◆急性リンパ性白血病・クローン病◆移植後【退院11か月】

この記事は約4分で読めます。

急性リンパ性白血病の治療を終えて、退院11カ月になりました。

今月は大きな変化は、ありませんでしたが、定期的に体調は崩します。

闘病日記の「退院10カ月」の時に、ストレートパーマをかけたことを報告しましたが、今回はヘアカラーをしました。

カラーする前
カラー後

少し髪を茶色に染めました。

病歴・治療歴

始めて読む方のために、病歴や治療歴を簡単に書かせていただきます。

20歳~ 腹痛や下痢、痔が続く

21歳 クローン病と判明

クローン病とは…原因不明の病・難病・口から肛門までの消化器に異常をきたす

21歳~27歳 クローン病の治療のため入院 3回

35歳まで クローン病は処方された薬剤の効果で、体調が安定

2か月1度 クローン病の定期健診

クローン病の定期健診の血液検査で異常か見つかる

2020年4月(35歳) 白血病が判明治療開始

2020年8月 さい帯血移植

さい帯血移植」「…骨髄移植のようなもので、血液の元となるものを、赤ちゃんのへその緒から採取した細胞を移植すること

2020年10月 退院

カラーで体調不良

ヘアカラーをして、次の日、体調不良になりました。

実はストレートパーマをかけた時も、具合が悪くなていました。

パーマは美容室でかけたのですが、最中は薬品のニオイがきつく感じていて、次の日から3日間は具合が悪くなったのです。

体調不良になったため、ヘアカラーをしたいと思っていましたが、迷っていました。

美容室はどうしても、密閉空間になるため、薬品のガスを吸い込んでしまいます。

健康な時は薬品のニオイで、体調不良を起こすことはありませんでしたが、さい帯血移植をして体が弱くなりました。

結局、自宅で髪を染めました。

自宅では窓を開けて、なるべく、カラー剤のガスを吸わないように気を付けて行いました。

しかし、次の日に体調が悪くなったのです。

弱い吐き気がありました。

しかし、パーマの時よりは、たくさんガスを吸ってなかったからか、1日で体調は回復しました。

女性ホルモンの薬

1か月前から、女性ホルモンの薬を飲みだしました。

治療中に、生理がストップしたからです。

白血病の治療は、血液を攻撃するため、生理になると出血が止まらない可能性があることから、治療中は生理を止める薬を飲んでいました。

さい帯血移植前から、薬は飲んでいないませんが、いまだに生理は来ていません。

薬をやめれば、生理は来るのかと思っていましたが…来ていません。

産婦人科で検査すると、閉経と同じ状態になっているとの結果が出ました。

生理が来ない方が、楽なので良いのですが、早く閉経するとホルモンバランスの乱れで、骨粗しょう症のリスクが高まるのです。

そのため、1か月前から、女性ホルモンの薬を飲んでいます。

今の所、生理の予兆は全く来ていません。

早く来るといいのですが…

ダルさ

退院してから、1年近くなるのに、体力がありません。

運動をしていないというのもありますが、以前は無かった体のダルさがあります。

以前朝6時くらいに、起きていました。

では2度寝をして、9時くらいに起きています。

ダラダラして、ダメ人間だと感じます。

退院する時に、看護師さんから「移植後は今までの体と全く違うので、それに慣れていかなければいけない」と言われていました。

30年以上付き合ってきた自分の体が、全くの別人になったような感覚です。

疲れやすく、すぐに体調を崩すため、気を付けて生活しなければいけません。

これから、何をすると体調を崩すのか、今から少しづつ、学んで気を付けて、生きていかなければいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました