【石けんシャンプーの仕方】泡立たない・ベタベタの理由

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

肌に優しいスキンケア用品として、最近注目されているのが「石けん」です。

石けんは肌に優しい成分でできているので、アレルギー体質の方や肌が弱い人におすすめのスキンケア用品です。

現代は泡立ちが良く、良い匂いがするボディーソープを使う人の方が圧倒的に多くいます。

そのため、種類も豊富ですが、ボディーソープには合成界面活性剤や、他にも色々な添加物が含まれています。

その点、石けんは、自然に近い成分で作られているので、肌に優しく、洗いあがりもスッキリします。

さらに、石けんはアルカリ性なので、皮脂汚れの洗浄に優れており、体臭改善効果もあります。

肌への健康面を考え、石けんで体を洗うだけでなく、シャンプーとして利用している人も、少しづつ増えてきています。

そこで今回は「石けんシャンプー」の「正しいやり方・不向きな人」について解説していきます。

シャンプーの短所

一般的なシャンプーは、合成界面活性剤防腐剤香料着色料シリコンなどが含まれているので、髪をキレイに見せることができます。

しかし、それらの化学物質が、アレルギーの原因になっている可能性があります。

合成界面活性剤は、混ざりにくい水と油を結合させることで、シャンプーの泡立ちをよくする役目がありますが、洗い流しても成分が落ちにくいので、髪や肌に残る可能性があります。

合成界面活性剤と一緒に、シャンプーに含まれる様々な成分が残ることで、肌荒れ・乾燥肌・皮脂の過剰分泌・体臭発生などの原因となります。

さらに、合成界面活性剤は環境への影響が大きく、自然分解するのには3か月もかかります。

そこで、注目されているのが、肌や環境に優しい「石けん」です。

石けんが良い理由

石けんが良いと考えられる理由は、肌に優しい、自然にに近い成分でつくられていから!

特に、シャボン玉石けんの「浴用石けん」は、香料・防腐剤・着色料・界面活性剤・シリコンなどは含まれておらず、自然の成分だけで作られています。

無添加とうたっている商品の多くは、特定の何かを「無添加」としてるものが多く、他にも様々な成分が含まれています。

シャボン玉石けんの「浴用石けん」の成分表示には、「石けん素地」のみ記載されていますが、これは石けん成分だけしか入っていないということなんです。

合成界面活性剤は自然分解するのに、約3か月かかりますが、純粋な石けんなら、3日で自然分解します。

そのため、環境にも、肌にも優しいいと言えるのです。

一般的なシャンプーは人工的に髪をコーティングして、美しい髪に演出します。

「石けんシャンプー」の場合、人口的なコーティング剤が含まれていないため、汚れが髪に残ることが無く、頭皮の汚れをしっかり取り除くことができます。

そのため、泡切れも良く、洗いあがりはさっぱりとします。

「石けん」で洗うと、成分が残りにくいので、汚れをしっかり取り除くことができ、肌や髪をイキイキと美しくさせるのです。

これらの理由から、肌荒れ・吹き出物・乾燥肌・過剰な皮脂分泌・体臭が気になる方に選ばれるのです。

石けんシャンプーの仕方

石けんシャンプーには、コツが必要となります。

やり方を理解せずにいきなり、石けんシャンプーを行うと大変なことになりますのでご注意を!

理解しないまま、石けんでシャンプーを行うと、髪がベタベタになったり、キシキシになり、髪の傷み、不快感をつくる原因となります。

まずは、石けんや髪を仕組みを理解しましょう。

石けんは「アルカリ性」なので、髪を洗うと、キューティクルという髪の表面のうろこ状の層が開きます。

そのため、髪をガシガシと強く洗ったり、擦るように拭いたりすると、傷みやすくなります。

◉洗い方

  1. シャワーで髪の汚れを落とす
  2. 石けんを濡れた髪に付ける
  3. しっかり泡立てて、洗う
  4. シャワーで洗い流す
  5. ビネガーリンスをする
  6. リンスを洗い流す

◉注意点

石けんを付けて洗う際、途中で泡がなくなってきたら、一度洗い流して、再度、石けんを付けて洗いましょう。

泡がなくなるということは、汚れが強いからです。

洗っている最中に泡が消えない状態まで、石けんを付けて洗ってください。

泡が消えているのに、そのまま流して、お風呂から上がると、髪が乾いた時に、ベタベタになります。

泡が消えない」というのが、洗い方の重要なポイントです。

洗い終わったら、ビネガーリンスをします。

石けんで髪を洗うと、アルカリ性になり、キューティクルが開いた状態になるので、髪が絡みやすくなります。

そのため、ビネガーリンスで髪を中性に戻します。

ビネガーはお酢です。

お酢は酸性なので、アルカリ性を中性に戻す役目があります。

◉ビネガーリンス

洗面器一杯のお湯に、お酢(何でもOK)、大さじ1~2杯入れる。

髪に洗面器を付けながら、手ぐしで毛流れを整える。(約30秒)

髪にビネガーリンスをした後は、洗い流してください。

自分で、ビネガーリンスを作るのはめんどくさい方には、専用リンスがあります。

シャボン玉石けんの「石けんシャンプー用リンス」は、開いたキューティクルを閉じるだけでなく、髪につやを出す成分も入っているので、指通りも良くなり、髪をキレイにしてくれます。

含まれている成分は、髪だけでなく、肌にも優しい成分なので安心して使うことができます。

成分:水、グリセリン、クエン酸、エタノール、クエン酸Na、キサンタンガム

石けんが不向きな人

石けんシャンプーの仕方をご説明してきましたが、実は不向きな人もいます。

パーマやヘアカラーをしている人です。

自然の髪ではない人は、石けんでシャンプーをすると、どんなに丁寧に行っても、髪がベタベタになります。

上で紹介したやり方で、何度シャンプーしても、髪にはベタつきが残ります。

もし、石けんでシャンプーしてしまった場合は、湯洗いしてもベタつきはとれませんので、一度、一般的なシャンプーをすると、元の髪に戻ります。

パーマ・カラー者の場合

パーマやヘアカラーをしている人は、石けんシャンプーはできません。

パーマ・カラーをしている人で、肌が弱い人は、「湯シャン」を取り入れてみてください。

2・3日に一回、シャンプーをして、いつもは「湯シャン(湯洗いだけ)」をしてください。

髪に整髪料を付けていない人は、湯シャンだけでも、十分に髪や頭皮の汚れを取り除くことができます。

頭のニオイが気になるかもしれませんが、湯シャンを行うと、皮脂を取り過ぎないので、皮脂の過剰分泌や、ニオイも防ぐことができるんです。

私自身も、湯シャンを取り入れています。

ヘアカラーをする前は、石けんシャンプーを行っていましたが、出来なくなったので、湯シャンをするようになりました。

タイトルとURLをコピーしました