車のウィンカー(方向指示器)の間違いが起る道!原因は?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

HBCニュース

みなさんは車の運転する際、正しくウィンカー(方向指示器)を出せていますか?

実は多くの人が、間違った方法にウィンカーを出している道路があるのです。

今回はウィンカーを間違えてしまう、分かりにくい道路について解説していきます。

ウィンカーを間違えやすい道

下の写真のような道では、あなたはどちらにウィンカーを出しますか?

Large 20013 merge 01
出典:乗りものニュース

道路左から、右の道路に入ろうとするとき、ほどんどの人が、「右にウィンカー」を出すのではないでしょうか?

実は、道路の表示によって、ウィンカーを出す方向が変わります。

左から、右の道路に侵入する際は、「止まれの標識」がある場合は、「右にウィンカー」を出すというのが、正しい交通ルールです。

左から、右の道路に侵入する際は、「止まれ」の表示がない場合は、「左にウィンカー」を出すというのが、正しい交通ルールです。

ウィンカーを間違う原因

ウィンカー間違いの原因となるのが、自分が進んでいる道と、侵入しようとする道路が平行しているということです。

道路が平行していたら、ほとんどのドライバーは「合流」と思い、「右ウィンカー」を出すでしょう。

しかし、「止まれ」の表示があった場合は、「交差点」という扱いになるため、侵入しようとする道路と平行していても、「左ウィンカー」を出すというのが正しくなります。

分かりにくい道路が存在する理由

なぜ、ウィンカーの方向を間違えてしまうように、分かりにくい道路が存在するのか?

本来なら、分かりやすい交差点にする必要があると思いますが、道路をコンパクトに作るためには、このような道路が必要となるのです。

矛盾…

ウィンカーの指示方向は正しく行わなければいけません。

しかし、侵入したい道が平行していると、左に出した場合は、道路の作り方によっては、侵入しい道路を走る車には、ウィンカーの点灯が見えない場合もあると思います。

左に出したままだと、「道路に侵入する意思がない」と、勘違いされる可能性もあります。

このような分かりにくい道路が、減るといいと思います。

ウィンカーの出し方

交差点などで曲がるときは、30メートル手前からウィンカーを点滅させ、曲がり終わるまで点滅させます。

ウィンカー・罰則

ウィンカーを正しく行わなかった場合は、交通ルール違反となり、罰則があります。

ウィンカーを反対にしたり、曲がる時にウィンカーを点滅させなかった場合に、罰則があります。

違反点数:1点

反則金は以下の通りです。

  • 大型車7,000円
  • 普通車6,000円
  • 二輪車6,000円
  • 原 付5,000円

悪質な場合は、「罰金5万円以下」となります。

さらに詳しく → こちら

動画解説

タイトルとURLをコピーしました