透明テープに「指紋」を付けずに貼る【アイデア・商品】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

近年メルカリなどのフリマアプリの人気で、個人間で売買する機会が増えてきました。

フリマアプリはお互いに評価をするので、出品する際は梱包にも気を使います。

丁寧に梱包していても、セロハンテープやクリアテープに「指紋」が付いて、気になることはありませんか?

そこで今回は、「指紋」が付かないようにする方法をご紹介したいと思います。

テープの端を切る

テープに指紋を残さない方法として、一番簡単な方法は、テープの端を切ることです。

梱包する際にテープを長めにカットして、貼ります。

「指紋」が付いた部分は、ハサミで切り取ったらOKです。

テープカッター

指紋が付かないテープカッターがあります。

先程紹介した方法だと、テープを少し無駄にすることになりますが、こちらのテープカッターを使えば、お店のようにテープを貼ることができます。

ハリマウス

値段も安く、コンパクトなので、「指紋」が気になっていた方にはオススメの商品です。

密着させる

指紋を消す方法として、テープを貼った後に、「上から指でこすって密着させる」という、やり方もあります。

この方法は、段ボールや封筒などに有効ですが、OPP袋などにセロテープを貼った場合は消すことはできません。

テープの端を折る

テープを引き出す際に、指紋がついてしまうので、その引き出した部分を折り曲げて、貼り付けると指紋が目立たなくなります。

この方法なら、開封時にテープが剥がしやすくなるため、購入者にも嬉しい気遣いになります。

ただし、見た目が損なわれるかもしれませんので、テープの端を折るのは、外箱だけの方がいいかもしれませんね。

指サックを使う

指サックを使えば、テープに指紋が残りません。

ただし、指紋の代わりに、指サックの後が残ってしまうので、あまり意味がないかもしれません。

シール・マスキングテープ

指紋が気になるなら、セロテープなどの透明なテープを使わず、シールやマスキングテープなどを使うという方法もあります。

透明なテープは、指先が触れると、どうしても跡が残ってしまいますが、シールやマスキングテープなら、色や柄が付いているため、指紋があっても分かりません。

私はメルカリで色々なものを購入してきましたが、マスキングテープを使って梱包している方も多く見うけられます。

そして、受け取った側の気持ちとしては、可愛いマスキングテープを使ってあると、嬉しい気もちになります。

また、テープで頑丈に梱包されている方もいますが、それだと開封に時間がかかりますが、マスキングテープなら簡単に剥がすことができるので開封時にも助かります。

マスキングテープを使う際は、テープの幅はセロテープと同じくらいのものがおすすめです。

細いマスキングテープはすぐに剥がれるので、梱包用には不向きです。

 

上のSNSマークから、アカウントをフォローできます❕
当記事について不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。メッセージは、Instagram・Twitter・LINEからお受け致します。
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました