ネットワークビジネスに不向き【若者・普通の人・稼ぎたい人】

この記事は約13分で読めます。

ネットワークビジネスは、若い人を中心に勧誘されます。

それは無知だからです。

まず、無知な人はネットワークビジネスに向いていません。

・人生経験の短い若者

・自ら学ぶことができない人

・お金を稼ぎたいと思っている人

このような人は、ネットワークビジネスに向いていないのに、なぜか勧誘されます。

今回は、ネットワークビジネスとはどんなものかご紹介したいと思います。

「マルチ商法」ランキング

マルチ商法(連鎖販売取引)を言い換えたものが「ネットワークビジネス」です。

順位会社名売上高(百万円)
1日本アムウェイ98,905
2三基商事55,000
3フォーデイズ33,637
4ノエビア31,148
5ニュースキンジャパン30,000
6アシュラン21,100
7ベルセレージュ本社20,947
8フォーエバーリビングプロダクツジャパン19,562
9シャルレ16,510
10モデーアジャパン15,000

学生時代に、マルチ商法・ねずみ講という言葉を勉強したと思います。

社会人になると、なんとなく危険なビジネスだったことは憶えていても、何が危ないのかはっきり答えられない人が多くいます。

「マルチ商法」と「ネズミ講」はどちらも、人を勧誘して、ピラミッドのように組織を拡大させていく商法です。

「ねずみ講」は、入会する時にお金を払います。

そして、上の人間にそのお金が支払われ、自分の下に人が増えれば、加入金が自分の収入になります。

しかし、ねずみ講は違法です。

はじめに マルチ商法とは?の挿絵1
出典:ノベルアップ+

「マルチ商法」もピラミッド型の組織を形成しますが、商品が存在し、商品を買ってもらうことで、上の人間に、売上の一部が利益として還元されるのです。

「マルチ商法」は、違法ではありませんが、制限があります。

なぜ、制限があるのか?

それは、「マルチ商法」で多くの人が、損をしているからです。

はじめに マルチ商法とは?の挿絵2
出典:ノベルアップ+

ランキング11~121

順位       会社名 売上高(百万円)
11ナチュラリープラス12,500
12モリンダジャパン12,000
13日本シャクリー10,077
14高陽社9,500
15ドテラジャパン8,960
16セプテムプロダクツ8,500
17タッパーウェアブランズジャパン8,000
17シャンデール8,000
19赤塚7,800
20グラントイーワンズ7,700
21イオン化粧品7,000
22日健総本社6,400
23ロイヤル化粧品6,300
24ニナファームジャポン6,040
25サンクスアイ6,000
26アライヴン5,700
27ザ マイラ5,200
28サミットインターナショナル5,000
29YOSA4,854
30TIENS JAPAN(ティエンズジャパン)4,800
31ライフバンテージジャパン4,530
32シナリー4,500
33ピュアクリスタル4,000
33KZ1ジャパン4,000
33アリックスジャパン4,000
33ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
37シナジーワールドワイドジャパン3,676
38スリーピース3,600
39ペレグレイス3,560
40グリーンプラネット3,400
41アイビー化粧品3,335
42マナビス化粧品3,100
43三和 株式会社2,500
43ジュネスグローバル2,500
45アミン2,400
46サンテクレアール2,300
47ケイエスビー2,250
48エックスワン2,240
49ベガ(VEGA)2,172
50イオスコーポレーション2,170
51ハッピーファミリー2,000
51マナテックジャパン2,000
51ユニシティジャパン2,000
51M3 HD2,000
55シェラバートン1,850
56カイアニジャパン1,800
56ローズライン1,800
56シークレットダイレクトジャパン1,800
59ネオライフインターナショナル1,620
60オードビージャポン1,500
60エコロインターナショナル1,500
60スターライズジャパン1,500
63セルフ1,400
63日本ベスト1,400
65エヌエーシー(NAC)1,350
66シーエムシー1,303
67ゼンノアジャパン1,300
67サンベール1,300
69IPSコスメティックス1,200
69エムブラン1,200
71アトコントロール1,050
72アイスター商事1,000
72豊凛化粧品1,000
72ウィンライフジャパン1,000
72クレス薬品1,000
72フォーライフリサーチジャパン1,000
72マイフレンド1,000
78プレシャス900
78シーベヌ900
78国際友好交易900
81ウイズ800
81レインボー800
83ジョイ742
84オーエイチエスジャパン(OHS-JAPAN)720
85参壽恵本舗708
86サンテックビオズ(旧DNA)700
86アフロゾーンジャパン700
86ウィル・サーチ700
86オリヴィス OriVis700
90AIM(エイム)600
90ピュアーライフ600
90NIKKEN(ニッケン)600
93スターリジャパン595
94リフウェル593
95苔善(こけぜん)560
96ベルエアー530
97ピュアスター520
98ビィゴライフ510
99ビーエッチシー(BHC)500
99アストーラ500
101アルペン総合研究所480
102セモア450
103ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン400
103エルブ400
103ミューズ400
103ラヴィ400
107DNAジャパン360
108エポックモア350
109ネオシャルム333
110フォーチュンインターナショナル310
111プロティオス300
111遊気創健美倶楽部300
111クリエイション300
114コンフィアンス モビリア279
115ビオータ273
116日本ビーエフ248
117フローラサンティ245
118ソニア(SONIA)200
119サンライダージャパンインク157
120SEIKAN(セイカン)150
121ミラクル128
出典:2020年月刊ネットワークビジネス3月号

