー広告 - CAFELE 自撮り棒ミニ三脚セルカ棒Bluetoothリモコン操作三脚/一脚兼用コンパクト 軽量ワイヤレス無線 回転可能7段伸縮80cm折り畳め式持ち運び便利iPhone/Android/Gopro対応【進化版】 ブラック

◉地図・旅の本

地図・旅行先のガイドブックは、スケジュール通りに観光地を巡るために必要になっています。

事前に、ルートなどは考えていた方がいいでしょう。

Googleマップの保存機能を使うと、スムーズに旅行ができます。→詳しく

◉双眼鏡

双眼鏡は、遠くを見る時に役立ちます。

観光地に行くと、全てを回ることができないため、双眼鏡を使って、遠くから眺めるのも楽しみの一つになります。

夏に必要な物

夏は旅行の行き先、海山よって、持参する物を考えましょう。

  • 水着
  • ビーチサンダル
  • 浮き輪
  • 日焼け止め
  • 日焼け止め
  • 虫除け
  • 汗拭きシート

冬に必要な物

冬は絶対に寒くならないように、完璧な防寒対策を忘れないでください。

寒いと、せっかくの旅行が楽しめなくなります。

  • ホッカイロ
  • 手袋
  • ヒートテック
  • マフラー

女性に必要な物

下記に記している物がすべて、必要ではありません。

必要に応じて、持っていくものを考えてください。

  • 生理用品
  • 化粧水
  • メイク道具
  • メイク落とし
  • リップ クリーム
  • ハンドクリーム
  • ドライヤー
  • ストッキング

◉化粧水

化粧水・乳液・クリームなどは、ホテル・旅館にもありますが、肌に合わなかったり、質感があまり良くない物もあります。

メイクの仕上がりにも関係してくるため、なるべくなら使い慣れた物の使用をおすすめします。

◉メイク落とし

メイク落としはホテル・旅館にない場合もありますので、持参するようにしましょう。

◉ドライヤー

ホテル・旅館のドライヤーは風量が弱い場合もあり、髪が乾きにくかったり、セットしにくい場合もあります。

◉ストッキング

スカートで出かける場合、ストッキングをはく人も多いと思いますが、伝線した場合の予備も持っていくようにしましょう。

男性に必要な物

◉髭剃り

ホテル・旅館にもT字カミソリがありますが、キレイに整えたい方は、自分が使っている物を持参しましょう。

 

上のSNSマークから、弊社アカウントをフォローできます。
当記事について不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
メッセージは、Instagram・Twitter・LINEからお受け致します。
 
 

タイトルとURLをコピーしました