ルイ・ヴィトン【偽サイト】公式サイトとの違い―激安ブランド

この記事は約4分で読めます。

高級ブランドの「偽物」や「スーパーコピー品」は、いまだに数多く、売買されています。

フリマアプリのメルカリでも、コピー品を販売しているケースが多くあります。

偽ブランド品の出品は、メルカリ規約違反になるので、すぐに商品は消されるのですが、消されることを前提で、説明文に「LINE ID」を記載して置いて、そちらに誘導して販売しています。

偽ブランド販売業者は、フリマアプリだけでなく、インターネット広告も出しています。

偽ブランド「広告」

まさか、偽ブランドが堂々と、広告まで打ち出すとは驚きです。

ルイ・ヴィトン・ジャパン(LOUIS VUITTON)に、「商品のセールや、90%offなどやっていますか?」と確認したところ、「ルイ・ヴィトンでは一切割引販売はしていない、安く卸すこともしない」との回答でした。

電話 0120-00-1854

今回は偽サイトと、公式サイトの違いの詳細をご紹介していきます。

「公式・偽サイト」ホームページ

公式サイトのアドレスはhttps://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

ルイ・ヴィトン・ジャパン

現在は公式サイトを開くと、上のような画面が表示されます。2021.9.30

※ 公式サイトは、定期的にデザイン変更があります。

偽サイト

偽サイトを開くと、上に表示されたアドレスバーのルイ・ヴィトンのスペルが違います。

ルイ・ヴィトンの正しいスペルは「 LOUIS VUITTON 」です。

アドレスも違いますが、ルイ・ヴィトンの公式サイトの名前は、すべて大文字ですが、偽サイトはルイ・ヴィトンマークのしたに、文字に小文字が混じっています。

上には「24時間限定販売」と、購入を急がせるような、カウントが表示されています。

ルイ・ヴィトンでは、安売り販売は絶対しないので、あり得ないサイトの作りになっています。

偽サイト商品ページ

偽サイト

商品ページには、公式サイトの写真を加工したものを使っています。

公式サイトの値段は¥299,200ですが、偽サイトでは¥18,800で販売されています。

さらに、偽サイトには、驚きの文言があります。

東京の実店舗閉鎖のために、在庫の一部は、代金引換で支払われる品質保証付きの低価格で販売されています。

偽サイト・代引き

偽サイト

偽ブランド品は法律で販売も購入も、してはいけませんが、「バレなけらばいい」と思い購入すると、痛み目を見る可能性があります。

この偽サイトは、代引きで購入できます。

代引きで購入した場合、届いた商品の中身は確認することが出来ません。

宅配業者に支払いをして、商品を受け取らなければいけないのです。

中身を確認して、間違えた商品が届いたからといって、返品することはできないのです。

商品が届いたら、お金を支払い、中身が全くの別のもだった場合、販売業者に連絡して返品するという流れになります。

返品保証と書いてありますが、本当にできるのかは分かりません。

公式・偽サイト「問合せ」

公式サイトでは、チャットやメール、電話で、お問い合わせができます。

ルイ・ヴィトン・ジャパン

公式サイトに記載されている、メールアドレス ドメインのスペルは、おかしな単語は含まれていません。

メールを送った場合、「○○@contact.louisvuitton.com」から、返信届くようになっています。

ルイ・ヴィトン・ジャパン

公式サイトには、フリーダイヤルの番号も書いてあります。

実際にフリーダイヤル 「0120-00-1854」番にお電話したところ、しっかりと電話は繋がり、丁寧な受け答えをしてくれました。

偽サイトの方は、カスタマーが「ルイ・ヴィトン」ではなく、別の会社になっています。

商品を提供している会社も「ルイ・ヴィトン」ではなく、「luivetsp 株式会社」です。

偽サイト

お問い合わせのメールアドレスは、Gmailで、不揃いなアドレスです。

さらに、電話番号は携帯です。

怪しすぎます。

私は電話をかけてみましたが、「現在使われていません」と、ドコモのガイダンスが流れました。

下の画像は、私のスマートフォンの「電話履歴」です。

「ルイ・ヴィトン」は登録していませんが、名前が表示されています。

ちなみに、下の「ENEOS」の番号も登録していません。

「080-9879-2290」は、偽サイトの電話番号です。

偽サイトが複数

今回紹介した偽サイトは、同じ販売者が複数のURLで、サイトを運営しているようです。

同じデザインだけど、URLが違うものが、いくつか存在するのです。

上で紹介した、広告も色んなデザインがあります。

偽サイトに騙されて、お金を失わないように注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました