よもぎ蒸し【初体験】冷え性改善・快眠・リラックス効果

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「よもぎ蒸し」の体験してきたので、効果と感想をご紹介します。

一度体験すると、病みつきになりますよ!

よもぎ蒸しとは?

「よもぎ蒸し」は、韓国では600年前から行われていた、美容や健康に良いとされる民間療法です。

出典 studio One

よもぎなどの薬草の葉を煮だして、その上にマントをかぶって座るります。

そうすると、体全体で蒸気を浴びることができます。

「よもぎ」の葉は、お灸として利用されたり、漢方では止血薬・下痢止めとして使用されてきました。

抗菌作用・デトックス効果が高いことから、アトピー性皮膚炎やダイエットに効果があると入れています。

さらに、「よもぎ蒸し」の効果はそれだけではありません。

個人差はある物の、不妊症・生理不順・生理痛・冷え性・便秘・疲労の改善効果や、ダイエット・美肌効果があると言われています。

よもぎ蒸し体験

よもぎ蒸しFLOW(フロー)」さんで、「よもぎ蒸し」体験をしてきました。→お店の情報

こんな感じの黒いマントに着替えます。

よもぎ蒸しFLOW」さんは、予約制で他のお客さんと、一緒になることがないため、着替えは他人を気にすることはありません。

この部屋は貸し切りでした。(^▽^)/

後ろに見える、穴の開いた椅子に座って「よもぎ蒸し」スタートです。

よもぎの香りがふんわり漂って、リラックスした気持ちになります💛

マントを持ちあげて、イスがすっぽり被るようにして座ります。

すると…ちょっとづつ、お尻の方から温かさが伝わりますよ!

初めての方は、イスの真ん中に座るより、少し後に座った方がいいかもしれません。

イスの真ん中に座ると、蒸気が上がってくるので、お尻ばかり温かくなります。

体全体を温めるためには、少し後に座りマントをふっくらさせるのもポイントです。

マントがしぼんだ状態だと、蒸気が同じところにばかり当たるため、暑さを感じやすくなりますが、手をマントの中に入れて広げると、肩や背中の方まで温まるので、体全体が「よもぎ」に蒸されます。

足をイスの上にのせて、体操座りのようにすると、足の先まで温もります。

私は冷え性体質で、足先が温もりにくいため、体操座りが心地よいと感じました。

「よもぎ蒸し」を行った感想は、「熱めの湯船に肩まで浸かるっている」か、「サウナをしている」ような感覚ですね。

マントから顔が出るので、サウナが苦手な方も、楽に体験ができます。

「よもぎ蒸し」体験は40分あり、その間に、たっぷり汗をかきます。

水分補給の飲み物も提供されるので、飲み物の持参は必要ありませんでしたよ。

そして、しっかり汗をかくので、飲み物が「おいしー!!プハー」という感覚ですね。

「よもぎ蒸し」が終わると、マントの中は汗たっぷりです。

持参したタオルで、体を拭きましたが、全くベタベタしなかったのが、驚きでした!

たくさん汗をかくため「体がべた付いたり、汗臭くなる印象」を持つ人も多いと思いますが、驚くことに、全くべたつかず、ほんわか「よもぎ」の心地よい香りがしました。

「よもぎ蒸し」が終わって、体が温もり血行が良くなったと実感もありました。

血行が良くなるということは、血液が体の中をしっかり循環するので、新陳代謝も良くなるということです。

体の隅々に、食事からとった栄養が行きわたり、肌ツヤや健康にも良い効果が期待大ですね。

「よもぎ蒸し」と一緒に、食生活もしっかり行うと、さらに良い効果が期待できそうです!

福岡で最安値

私が「よもぎ蒸し」を体験をした「FLOW(フロー)」さんは、福岡で最安値かもしれません。

初めての方は、お試し価格でなんと、1,000円

※ 2回目以降から1,500円

価格は安いですが、設備はしっかりしているので、感謝価格ですね。

(#^^#)

場所は福岡県宮若市です。

  アクセス

福岡県宮若市金丸 217-7

駐車場 有

宮若市は電車・バスで、福岡市内から来るのは難しくなりますが、をお持ちの方なら、駐車場があるので観光と「よもぎ蒸し」体験で訪れてもいいかもしれません。

観光フォトスポット

宮若市には、観光スポットもたくさん!

「猫のバス停」や「顔出しパネル」もありますよ。

場所:猫塚公園

出典:Googleマップ

場所:宮若市石炭記念館

出典:Googleマップ

場所:花畑

出典:Googleマップ

場所:千石公園

出典:Googleマップ

場所:稲光 秋のひまわり畑

出典:Googleマップ
出典:Googleマップ

場所:清水寺

出典:Googleマップ

場所:大門松(期間12~1月)

出典:Googleマップ

場所:犬鳴川河川公園

 

上のSNSマークから、弊社アカウントをフォローできます。
当記事について不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
メッセージは、Instagram・Twitter・LINEからお受け致します。
 
 

タイトルとURLをコピーしました