【ポリフェノール】種類・効能・効果・多く含まれる食品

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

よく耳にする「ポリフェノール」体に良いイメージを持っている方も多いと思いますが、実際に何が体にいいのか?

今回は効能・効果を分かりやすく解説します。

また、「ポリフェノール」には、色んな種類があり「これもポリフェノールだったの?」というものもあるので、一から説明していきますね。

ポリフェノールとは?

ポリフェノールは、野菜や果物に存在する、苦みや色素の成分で、ほとんどの植物に存在しています。

自然界には5,000種類以上あると言われています。

ポリフェノールには、抗酸化作用があり、活性酸素などの有害な物質を、無害に変える働きがあり、動脈硬化などの生活習慣病の予防効果が期待できます。

活性酸素は、私たちの体のなかで、免疫機能として働きますが、過剰に生産(作られる)されると細胞に損傷を与え、がん・心臓疾患・生活習慣病など、様々な疾患をもたらす要因となります。

抗酸化作用とは、活性酸素の生産を抑えたり、細胞のダメージを修復・再生を促す働きのことです。

代表的な種類

ポリフェノールの中で、代表的なものをいくつかご紹介します。

ポリフェノールの効果

アントシアニン…視力回復

カテキン…抗ガン作用・コレステロール低下・血糖値低下・殺菌・抗菌・虫歯予防・口臭予防・肥満予防

カカオポリフェノール…動脈硬化予防・美肌効果・アレルギー改善

ルチン…毛細血管強化作用

イソフラボン…更年期症状緩和・美肌効果

フェルラ酸…アルツハイマー予防・高血圧予防・美肌効果

コーヒーポリフェノール…脂肪燃焼

クルクミン…肝臓保護

ショウガオール…抗炎症作用・殺菌・消化吸収を助ける・血行促進

ポリフェノールが多い食品

アントシアニン…赤ワイン・ブルーベリー・なす・カシス・ぶどう

カテキン…緑茶・紅茶

カカオポリフェノール…ココア・チョコレート

ルチン…そば・柑橘類・玉ねぎ

イソフラボン…豆類

フェルラ酸…玄米

コーヒーポリフェノール…コーヒー

クルクミン…ターメリック

ショウガオール…生姜

主な食品の100gあたりの、ポリフェノール含有量は下記のとおりです。

食品100gあたりのポリフェノール含有量(㎎)

出典:健康長寿ネット
明治 チョコレート効果 カカオ 72%BO 75g

上で、ポリフェノールが多く含まれている食品についてご紹介しました。

コーヒー100gに200㎎のポリフェノールが含まれています。

コーヒーと、チョコレートで比較すると、明治の「チョコレート効果CACAO 72」の場合は、一個で多くのポリフェノールが入っています。

1個当たり、127㎎です。

健康について

ポリフェノールは体に良い効果が期待できますが、一日に大量に摂取するのはおすすめできません。

理由は、ポリフェノールに、厳密な摂取基準が決められていないからです。

また、日本で「コーヒーと死亡リスク」についての調査がされましたが、驚きの結果が出ています。

その内容は、「一日に何杯コーヒーを飲むのかと、死亡との関係」について調べたのもです。

調査人数が約30万人で、17年追跡調査されました。

出典:がん対策研究所

この表の見方:HRはハザード比(統計用語)で、比較した場合に使用するこの表の場合は「コーヒーを飲まなかった時」と比較したものを示しています。

1日に1~5杯のコーヒーを飲む人は、病気で死亡するリスクが減少し、5杯以上飲む人は、心疾患のリスクが増加したとの結果がでました。

ポリフェノールがどのように作用したのかは分かりませんが、やはり、バランスが大事なのではないかと考えます。

(コーヒーの中にはポリフェノール以外にも、カフェインも多く含まれています。)

また、ポリフェノールは健康への期待は高いと考えられていますが、まだまだ、不明な点も多くあります。

健康のために、ポリフェノールを多く摂取するのではなく、色々な食品からバランスよく摂取することが一番の健康への近道です!

≪参考文献≫

ポリフェノールの種類「健康長寿ネット」
活性酸素と酸化「e-ヘルスネット」

コーヒー摂取「がん対策研究所」
ポリフェノールとは「ロッテ」


 

 

タイトルとURLをコピーしました