【料理上手は頭が良い】その理由は?金持ちと貧乏の違い

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

毎日の夕飯の献立に、頭を悩ませていませんか?

仕事が忙しいことを言い訳にして、外食やコンビニ食ばかりをたべていませんか?

実は仕事ができる人・勉強ができる人・効率よく物事をこなせる人は、料理も得意なんです。

今回はその理由について、解説していきます。

お金減る原因

高いお金を出せば、誰でも美味しい料理を食べられます。

「高級料理店」や「人気料理店」に足を運んだり、「デリバリー」・「ケータリング(出張シェフ)」のサービスを利用すればいいのです。

ただし、自分で料理するとなると、簡単に美味しい食事はとれません。

自分で料理を作る場合は、高級食材や調味料にこだわらなくも、近くのスーパーで購入した食材だけで、美味しく作ることは可能です。

家庭料理とは自分自身、家族が食べて美味し料理を作れる、それだけでいいんです。

それを、行わないということは、余計な出費が増えて、お金も貯まりずらくなります。

料理=仕事・勉強

料理を美味しく作る努力をしない人は、恐らくどんな仕事も、勉強も上手く出来ません。

多くのご家庭で、毎日当たり前に、料理を作りますが、意外に頭を使う作業なんです。

これを段取り、効率よく作業するのはそう簡単ではありません。

また、メニューを考えるのも頭を使う作業です。

「この食材を使って何の料理を作ろうか?」「○○を作るために、何の食材を買おう」など、一つの料理を作るだけで、様々なことを考えなければいけません。

中には、レシピを見ずに作ることもあり、その場合は自分の頭の中にある、レシピを引き出して作っています。

料理を作る手順は、仕事を段取りよく行うことと同じです。

これをめんどくさがる人は、仕事や勉強でも手を抜く可能性があります。

どんな物事にも、「分からない」「理解できない」という壁がでてきますが、それを耐えて乗り越えることで、自分の頭の中に新たな風が吹くのです。

「営業がうまくいかない」「数学の問題が理解できない」という壁を乗り越えるために、色々と試行錯誤ができるかどうかが大事なのです。

その感覚を知らない人は、料理ができずに、外食やコンビニ食で高いお金を支払い続けるのです。

自宅で料理をすることは、経済的なメリットだけでなく、健康的メリットもあります。 

その努力すらやらない人は、おそらくどんな仕事や勉強もうまくいきません。

料理は、最速で結果やゴールが分かります。

成功や失敗を繰り返しながら、次の失敗を防ぎ、より良い料理を作ることができるのです。

料理の効率アップ術

料理が苦手だと感じている方は、少しづつでも料理を作る努力と効率をアップする術を学んでください。

料理ができないのは、ただ苦手なだけではすみませんよ!

仕事もできない、お金も貯まらないという人生になってしまします。

そこで、おすすめの料理の効率アップ術をご紹介します。

野菜の保存する方法の知恵→こちら

使える冷凍野菜→こちら

常備しておく食材→こちら

常備しておく調味料→こちら

おすすめ料理本

料理を学びたいなら、流行の本よりも、基本を学べる本がおすすめですよ!

味つけ黄金比率で基本の料理100

こちらは、主婦に大人気の雑誌を販売している「オレンジページ」の料理本です。

定番の家庭料理のレシピを集めたもので、調味料も一目で分かりやすく記載されています。

すべてカラーなので、出来上がりのイメージも分かりやすく、文面もコンパクトに読みやすいため、今まで料理を苦手としていた方には、とっても便利な本です。

 

上のSNSマークから、弊社アカウントをフォローできます。
当記事について不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。メッセージは、Instagram・Twitter・LINEからお受け致します。
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました