Amazonブラックフライデー12/1まで

詳細はこちら

【かんたん】プラスチックの文字・絵の消し方(艶出し)

プラスチック製品の表面にプリントされた、文字や絵が気に入らなということはありませんか?

製品は好きなんだけど、メーカーのロゴがダサい…。

この絵が無ければ完璧な商品なのに…。

この悩みを解決する「プラスチック製品のプリント消し」の方法をご紹介したいと思います。

プラスチック製品の絵・文字

下の写真を見てください。

絵や文字が書いてありますよね?これを消します。

私は実際に、プラスチックのプリントを消したことがあります。

ダダ消しただけでなく、元からなかったように、表面のツヤもしっかり残した状態で消しました。

今回は、そのやり方のご紹介です。

消し方

プラスチック製品に描かれた、絵や文字を消す時に準備する物は以下の通りです。

  • 除光液
  • コンパウンド(ピカール)

まずは、マニュキュアを落とす際に使用する、除光液で絵や文字を拭き取ります。

ふき取ると、絵や文字が取ることができますが、ガサガサになったり、汚れたようになるので、それをキレイにするために、コンパウンドで磨きます。

コンパウンドとは、硬い小さな粒が入ったクリームで、コンパウンドで磨くと、表面がキレイになったり、ツヤツヤになります。

おすすめのコンパウンドは「ピカール」です。

他にも、「爪磨きのクリーム・車用のコンパウンド(傷消し車の汚れ落とし)」などでも、プラスチックの表面を磨くことができます。

ピカール液 500g
ピカール

ピカールには、金属でもしっかり磨くことができる、硬い粒子が入っています。

使い方は簡単で、布にピカールを出して、プラスチックを磨くだけ!

磨くうちに、ツヤがでてくるので、除光液によって汚れた部分が無くなるまで、キレイに磨いてください。

除光液が無ければ、コンパウンドだけでもプリントを消すことはできますが、少し時間はかかります。

詳しやり方

使ってはいけないモノ

除光液で、プラスチックにプリントされた絵を取ることができますが、ラッカーシンナーは使わないでください。

ラッカーシンナーを使うと、プラスチックの部分まで溶けるので、使うとコンパウンドを使っても修正できなくなります。

シールをキレイに剥がす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA