【水素水・還元水・アルカリイオン水】老化防止根拠なし

この記事は約4分で読めます。

 

朝日新聞デジタル

記事:「水素水で老化防止」は根拠なし 国が4社に措置命令ー朝日新聞デジタル

水素水を作る機器で、健康的な効果をうたったとして、販売・レンタル会社の4社に景品表示法違反で、同じようなことが起らないように、再発防止命令が出されました。

かつて「水素水」が大ブームを起こしました。

健康的な効果があると言って、色んなメディアに取り上げられたのに、今では健康的な効果が立証できないということになっています。

ではなぜ、健康に良いと言われたのでしょうか?

以下は、(株)エコライフの記事を参考にしています。

水素水の歴史

水素水は1958年に電気治療器の研究者が発明したと言われています。

飲むと、体調が良くなるという評判から、厚生省が1965年には効果が認められると発表していますが、医学的に証明できる研究はされていませんでした。

1980年代には、「アルカリイオン水」と認知されるようになりました。

水を電気分解して作る水素水は、水素の分子が増加するとpH(ペーハー)がアルカリ性に傾くことから、そのように広まったのです。

1992年に、「糖尿病の患者の壊死治療」が報道され、「電解水」ブームが起りました。

しかし、薬事法違反などが発覚し、ブームは沈静化します。

1997年に、九州大学の教授から論文が発表されたことにより、また注目されます。

「活性酸素を理想的に消去できるのは、活性水素である」この論文から「水素水」と呼ばれるよになります。詳しく

これを機に、新聞・テレビなど様々なメディアに取り上げられ、多くの注目を浴びました。

その後、多くの機関で研究され、様々な効果が発表されています。

水素水の別名

還元水 … 身体に対し、酸化還元力があるから

電解水・電解水素水 … 水素水を作る時に電気分解することから

電解陰極水 … 電気分解によって、陰極側に水素分子を多く含んだ水ができるから

アルカリイオン水 … 水素分子が増えて、pHがアルカリ性に傾くから

高濃度水素水 … 水素を水に溶け込ませる方法が多くなったことから

奇跡の水

世界には「奇跡の水」と言われるものがあります。

実際にその水を飲んで病気が治った、という人がいることから、その水を求めて全国各地から人が集まるような場所もあります。

有名な所で言えば、「 フランスのピレネー山脈のふもとのルルド 」という村です。

この水で、大ケガがみるみる回復したということが広まり、多くの人がこの地を訪れるようになりました。

そして、この奇跡の水には、多くの水素水が含まれていたのです。

水素水の効果

水素水の基本的な効果は、活性酸素を適度にに、除去することです。

活性酸素は増え過ぎると、老化が早まったり、病気の原因になるとも考えられています。

そこで、水素水を飲むと、活性酸素と結び付き体外に、排出してくれるというので、健康や美容効果が期待できると信じられています。

しかし、活性酸素は実は、悪い事ばかりではないんです。

体に悪い事ばかり言われますが、活性酸素は免疫の役割もあるのです。

有害なウイルスや細菌を退治してくれんです。

まとめ

健康や美容は、水素水では作れません。

体は色んなバランスで、健康的な状態を保っています。

活性酸素は悪者になりがちですが、体のために働いています。

そして、奇跡の水についてですが、がんなどの思い病気にかかた人は、藁をもすがる気持ちで、何かに頼りたくなると思いますが、注意が必要です。

何かをして、がんが治った、病気が治ったというのは、実際にに一部の人おることなんです。

ただし、みんなが治る、良くなるというわけではないのです。

がんの治療で言うと、〇という薬を使って、〇%の人がガンが消滅したが、一部の人は良くならなかったということです。

奇跡の水で、皆が良くなるわけではありません。

奇跡の水で、何%の人が、病気が良くなたり、健康的な効果があったのでしょうか?

公的な医療機関で使われる、治療薬は何%の効果があると立証されています。

健康や美容的な効果を期待したいなら、一番は栄養管理が大事です。

何かを食べたり、飲んだからと言って、体は大きく健康に傾くということはありません。

バランスが大事なのです。

タイトルとURLをコピーしました