【酸化は老化を早めたり、病気を引き起こす】原因と予防

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

近年の研究により「体の酸化」が老化促進の大きな要因と考えられるようになりました。

酸化の原因物質として、「フリーラジカル・活性酸素」が大きく関わっています。

「体の酸化」とは?

私たちは呼吸により、体内に酸素を取り込んで、活動するためのエネルギーを作り出しています。

しかし、取り込んだ酸素のすべてを消費できずに2~3%の酸素は余分なものとして体内に残り、「フリーラジカル活性酸素」に変化します。

「フリーラジカル・活性酸素」が体内に生じた状態を「体の酸化」と呼びます。

「体の酸化」は老化症状を促進するだけでなく、がん、糖尿病や脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病、感染症の原因にもなります。

広告

「細胞の酸化」とは?

酸化とは以下の事を言います。

  • 物質から電子を奪うこと
  • 酸素が結び付くこと
  • 水素を奪うこと
出典:セカンドオピニオン.com

体に取り込まれた栄養素の多くは分解され、糖や脂肪となり、細胞の中にあるミトコンドリアで酸化されます。

この時、酸素は他の分子との間で、自身がもつ電子をうけわたすことで不安定となり、活性酸素と呼ばれる物質に変わるのです。

フリーラジカル

フリーラジカルと活性酸素は厳密には少し違い、活性酸素の中には不対電子を持つものと持たないものがあります。

出典:中山歯科クリニック

フリーラジカルは、「ペアにならない電子(不対電子)を持つ原子や分子」と定義されます。

不対電子はペアになりたがるので、フリーラジカルは一般には不安定で、反応性が高い状態です。

「フリーラジカル」と「活性酸素」とは定義上、別物ですが、実際には活性酸素の一部のものはフリーラジカルであり、フリーラジカルの一部のものは活性酸素です。

酸化により体内のタンパク質や脂肪などの細胞が変性し破壊されることで、老化現象が促進します。

広告

活性酸素

活性酸素は体内に取り込んだ酸素の数%が変化して、発生するものとされています。

体内で過剰に産生されると細胞障害をもたらすため、老化やがん、生活習慣病を引き起こすと考えられています。

しかし、なかには人体に重要なものもあり、すべでの活性酸素が悪いわけではありません。

例えば、白血球が作り出す活性酸素は、免疫機能の役割を持ち、細胞分裂細胞どうしの伝達に信号を送ることにも関わっています。

酸化の原因

酸化の原因となる「フリーラジカル・活性酸素」は体内でも作られますが、外的要因にも増やす要因はあります。

主に紫外線、食事の内容、ストレス、タバコ、排気ガス、過剰なアルコール摂取、過激な運動、睡眠不足などが原因となっています。

これらの要因を排除・改善することでフリーラジカル・活性酸素の増加を抑制できます。

広告

抗酸化防御機構

酸素を取り入れ続ける限り、活性酸素は作られますが、活性酸素から身を守る抗酸化防御機構によって、増えすぎないようにバランスが保たれています。

この抗酸化防御機構には、活性酸素の除去産生の抑制、活性酸素によりダメージを受けた箇所の修復などをサポートする働きがあります。

なお、抗酸化防御機構は、外因性と内因性の大きく2つに分かれます。

外因性:ポリフェノール、カロテノイド、ビタミンなどの抗酸化物質
内因性:スーパーオキシドジスムターゼ、グルタチオンペルオキシダーゼ、カタラーゼなどの抗酸化酵素

外因性の抗酸化物質は食品から取り入れられ、内因性の抗酸化酵素体内で合成されます。

抗酸化酵素は年齢とともに減少していくため、抗酸化物質を食品から吸収することが大切です。

抗酸化物質

抗酸化が期待できる栄養素は以下のものがあります。

  • ビタミンA C E
  • ファイトケミカル
  • オメガ3脂肪酸

◉ビタミンA C E

ビタミンA⋯免疫力を高めて、肌荒れ予防。

レバー・バター・卵黄・ニンジン・うなぎ・モロヘイヤ・ほうれん草など

ビタミンC⋯コラーゲンの生成を促し、シミの原因ともなるメラニンの生成を抑制。

赤ピーマ・ピーマン・ブロッコリー・キウイフルーツ・菜の花・緑キウイ・イチゴなど

ビタミンE⋯血行を改善して代謝を促す効。

アーモンド・ドライトマト・ヘーゼルナッツ・モロヘイヤ・シソ・ほうれん草・大豆など

◉ファイトケミカル

ファイトケミカルとは、植物が紫外線や昆虫など、植物にとって有害なものから体を守るために作りだされた色素や香り、辛味、ネバネバなどの成分のことです。

ファイトケミカルは人にとって、絶対に必須の栄養素ではありませんが、体の酸化を抑制する効果があるため、ぜひ摂取したい栄養素です。

主に3つに分類され「ポリフェノール・カロテノイド・含硫化合物」などがあります。

参考:健康長寿ネット「注目されている主なファイトケミカル」

ポリフェノールの種類・作用

◉オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸が含まれるクルミ・オリーブオイル・エゴマ油なども、強い抗酸化作用があると言われています。

体の酸化を防ぐためには、抗酸化作用が高い食材だけを選んで食べればよいということはありません。

食事は食材のバランスよく、適量摂ることが重要となります。

広告

≪参考文献≫
 老化を促進する「城内病院」
 フリーラジカル「厚生労働省」
 抗酸化とは?「サントリーウェルネス」
 ファイトケミカルとは?「長寿ネット」

タイトルとURLをコピーしました