意外な会社が「マルチ商法」

ネットワークビジネスで、売上2位の会社「三基商事」は、CMでおなじみの「ミキプルーン」の会社です。

売上4位の「ノエビア」も化粧品では、有名な会社ですが、ネットワークビジネスとはあまり知られていません。

女性下着で有名な「シャルレ」もそうです。

意外な会社が、ネットワークビジネスをしています。

「マルチ商法」の商品

ネットワークビジネスの商品は、会社によって扱う商品は多少違いますが、継続的に収入を得やすいものを販売しています。

日用品・健康食品・化粧品・美容機器・水関連(浄水器など)・下着・寝具などです。

これらの商品は、消費者が満足すれば、継続的に購入してくれる確率が高くなる商品です。

マルチ商法の規制

「マルチ商法」は違法ではありませんが、規制があります。

・取引を行う際「会社名・氏名」を伝えなければいけません。

・商品の特徴・利益・負担すること・契約解除の条件・その他の重要事項を告げる

契約解除を妨げてはいけない

・勧誘目的を告げずに、公衆の出入がない場所で、契約をさせる勧誘してはいけない

・誇大広告禁止

・契約したら、書面を渡す

・契約から20日以内であれば、クーリング・オフ(契約解除)ができる

上のようなことを、守らなければいけません。

詳しくは→ 消費者庁「特定商取引ガイド」

  クーリング・オフ通知はがきの記入例

出典:国民生活センター

クーリング・オフ → 詳しく

マルチ商法で損する理由

ネットワークビジネスを勧められて加入する時、「お金に余裕のある生活」を夢見ると思いますが、ほぼ全員が損をします。

ごくわずかな人は、裕福になっているかもしれませんが、みんな損します。

どのネットワークビジネスを始めても同じです。

ネットワークビジネスでは、人を勧誘し入会させたり、商品を販売したりします。

収入の仕組みは、「あなたが入会させたA」・「入会させたAが入会させたB」が、商品を購入することで売り上げが発生し、その中の一部が利益になります。

ネットワークビジネスの商品は、市販品よりとても高いので、よほど生活に余裕がある人でなければ、永遠に購入してくれることはありません。

お金に余裕がなく、「お金を稼ぎたい」と考えるから、商品を販売しますが、日本人の多くの人が、高い商品を購入できないし、購入したいと思っていません。

「余裕のない生活を抜け出したい」と考える人が勧誘する仲間も、お金を多く持っていません。

そんな人達のネットワークで、商品を継続的に購入する人を集められるでしょうか?

さらに、ネットワークビジネスで勧誘されるのは、社会人になりたての若者がほとんどです。

なぜ、若者を勧誘するのでしょうか?

それは、無知だからです、「ネットワークビジネス」という言葉も知らない若者もいます。

すると、なんだか、カッコイイビジネスにも見えます。

「自分の知り合いには〇〇〇〇万稼いでいる!」と勧誘されて、自分も同じような気分させるのです。

仮に、ネットワークビジネスで成功できるなら、それはスーパー営業マンです!

