偏平足の痛みを軽減する方法【裸足・つま先立ち・改善グッズ】

この記事は約6分で読めます。

潔癖症で、運動不足の人は「偏平足」に要注意です。

まず、偏平足とは足の裏が平らになることです。

足の裏が平らになると、何がいけないのでしょうか?

足の裏には土踏まずがあり、土踏まずが浮いていることは、足のアーチがしっかりある、ということです。

足のアーチは、体全体を支える重要な役割をしています。

今回は偏平足の原因・足の構造・痛みや症状を和らげる方法についてご紹介します。

土踏まず(足のアーチ)が大事な理由

土踏まず(足のアーチ構造)が大事な理由は「橋」を思い浮かべると、よく分かるかもしれません。

アーチ構造は、色んな橋に使われています。

その1 橋梁の構造と種類について | 橋梁の基礎知識 | 株式会社長野技研|長野県の建設コンサルタント
出典 建設コンサルタント(株)長野技研

アーチがあるから、全体を強固に支えることが出来るのです。

人間の場合も一緒です。

足の裏は、体全体から考えると、とても小さい…

その小さな足で、人間の体を支えているのです。

アーチが無くなると生じる痛み

土踏まずがなくなり、足のアーチが無くなると、体をうまく支えることが出来なくなり、体のいたるところに痛みが生じます。

私の場合は、膝とアキレス腱に痛みが出ました。

最初の変化は、アキレス腱が突っ張ったようになったことです。

アキレス腱が突っ張るようになたので、ストレッチをするようにしましたが、以前のようには出来ず、ストレッチをすることで、痛みが出るようになりました。

それから1年後…

今は立ち上がる時に、膝が痛みます。

アキレス腱は、歩くたびに突っ張るような感覚があるため、どうしても、それをかばった歩き方になるので、歩幅が短くなり、不自然な歩き方になります。

手で触れると、膝は痛みはありませんが、アキレス腱の下かかと付近にに痛みがあります。

手で押さえると、痛みます。

アキレス腱の近くをぶつけると、通常とは違う、強い痛みを感じます。

ズーンと鈍い痛みが、しばらく続きます。

詳しくは → 偏平足について

 

二足歩行・四足歩行の違い

人の足は、かかとが地面についています。

しかし、四足歩行の、犬や馬のかかとは地面から浮いています。

出典 裸足教育効果研究 松浦弘泰

人間は二足歩行になたっため、かかとが地面に付くようになったと考えられています。

四足歩行の動物は、足が四つあるため、安定感があります。

二足歩行で、体を安定させるには、かかとが重要な役割を果たします。

かかとがあり、足の指が広がっていることで、安定して体を支えることが出来るのです。

はだしの重要性

記事の書き出しに「潔癖症、運動不足の人は偏平足に注意」とかきましたが、その理由は潔癖症に人は、靴下を常に履いているからです。

靴下を履いていては、足の指の筋力が落ちてしまいます。

私は潔癖な所があり、床をはだしで歩くことが好きではありません。

床や、じゅうたんが自分の汗で汚れるのが嫌だからです。

そして、床に足が当たった時、ベタベタとなるのも、嫌いです。

そのため、どんな時も、靴下を履いていました。

靴下を履き続けた結果、足の指の筋力低下によって、偏平足気味になったのではないか、と考えています。

靴下を履いていると、何が困るのか?

まず、靴下を履いていると、滑りやすくなります。

そのため、足の裏全体を付けて歩くことになります。

靴下を履くと滑るため、足の指には力は入りません。

このような生活を続けることによって、筋力が低下し、偏平足になるのだと思います。

偏平足を改善させる方法

靴下を履かない

偏平足がひどくなると、痛みもひどくなり、改善させるのも難しくなりますが、偏平足がひどくないうちに、トレーニングをすることで、痛みが緩和されます。

まずは、家の中では、靴下を履かないことです。

裸足で歩くと、床をしっかり、足の指でとらえることが出来ます。

足の指があることで、滑らず、しっかりと歩くことが出来ます。

靴下を履いた時と、履いていない時、比べてみると足の指の使い方の違いがよく分かり、足の指が重要なことが理解できます。

つま先立ち

動物のほとんどが、かかとを付いていないことを考えると、人間もつま先立ちになった方が、体への負担が少ないのかもしれません。

ちなみに、カンガルーは動いている時につま先立ちですが、止まっている時はかかとも着地しています。

出典 裸足教育効果研究 松浦弘泰

もしかすると、かかとは歩いたり、走ったりしている時は、地面に付かない方が、体への負担が少ないのかもしれません。

または、早く移動が出来るのかもしれません。

ただし、人間は二足歩行なので、安定感がなく、カンガルーのように早く、動くことが出来ませんね。

自転車等の二輪車は、早く進むと安定しますが、ゆっくり進むと、車体がふらふらします。

人間の歩くスピードは遅いので、かかとが地面に付いた方が、安定するのでしょう。

つま先立ちで足の負担減

私は意識して、つま先立ちをするようにしたところ、膝と、アキレス腱の痛みが軽減しました。

つま先で歩くと、アキレス腱への負担が減りました。

さらに、膝はほとんど痛みがなくなり、膝の痛みは、偏平足による、体の軸にずれが生じたためだと考えます。

それが、改善されたのです。

靴下を履いて、つま先立ちだと、滑るためうまく出来ませんが、裸足でつま先立ちだと、足の指全体を使います。

筋力も、回復してきている感覚があります。

偏平足改善グッズ

4枚入り 足用サポーター シリコン素材 メンズ レディース

4枚入り 足用サポーター シリコン素材 メンズ レディース

 足にアーチを作ってくれるため、負担が軽減できるサポーターです。

生地は厚めのストッキングのような素材なので、付けていても、暑さを感じることはありません。

アーチをサポートしている部分は、柔らかいシリコン素材で、足にペタッと張り付くので、ずれずに快適に使用できます。

ただし、位置は調整できます。

健康サンダル ダイエット スリッパ 

Modest Joy 健康サンダル ダイエット スリッパ レディース メンズ 脂肪燃焼 美脚 エクササイズ ソール
Modest Joy

 ダイエットサンダルですが、足を鍛えることが出来るため、偏平足を予防改善できます。

このサンダルは、靴底が丸くなっているため、つま先歩きがしやすくなります。

プラスチック製なので、裸足で履いても、汚れたら、すぐに洗うことが出来ます。

足指広げる サポーター シリコン セパレーター

PLEASINGSAN 【改良版】 足指 広げる サポーター パッド シリコン 鍛える 伸ばす 足指セパレーター 男女兼用
PLEASINGSAN 【改良版】

足の指が広がることで、立った時に、安定することが出来ます。

このサポーターで、足の指を開く訓練をすれば、自然に足の指が開き、体のバランスを保てるようになります。 


コメント

タイトルとURLをコピーしました