【パチパチはじけるお菓子の仕組み】口の中で爆発!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回は「パチパチはじけるお菓子」の仕組みについて解説します。

パチパチはじけるお菓子で有名なのは「パチパチパニック」ですね。

「パチパチパニック」は、小粒のアメラムネが入っており、アメにパチパチの秘密が隠されています❕

出典:懐かしいお菓子ブログ

口に含むと、パチパチとアメがはじける感覚が、不思議でクセになる人が多くいます。

私が子どもの頃は、「パチパチパニック」ではなく、「わたパチ」というお菓子が販売されていて、こちらは、綿菓子の中に、はじけるアメが入っていました。

はじける感覚が面白くて、何度も食べた記憶があります。

出典:ちそう

「わたパチ」は残念ながら、現在は販売中止で、類似商品の販売もありません。

パチパチは「炭酸ガス」

出典:Quizknock

パチパチとはじけるのは、アメの中から一気に「炭酸ガス」が放出されるからです。

アメは熱を加えると液状になりますが、冷やすと固まります。

「パチパチと刺激のあるアメ」を作るには、液状のアメの中に、圧縮した炭酸ガスを閉じ込めます。

すると、アメを口に含んだ時に周りが溶けて、中から一気に炭酸ガスが飛び出すので、パチパチという刺激が発生するのです。

「パチパチと刺激のあるアメ」を作るには、特別な機械が必要なため、このようなお菓子を作れるのは、日本では明治産業だけ❕

アメ以外では作れない…

パチパチとはじけるお菓子は、アメ以外では作ることが難しいようです。

その理由は、強度簡単にガスが放出できるお菓子がアメ以外にないからです。

アメは硬いので、炭酸ガスを閉じ込める強度があります。

さらに、口の中で溶けて、閉じ込められた炭酸ガスを簡単に放出できます。

このような、お菓子はアメ以外にないので、パチパチお菓子は、アメを含んだお菓子以外は作ることができないのです。

パチパチお菓子

パチパチ食感が楽しめる、ラムネボールも人気の商品です。

こちらはアメで有名なノーベルのお菓子です。

炭酸飲料の人気ジュースをイメージした4種類の味!

ラムネの中に、パチパチとはじけるアメが入っているので、2つの食感を楽しめます。

タイトルとURLをコピーしました