【肩こりの原因は?】肩甲骨ストレッチで改善!

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

頑固な肩こりに悩まされていませんか?

最近はパソコンやスマートフォンを長い時間使うことが増え、肩こりがあると感じる人も増加しています。

また、その症状も多岐にわたります。

今回は「頑固な肩こり」の解消法について解説していきます!

ストレッチで改善!

出典:クラシエ

首、肩、背中にかけての広い範囲が硬くなって重く感じたり、痛みを感じたりと、人によって、肩こりの症状は様々です。

慢性化すると、頭痛、めまい、眼精疲労などを起こすこともあります。

頑固な肩こりの解消には、肩甲骨(けんこうこつ)周辺の筋肉をほぐすことが最も重要です。

その方法として、ストレッチがおすすめです!

ストレッチの仕方は後ほどご紹介しますので、まずは、肩こりが起る原因からご説明します。

肩こりが起る原因

肩こりによる痛みや不快感は、前かがみの姿勢を続けることよって、筋肉が緊張して血行が悪くなることで生じます。

なぜ、血行不良で肩こりが起るのでしょうか?
同じ姿勢を取り続けると、筋肉に疲労物質の乳酸などが溜まるからです。

そして、肩の周辺の筋肉が硬くなり、血行も悪くなります。

筋肉が硬くなると、血管が圧迫され、血液の循環が悪くなり、コリや痛みを起こします。

さらに悪化すると、末梢神経が傷つけられることもあります。

血行不良を起こすと、筋肉に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなるので、さらに疲労がたまります。

一度、肩こりが起ると、筋肉が硬くなり、どんどん負のサイクルに陥る恐れがあるので、早めの対策が必要となります。

特に冬は寒さや、厚着による服の重みなどの影響で、筋肉がさらにこわばって血行不良が進み、肩こりが悪化しやすくなります。

ストレスや、座りっぱなしで動かない生活習慣が加わると、さらに、肩こりの不快感がさらに増すようになります。

首骨の変形

出典:痛みの情報サイト

首(頸椎けいつい)の形状も、肩こりや首こりに影響します。

頸椎(けいつい)は、緩やかなカーブを描いていますが、パソコンでの作業やスマートフォンの操作などで、前かがみの姿勢をとり続けると、首のカーブがまっすぐになることがあります。

この状態を「ストレートネック」と言います。

出典:沢井製薬

また、首(頸椎)の湾曲が反対に曲がるというケースもあります。

通常は首の骨は、「前弯」ですが、変形し「後湾」になることもあるのです。

頭の重さは大体4~5kgあると言われていますが、首はその重さを支えるために大きな負担がかかっています。

首を30度前にに傾けると、頭の重さの3倍以上の負荷がかかります。

首(頸椎)が変形すると、首の血管が圧迫され、血流が悪化し、肩こり・首こりを起こします。

ひどい場合は、目のかすみや眼精疲労を起こし、さらに悪化すると、神経圧迫で吐気や胃の不調まで起きてしまいます。

鎖骨のずれ

出典:沢井製薬

鎖骨も肩こりに関係していることが分かっています。

首の下部分の中央から、左右に伸びて胸を広げる「つっかえ棒」の役割をしている鎖骨は、通常はV字に上がっています。

しかし、なで肩などが理由で、鎖骨が水平に近い状態に下がると、鎖骨の外側とつながっている肩甲骨もあわせて下がり、首周辺の筋肉が引っ張られて緊張し、肩こりの原因となります。

肩こり対策・肩甲骨

肩こり対策として、入浴やマッサージなどは血行が良くなるため有効です。

しかし、それだけでは肩こりを完全に治すことはできません。

マッサージをすると、血流は良くなりますが、強く揉み過ぎると筋肉を傷つける恐れがあるので、注意が必要です。

また、肩がこると、首を回すという人もいますが、筋肉の一部しか動かないため、大きな効果はありません。

肩こりの原因となる筋肉は、首よりも「肩甲骨(けんこうこつ)」周辺にあります。

現代人は長時間同じ姿勢をすること多くなりました。

前傾姿勢になって作業を続けると、肩甲骨が外側に広がります。

そうなると、肩甲骨周辺の血行が悪くなり、筋肉も硬くなります。

これが、肩こりに繋がっているのです。

肩甲骨の状態をチェック

自分の肩甲骨がどのくらい動くか、チェックしてみましょう!

壁に背中を付けて立ち、腕をまっすぐに伸ばし、肩より上にあげて、角度をチェック!

出典:沢井製薬

0~45度=ガチガチ

45〜60度=少し硬い

60〜90度=問題なし

肩と水平の高さまでは、肩関節の動きだけで腕を上げられますが、それ以上に腕を上げるためには、肩甲骨のスムーズな動きが必要になります。

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨付近の筋肉を柔らかくするために、簡単なストレッチをご紹介します。

姿勢をまっすぐ伸ばし、腕を反動をつけて、後ろに引きます。

これを数回行います。

今度は少し、腕を上に上げた状態で、反動をつけて、後ろに引く動作を行ってください。

毎日少しづつ行うことで、肩甲骨周りの筋肉がほぐされ、肩こりが起きにくくなります。

姿勢サポーター

気が付いたらいつも姿勢が悪くなっている人は、「姿勢サポーター」もおすすめです。

スポンサー広告 - 柔道整復師が考えた 姿勢サポーター 姿勢ベルト 男女兼用 (Mサイズ)

サポーターで姿勢を強制することで、自然と正しい姿勢を保つことができるようになります。

体が丸まってしまっている方には特におすすめです。

≪参考文献≫
 肩こりの特効薬:沢井製薬
 ストレートネックでお悩みの方:日本橋ちゅおう整骨院

 

上のSNSマークから、アカウントをフォローできます❕
当記事について不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。メッセージは、Instagram・Twitter・LINEからお受け致します。
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました