筋トレなしで美ボディー【ストレッチ】自宅でいつでも!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

引き締まったボディーは、ストレッチでも作ることができます。

走ったり、筋トレ専用の器具を使わずできるので、忙しい方にもおすすめです。

ストレッチのポイント

ストレッチをする際「少し痛い」と思うまで行ってください。

そこまですることで、効果発揮できます。

ただし、体が硬い人は、無理はしないように行ってください。

2~3日に1回行うことをおすすめします。

ストレッチで体を引き締めることができる理由は、筋トレと同じで、筋肉を傷つけ、修復させることで、筋肉増加します。

きつい筋トレをしなくても、ストレッチを行なえば、スリムな体を手に入れることができるので、頑張ってみましょう。

注意点はストレッチにより、筋肉痛が生じますが、痛みが強い場合は数日休んで、回復して行ってください。

やり過ぎて痛みが増すようなやり方をすると、逆効果になります。

美脚:ふくらはぎ上

ふくらはぎを引き締めるためには、足をまっすぐにした状態から、前に倒します。

この時、体を少し前の方に倒すことで、ふくらはぎ上部がさらに伸びます。

美脚:ふくらはぎ 下

階段などの段差を利用して、ふくらはぎ全体を伸ばします。

脚の裏を傷めないように、靴を履いて行うとスムーズに行えます。

美脚:太もも前

寝ころんだ姿勢から、片方の足を曲げることで、曲げた方の太もも前~膝までを伸ばしましょう。

美脚:太ももの裏

体を前に倒し、膝を少し曲げます。

膝を曲げることで、太ももの裏側をしっかり伸ばすしましょう。

美脚:太ももの内側

足を大きく開き、体重を片方の足にのせます。

反対側の太ももに手を乗せ、押し太ももの内側を伸ばてください。

美尻

足を肩幅まで開き、鍛えたいお尻と同じ足を少し後ろに引きます。

この時、両足とも膝は曲げないようにしてください。

足先を外に向けると、お尻に力が入りやすくなるので、グッと力を入れましょう。

くびれ

お腹の筋をねじって圧縮するような動きをすることで、筋肉が増加します。

体を倒した方の側の足を、少し曲げることで、お腹の筋がねじりやすくなります。

腰回り

体を斜め前に倒して、腰の横の筋をのばしましょう。

背中・わき

足を肩幅くらい開き、手を高くあげ、体を横に反らしましょう。

そうすると、脇の下~お腹にかけて筋が伸びます。

背中

手を肩に乗せ、腕を後ろに持っていくことで、背中の中央の筋が鍛えられます。

この動きをすることで、背中を引きしまります。

二の腕

手を後ろで組み、肘をまっすぐした状態にして、少し手をあげましょう。

二の腕が効いている感覚がまで行いましょう。

しわ・たるみ・小顔

  1. 髪が邪魔にならないように、束ねる
  2. 口を大きく開け、目の下を伸ばすイメージ
  3. 顔をクシャッとさせる
  4. 唇を斜め上にあげる
  5. 頭ごと上を見上げ、あごを前に出す。
  6. 顔を下に向け、「い」の口にする

ヨガマット

ストレッチを行う際、床が当たって痛みを感じるなら、ヨガマットの使用をおすすめします。

ヨガマット トレーニングマット エクササイズマット おりたたみ LEEPWEI ヨガ ピラティス マット 厚さ10mm/15mm 軽量 185*80/183*61cm 耐久性 肌に優しい 高密度 ニトリルゴム 滑り止め 防音マット 筋トレ スト...

こちらは、Amazonでベストセラーになっているヨガマットです。

しっかりとした厚みがあるので、しっかりストレッチができるようになりますよ。

上のSNSマークから、アカウントをフォローできます💛
当記事について不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。メッセージは、Instagram・Twitter・LINEからお受け致します。
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました