本読みが苦手!【誰でも本が読める方法】4つの難題解決策

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「活字が苦手」「本が読めない」という人でも、「本を読んで学びたい」という気持ちがある人は多いと思います。

実は、私も本を読むのが苦手です。

それなら仕方ないと言いたいところですが、真剣に何かを学びたいときは、インターネットの情報だけでは、限界があります。

本を読むことができれば、幅広い知識を手に入れることができます。

「知識人・経営者・起業家」の人たちは、将来のため、自分や周囲の人のために本から学び、その知識を自分のものにしています。

今回は、本が苦手な人でも、本が読めるようになる方法をご紹介したいと思います。

言葉が理解できない

本が読めない理由の一つに、言葉が理解できないということがあげられます。

せっかく気合を入れて、本を読もうと思っても、急に分からない言葉が出てしまえば、読む気も無くなってしまいます。

分からない言葉があったら、面倒かもしれませんが、インターネットで調べましょう。

調べることで、これがまず本から得た知識になります。

分からない言葉を調べながら、本を読み進めていると、「分からない言葉だらけ」の場合もあります。

そんな時は、その本を読むのを辞めましょう。

調べる数が多すぎると、文章の内容が理解できない上に、疲れてしまいます。

本は嫌々読むものではありません。

疲れる、意味が分からないなら、その本を読むのを辞めましょう。

本の購入費用が高い

本を買うのは高いですよね。

本を買っても読めなかった場合は、お金を捨てるようなものです。

そうならないために、おすすめしたいのは、Amazonの「kindle unliimited(キンドルアンリミテッド)」です。

Amazonの読み放題サービスで、価格は月々980円になります。

読み放題のサービスは、たくさんありますが、一番本の数が多いのが、Amazonのkindle unliimitedです。

出典:トマトサーチ

kindle unliimitedは、たくさんの本があります。

そのため、自分が興味ある本は必ずあります。

なんとなくでいいので、興味のある本を見つけたら、読んでみてください。

そして、読み進めてみて、「読みにくい」という本は、読むのを辞めて、次の本を探します。

「読みにくい」という本、がいくつもあっても構いません。

何度も、本を手に取って確認して、読みにくかったら、次の本を探します。

読み放題なので、1月980円と決まっているので、どんどん本を選んでください。

そのうち、読みやすいと感じる本があります。

あなたが、読みやすいと思う本だけ、読めばいいんです。

1冊本が読めると、本を読んだという自信につながります。

好きな本だけ読めば、本が読めるようになるんです。

kindleの良い所は、活字だけの本ばかりじゃなく、雑誌やマンガもあるということです。

お堅い本を読むのに疲れたら、サッと読める本を読んでみるのもおすすめです。

読めないのは本が悪い

本が読めないのは、あなたのせいじゃありません。

本のせいです。

分かりやすく、読みやすく書いていない本が悪いのです。

本は、誰かに向けて書かれています。

例えば、メイクの本でも色々な物があります。

「プチプラメイク・若者メイク・40代メイク・デパートコスメ」など誰に向けて、書いた本なのかによって、本の内容は変わります。

20代の人が、「40代メイク」などを読んでも、内容はピンときませんね。

本は誰に読んでほしいのかによって、内容・構成が違います。

本を手に取って、読みにくいようなら、あなたに向けて書かれた本ではありません。

本を戻して、次に読む本を探してください。

本選びの判断

自分が読みやすいか判断する方法は、簡単です。

本の構成は、「①本の内容についての筆者の思い」「➁目次」「③本文」と続きます。

①と➁を軽く流し読みをして、③本文を少し読みます。

読んでみて、しっくりくる本が自分に合う本、読みやすい本になります。

タイトルとURLをコピーしました