【恐怖】フリマアプリで知らないうちに…詐欺に巻き込まれる

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

フリマアプリは、「メルカリ」を筆頭に、近年人気のサービスとなっています。

楽天が運営する「ラクマ」や、Yahoo!が運営している「PayPayフリマ」なども人気です。

なんと!多くの人が利用する便利なサービスに、恐ろしい詐欺行為が行われているのです。

さらに、個人情報も盗まれるという2次被害も!

しかし、この事実に、被害者は気づいていないということが多いのです。

今回は、この詐欺の実態について解説します。

発送場所が違う

購入した商品が届いた時に、違和感を感じたことはありませんか?

販売者からの発送先の住所と、送られてきた住所が違ったり、メルカリで購入したのに、Amazonから商品が届いた。

このようなことが起きた場合、注意が必要です!

メルカリだけじゃありません。

ラクマ・PayPayフリマも同じです。

大手通販業者のAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどから、商品が送られてくるのは、詐欺の可能があります。

ただし、商品は手元に届くので、どこが詐欺なのか分かりにくい点がありますので、図とともに説明します。

詐欺の構図

詐欺はどのようにして行われるのか?

出典 かっこ株式会社

フリマアプリで、商品を購入すると、詐欺師が他人のカードを使い、Amazonなどの通販サイトで商品を購入します。

すると、購入者に商品が届きます。

販売者の住所とは違う場所から、商品が届きます。

商品が手元に届くので、問題ないと考えるのも危険です!

実は個人情報が、盗まれるんです。

詳しく → こちら

個人情報を奪われる

詐欺師から商品を購入した場合、相手に住所・名前・電話番号を知られることになります。

これらの個人情報は、闇サイトで販売され、新たな詐欺に巻き込まれ、あなた自身もお金を詐取される可能性があります。

しかし、実際に商品が届いていないと、詐欺師かどうかは分かりにくいでしょう。

購入の際は、なるべく「実物の商品の写真」を掲載している人から購入しましょう。

詐欺師の場合は、通販サイトから商品を送るので、実物の商品を持っていない可能性があります。

もう一つ、販売時の対策があります。

匿名配送」で商品を購入するといいでしょう。

匿名配送であれば、相手に住所や名前を知られることもありません。

購入したい商品があれば、出品者に匿名配送で、商品を送ってもらうように交渉して、安全な取引をできるようにしましょう。

カード不正利用

今度は、「カードを不正利用された側」について解説します。

カードを不正利用された場合、発覚すれば、カード会社の保険で補償してくれる場合もありますが、詐欺師も頭を使っているんですね。

バレないようにしているんです。

購入する商品は、日用品のように、あまり高額でない商品を買うんです。

なぜ、カードの不正利用がばれないのか?

それはカードの明細が関係しています。

Amazonの商品を購入すると、カードの明細は、「AMAZON.CO.JP」となり、商品名は記載されません。

そのため、何を買ったか分かりません。

高額商品であれば確認するかもしれませんが、千円程度なら、何の商品を購入したか確認する人は少ないと思います。

また、楽天市場で商品を購入するとカードの明細は、購入したショップ名が記載されます。

毎月多くの商品を購入する人は、いちいち、どのショップを利用したかを覚えることができないでしょうから、不正利用されても、気づくことはないでしょう。

カード会社も、いつもと購入する商品のパターンが違っていれば、不審に思うかもしれませんが、日用品なら誰でも購入する可能性があります。

カード不正利用されている人は、知らないまま過ごしてしまうのです。

では、どうしてこのように、カードを不正利用されるのでしょうか?

なりすまし

カードの不正利用につながるのは、「なりすまし」メールの可能性があります。

近年ショートメールなどで、「なりすまし」メールがよく届きます。

私のことろには、「Amazonのなりすまし」メールが来たことがあり、間違えて、ログインしようとしました。

その際、名前や住所を入力する画面が表示され、さらに確認のため「カード情報」を入力する画面が表示されました。

そこでやっと、怪しいと気づきました。

アカウントとパスワード、個人情報を入力した為、すぐにアカウントとパスワードを変更しましたが、気づかず、全て入力していたら、お金を少しづつ詐取されていた可能性があります。

詳しく→トマトサーチ

タイトルとURLをコピーしました