冬の寒さ対策【生姜】の効果とは?

気温が下がってくると、冷え性で困っている人も多いのではないでしょうか?

冬の室内は外よりも寒い時があります。

どんなに着こんでも体が温まらず、手や足先が冷えて困る人も多いでしょう。

そこで今回は「体を温める効果がある」と言われる「生姜」の効果について解説したいと思います。

しょうがの効果

生姜には発汗新陳代謝促進などの効果が期待できます。

ただし、生姜が「」と「加熱後」では効果は変わってくるんです!

それについては、後ほど解説していきます。

生姜は中国・日本・インドなどのアジア地域が原産で、すらりと伸びた茎と葉、そして美しい花が特徴的です。

生姜は根茎から作られ、中国では2,500年以上前から薬用として使用されていました。

さらに近年では、生姜に対して様々な研究が進められています。

食品としてだけではなく、ダイエットサプリや医療としての活用など。

様々な研究から、吐気や嘔吐を抑える可能性があることが分かってきました。

妊娠・車酔い・ガンの化学療法などの吐気や嘔吐を防ぐ可能性があることが示唆されています。

生姜の安全性は、口から摂取した場合、皮膚に塗った場合も安全であると考えられています。

ただし、大量に摂取した場合は、胸やけや口・のどの炎症などを起こす可能性があります。

妊娠・授乳中の安全性は分かっていないため、担当医師に相談が必要です。

参考:厚生労働省「統合医療情報発信」

生しょうが

生の生姜には辛み成分の「ジンゲロール」が含まれており、血液の巡りを良くしたり、一時的に発汗を促す作用があります。

末端にある血管を拡張させて血流が促進されるため、食べてすぐは手先や足先が温まります。

ただし、体温を冷やすことになりますので、体温が低い人はご注意ください。

夏場では、汗をかきやすくもなることから、むくみ対策や体に熱がこもりやすい方におすすめです。

さらに、ジンゲロールは血流促進以外にも殺菌免疫活性化 胆汁 ※1 たんじゅうの分泌を促進する効果があります。

また、吐気頭痛を抑えるなどの働きも。

お寿司と一緒に提供されるガリには生の生姜が使われていますが、ジンゲロールの殺菌作用を活用しています。

※1

胆汁は肝臓の中で分泌されており、脂肪とタンパク質の分解を助けています。

脂肪が吸収されやすくなりますが、コレステロールを排出する手助けも行っています。

そのため、胆汁の流れが悪くなると、白目がや皮膚が黄色くなる黄疸おうだんと呼ばれる症状が現れます。

加熱しょうが

出典:ヤマキ「ぶりのぽかぽか白だし生姜鍋」

生姜を加熱するとジンゲロールの一部が、「ショウガオール」という成分に変化します。

こちらは体の芯から温める効果があります。

脂肪燃焼効果を高めて熱を作り出し、血流が促進されます。

冷え性には効果的です。

ショウガオールの効果を十分に発揮するためには、10分ほど加熱するのが良いとされています。

乾燥しょうが

の生姜を乾燥させると、体を温める効果がより強い「ジンゲロン」が多くなります。

お腹を中心に温め、発汗作用があります。

摂取しすぎると体が乾燥しやすくなるため、ご注意ください。

のぼせやすい人は控えた方がいいでしょう。

また、ジンゲロンは風邪のひき始めにも有効です。

体を温める飲み物

体を温める飲み物と言えば「しょうが湯」ではないでしょうか?

乾燥した生姜パウダーは、より体を温める効果があります。

そこで、生姜パウダーを使ったレシピをご紹介。

しょうが湯

はちみつレモンジンジャー

おすすめの生姜パウダー

生姜パウダー

スポンサー広告 - オーガニック 有機栽培生姜パウダー100g(乾燥 粉末 しょうが ウルトラ生姜 1cc計量スプーン入)

評価  (1,133)

※ 評価はAmazonを参考にしています。

芯から温まる入浴剤

バスロマン プレミアム入浴剤 発汗保温浴

【医薬部外品】バスロマン プレミアム入浴剤 発汗保温浴 【香り】ホットハーブ 【お湯色】ホットオレンジ(透明)600g 温浴効果 血行促進 疲労回復 肩のこり 腰痛 緩和 (アース製薬)

評価  (429)

※ 評価はAmazonを参考にしています。

体を芯から温めるのにはお風呂が一番!

生姜とハーブの力でポカポがが持続すると人気の入浴剤は「バスロマンの発汗保温欲」

冷え性の方はぜひ試してみて下さい。

ダイエットの湯

バイソン 爆汗湯 ホットジンジャーの香り

バイソン 爆汗湯 ホットジンジャーの香り 60グラム (x 1)

評価  (291)

※ 評価はAmazonを参考にしています。

脂肪の代謝が気になる方には「バイソンの爆汗湯」がおすすめ!

本当に汗が出ると話題の商品です。

自宅でサウナ気分を楽しめますよ。

まとめ

生姜は生だと体を冷やしますが、加熱したりパウダー状になると体を芯から温める効果があります。

寒くなる冬は生姜を上手に活用できるといいですね。

冷え性が気になる方は、体を動かすことも意識的にやってみて下さい。

動くことで血液の流れが良くなるため、体は温まります。

また、普段の姿勢でも冷えは大きく関わっています

心臓の位置が低くなるとより体が冷えるんですよ。

座る時の体制では床に座ったり、座椅子に座るのは体の冷えを加速させます。

イスに座る方が冷えを防げるので、普段の生活から改善できるといいですね。

参考文献:養命酒 ㈱はいやく わかさ生活

健康情報

ガン

ガン別生存率

抗がん剤からの発毛時期

医者は抗がん剤は使わない

ステロイドの離脱症状

ステロイド軟膏乱用の危険

ガンは自然に消える

骨髄移植の放射線量

白血病の闘病日記

部分ウィッグを使った感想

老化

老化促進の原因は〇〇

糖化は恐い

酸化と糖化の違い

血糖値スパイクは恐い

血流

唐辛子の効能

肩こりの改善

よもぎ蒸し効能

よもぎ蒸し体験

ダイエット

アスリートのダイエット法

日本人は脂肪肝に注意

むくみの改善方法

カロリー制限では痩せない

代謝が悪くなる理由

ニオイ

体臭の原因は〇〇

石けんシャンプーのコツ

たんぱく質過剰摂取の弊害

頭皮臭を防ぐ方法

体質

蚊に刺されやすい人

おならの原因

巻き爪を直す方法

大人の食物アレルギー

食品による金属アレルギー

チョコレートで金属アレルギー

偏平足の改善

偽の酒による死

飲酒による体への大害

脳 精神

体が小さいと認知症になる

うつ病の原因判明

カフェイン脳活

眼鏡のサイズ調整

眼鏡サイズ調整セルフ

歯茎が弱い理由

ガムの噛みすぎの障害

デマ

危険なサプリ

医者は抗がん剤は使わない

水素水の効能なし

雑学

1日3時間立つ』メリット

冬の室温に注意

座り過ぎは危険

電子レンジの仕組み

アザで人は死ぬ

お薬ケースおすすめ

細菌とウイルスの違い

ポリフェノールの種類と効能

大根の体への効能

点滴に空気〇cmで死

年齢別時間の進み方

食品添加物の必要

ワクチン・医学不要論