Googleの2021年の【タイムライン情報】行動履歴が丸見え

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

1月16日にGoogleからあるメールが届きました。

私の「2021年のタイムライン更新情報」です。

なんと、私の昨年1年間の行動履歴をまとめたものが、メールで送られてきたのです。

Google独自のサービスなのですが、この機能嬉しいと思う人もいれば、監視されているようでいと考える人もいるのではないでしょうか?

私の場合は、昨年1年を振り返れたので良かったと思っています。

今回は「Googleの1年間のタイムライン情報」についてご紹介していきます。

2021年の更新情報

私の場合は1月16日に、Googleから「○○さんの2021年のタイムライン更新情報」という内容のメールが届きました。

私の所には、今までこのようなメールが届いた記憶がないので、初めてのサービスかもしれません。

色々調べてみると、「タイムライン・行動履歴」は2021年9月からのデータになっているため、正確には1年間ではなく、4カ月のデータでした。

「タイムラインをチェック」を押すと、Googleマップに移動し、昨年の行動、訪れた場所、何回訪れたなど詳しく見ることができます。

訪れた場所も、国、都市、スポット(観光地・お店・施設)など詳細なデータを見れました。

コロナ渦ということもありますが、家で仕事をしているため、ほとんどでかけていなかったので、訪れた場所が52と言うのは、少ないのだろうと思います。

訪れた場所も少なかったので、移動距離も多くありません。

871㎞です。

例えば、車に乗る人なら、1年で1万kmくらいになると、移動が多いという印象がありますが、私も移動はほとんど車なので、871kmしか移動していないということは、あまり外には出ていないということが分かります。

地球規模で考えると、1周の2%しか動いていないようです。

こんなことまで分かるというのは、面白いですね。

移動距離(行動履歴)は9月からのデータしかないので、1月~8月までのデータはないようです。

「訪れた都市のハイライト」も見ることができます。

コロナ渦だったので、出かけることは少なかったのですが、もっといろんな場所に出かけていたら、このようなハイライト情報が見れると、面白かったのかもしれません。

行動履歴を残さない方法

Googleのタイムライン情報を残したくない人は、位置情報のシステムをOFFにしておけば、タイムライン情報が残ることはありません。

やり方を解説します。

まず、Googleマップを開きます。

そして、右上のアイコンを押してください。

「設定」を開きます。

「Googleの位置情報設定」を開きます。

「位置情報へのアクセス」が下のようになっていたら、常にGoogleに移動情報が保存されています。

保存を解除するためには、〇で囲んだ部分を押してください。

下の写真のようになれば、Googleに位置情報は保存されません。

Googleマップで、ナビを利用する場合は、「位置情報へのアクセス」をONにして、ナビをしない時ははOFFにするようにしてください。

これで、Googleから、あなたの移動情報を保存されることはありません。

タイトルとURLをコピーしました