どんなに押しても出ない!【ヘアスプレーが出ない時の対処法】

この記事は約4分で読めます。

髪のセットによく使われているのが、「ヘアスプレー」ですが、毎日使用しているのに、急に「スプレー」がでなくなるということはありませんか?

特に、「ハードスプレー」のように、がっちりホールドするタイプの「スプレー」が出なくなることが多いようです。

中身がまだ入っているのに、でなくなるのは、もったいないですよね?

今回は「ヘアスプレー」が出なくなった時の対処法をご紹介します。

ヘアスプレーを出す方法

ヘアスプレーが出なくなるのは、吹き出し口が詰まってしまうからです。

ハードスプレーは髪をキープするために、瞬時に固めるための成分が入っています。

それが、吹き出し口に付着し、つまりの原因となっているのです。

スプレーのつまりを取るためには、一度「ボタンの噴射口」を外して、水で洗い流し、キッチンペーパーなどで拭き取ってください。

※ ティッシュだと、残ったスプレーがあれば、張り付く可能性があるため、キッチンペーパーや、タオルが良い

洗浄し終わったら、すぐに「ボタンの噴射口」を本体に取り付けてください。

本体から、長時間離すと、本体部分に残った、スプレーが固まり、詰まる可能性があるので注意が必要です。

ヘアスプレーを出す方法 ➁

「 ボタンの噴射口 」を水洗いしても、スプレーが出ない場合は、成分が多くこびり付いている可能性があります。

「ボタンの噴射口」を取り外し、小さな容器に入れ、そこにお湯を注ぎます。

10秒程度したら、取りだし、吹き出し口をキッチンペーパーでふき取り、スプレーが出るか、確認してください。

最初は出が悪いですが、強く押すと、すぐに開封時のように、勢いよく噴射されるようになります。

ヘアスプレー修理・ダメな方法

スプレーが詰まったからと、針や爪楊枝で「吹き出し口」を差して通りを良くしようとする方もいるようですが、これは絶対、やってはいけない行為です。

針や爪楊枝が詰まり、二度とスプレーが出なくなります。

そうなった場合は、新しいスプレーの「 ボタンの噴射口 」を使用しましょう。

使用しない新しいスプレーは、キャップを閉めて保管しておきましょう。

ヘアスプレーの保管方法

ヘアスプレーの成分は固まりやすいため、使用後はキャップを閉めて保管しましょう。

キャップをすることで、「ボタンの噴射口」の乾燥を防ぎ、固まるのを防止できます。

ヘアスプレーの正しい使い方

ヘアスプレーを使用する時は、最期までボタンをしっかり押しながら使用します。

ボタンの抑え方が弱いと、スプレーがしっかり飛ばず、「吹き出し口周辺」に垂れるため、つまりの原因となります。

おすすめ「ヘアスプレー」

おすすめのヘアスプレーをご紹介します。

コーセー (サロンスタイル) スーパーハード

スポンサー広告 - KOSE コーセー SALON STYLE(サロンスタイル) ヘアスプレー Na (スーパーハード) 特大 330g
KOSE SALON STYLE

 こちらの「スーパーハードスプレー」は、時間が経ってもしっかりと、キープしてくれます。

スプレーによる、白い粉拭きもしないため、男女とも使いやすいスプレーだと思います。

セットのキープ力がない

ハードスプレーをしても、キープ力がないと悩んでいませんか?

お風呂上りにヘアオイルを付けている人も多いと思いますが、オイルが髪に付いていると、キープ力が弱まります。

なるべく付ける量を少なめにすれば、キープ力が上がります。

逆に、ヘアオイルをしっかり付けておくと、シャンプーでヘアスプレーが落ちやすくなります。

ヘアオイルは、髪のダメージも防いでくれるので、自分にあった量を調節して付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました