「宇宙ゴミ」ってなに?危険なの?-分かりやすく解説

この記事は約2分で読めます。

BBC News Japan

2021.11.15、ロシアが自分の国の人口衛星に対して、ミサイル実験を行たと発表しました。

アメリカは「危険で無責任だ!」「国際宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士を危険がおよぶ」と批判しています。

自分の国の人口衛星を壊すのに、問題あるのかな?

人口衛星を壊すと、宇宙ゴミ(デブリ)が発生します。

その宇宙ゴミは、高速で地球の周りを周回することになるんです。

国際宇宙ステーション(ISS)は、地球の地面から、約420km離れた所を地球に沿って回っているんですが、その軌道と同じところを、宇宙ゴミは地球の周りを回ることになってしまうんです。

宇宙ゴミって小さいのかな?

小さいなら、問題なさそうな気がするけど…

宇宙ゴミは、10km/秒のスピードで飛んでいます。

ちなみにの速度の〇kmは、時速です。

そう考えると、どれくらい早いのか分かりますよね?

1cm程度の大きさでも、人工衛星を破壊する力があるんです。

宇宙ゴミの数が増えれば、国際宇宙ステーション(ISS)で仕事をする人たちにも危険が及ぶ可能性が高くなります。

次々に人口衛星がうちあげられていますが、それらは地球の地上から3万6000kmの所に多く集まっています。

この高さの場所が一番、危険性が高いエリアです。

詳しく → こちら

タイトルとURLをコピーしました