【アスリートがやっている】リバウンドしないで痩せる方法

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回はアスリートが行っている、リバウンドしないダイエット方法をご紹介します。

先日「日本テレビ」の「さんま御殿」を見ていたら、数名のアスリートの方が出演していて、とても参考になるダイエット情報が紹介されていたので、みなさんにもご紹介します。

放送内容→こちら

話の始まりは、落語家の林家三平さんが激太りした時に、お子さんに言われた一言にあります。

普段はお子さんからは「とと」と呼ばれているという三平さん。

食生活の乱れがたたって、どんどんと、太ってしまったそうです。

そして、ピークに太った三平さんの姿を見てある時から、お子さんは「とと」ではなく、「トド」呼ぶようになったのです。

はたから見ると、なんとも面白いエピソードですが、三平さんはお子さんに、そんな呼び方をされて「悔しい」と思ったそうです。

それがダイエットのきっかけとなり、一気に18.6kg痩せたそうです。

なんと、期間は4カ月

驚きですね。

出演者の皆さんも、かなり驚きの様子でした。

元キックボクサーの魔裟斗さんからは「そんな短期間で痩せると、リバウンドするんじゃないですか?」と心配の声。

やはり常に体形などを意識しているアスリートの方だけあって、体作りには詳しい様子。

三平さんは、リバウンドしないために、現在もトレーニングをして、体形を維持する努力をしているとのこと。

するとすかさず、魔裟斗さんからは「炭水化物は摂取していますか?」

三平さんは「炭水化物は摂取しています。はちみつをとっています。」と返答。

魔裟斗さんいわく

ダイエットをしている人は、運動する前は極端に血糖値が低い状態です。

炭水化物抜き・糖質抜きのダイエットをしている人がいるけど、糖分が無いと脂肪は燃やせないんですよ。

極端に体を絞るような、ボディービルの方なんかは、脂肪を燃焼するため、体を動かす前に、ラムネを食べて、血糖値を一気に上げるんです。

体を動かす前に、糖を摂取して、一気に血糖値を上げると、元気も出て体も良く動くようになります。

ダイエット中だとしても、運動前に、少し糖を取ることで、脳が錯覚して、「脂肪燃焼モード」になります。

逆に、ダイエット中だからと言って、炭水化物を摂取しないと、体が危険を感じて「体を守るモード」になり、脂肪が燃えないですよ。

これは、一般人にとって、とても分かりやすく、大事な情報だと思います。

「さんま御殿」と言えば、トークバラエティー番組ですが、こんなに勉強になることが聞けて、得した気分になりました。

柔道家の高藤直寿さんからは、こんな情報も!

子どもには、ご飯の前にはお菓子やジュースなどを食べさせてはいけない。

食事前に血糖値が上がって、ご飯が食べれなくなるから。

最強の体を作り上げる、アスリートの方々の貴重な意見ですね。

柔道家の松本 薫さんも出演されていましたが、松本さんは食事には特にこだわっていなかったが、実力を発揮できていたとのことでした。

さすが!野獣ですね✨

にほんブログ村 美容ブログへ

タイトルとURLをコピーしました