「今の仕事・収入に満足してる?」と誘い込まれますが、今の仕事で稼げていないような人は、そもそも自ら稼ぐ能力はありません。

稼げないのは、会社のせいにしてはいけません。

ただ決められた仕事をするだけで、会社でのしあがることはできません。

自ら動き、提案することで、実際に会社に大きく貢献できれば、今の会社でも収入が何倍にも倍増します。

「そんなのできるわけがない」と思いますか?

それが普通の人です。

そんな普通の人は、ネットワークビジネスで成功できないんです。

自分は違うかもしれないと、淡い夢を描く時間があれば、今の会社に貢献できるように一生懸命働くことです。

もしネットワークビジネスで本当に稼ぎたいなら、若者よりも「知識のある・頭のいい人」を勧誘した方が良いでしょう。

でも、そうゆう人は、自分で稼ぐことができるし、ネットワークビジネスの商品が高すぎることが分かるので、あなたに勧誘されることありません。

アムウェイ人気ランキング

日本のネットワークビジネス売上、断トツ1位の会社は「アムウェイ(Amway)」です。

その、アムウェイの商品で何が一番売れているのでしょうか?

 第1位 ニュートリライト(栄養補給食品) トリプルX

「トリプルX」は、日本のマルチビタミンミネラル市場で売上No.1です。

標準小売価格:14,670円(約2か月分)

第2位 アトモスフィア空気清浄器 S

空気清浄器Sは、約10畳分のきれいな空気を約5分で送り出します。

小売価格:185,540円

  第3位 ニュートリライト(栄養補給食品) ニュートリ プロテイン(オールプラント)

プロテインパウダーです。

標準小売価格 5,970円(約45食分)

さらに詳しく → こちら

3位以内の商品を見ただけでも、値段が高いことが分かります。

値段が高くても、アムウェイ信者がいるため、これだけの売り上げがあげれるんでしょうね。

アムウェイを購入するには

アムウェイの商品を購入するには、3つの方法があります。

・公式サイトで「標準小売価格」で購入

・アムウェイしてる人から購入

・会員になり「標準小売価格」の約20~25%オフで買う(初年度無料・年会費3,670)

Amazon・楽天・メルカリ

なんと!アムウェイの商品は、Amazon・楽天市場・メルカリで安く購入することができるんです。

さらに、ネットワークビジネスで「売れている商品・人気が高い会社の商品」を、最大50%の価格で買い取りしている会社があります。

なぜ、他の所で安く販売されたり、買取している会社があるのか?

それはネットワークビジネスに加入し、自分で商品を大量購入し、販売することができなくなってしまったからでしょう。

商品を販売しなければ、収入はありませんが、自分で使ってみないと良さを伝えることができないため、ネットワークの人たちに、購入するように圧力がかかるようです。

どれも市販品より、とても高い商品なのに、商品を試すために購入するのです。

さらに、自らの売り上げ達成のために、商品を購入したり、自分の上の人からチームの売り上げ達成のために、購入する圧力がかかり、買わなければいけない状況になります。

そうゆう人達が、商品の在庫を販売できなくて、仕方なく安く販売しているのです。

アムウェイ商品安く買える

「ニュートリライト トリプルX」は、アムウェイで一番売れている商品です。

アムウェイ会員:10,860円

標準小売価格 :14,670円

ニュートリライト トリプルX (レフィル)

Amazon・楽天市場・メルカリでは、7,500円~8,900円で販売されています。2021.10

アムウェイ会員価格よりも、さらに安く購入できるところがあるんですね。

アムウェイの商品在庫を抱えてしまった人たちは、泣く泣く、安く販売しているのではないでしょうか?

アムウェイの商品が、安く販売されていたら、販売活動に影響が出る可能性があります。

では「アムウェイのように有名でない会社で、ネットワークビジネスをしたらどうだろう」と考える人もいるでしょう。

無名の会社であれば、さらに商品を販売するのは難しくなります。

よほどの、販売能力がないと難しいのではないでしょうか?

そして、アムウェイの商品だったら、何とか買い取ってくれるところもありますが、あまり知られていない会社の商品だったら、買い取ってくれる可能性もありません。

メルカリで販売しても、売れるかどうか?かなり値下げして販売することになると思います。

マルチ商法・収入は?

ネットワークビジネスをしている人の、「個人収入」はどれくらいになるのでしょうか?

業界売上No.1の「アムウェイ」の場合で、説明します。

まず、「アムウェイ」には「PV(ポイントバリュー)」という、ポイント制度があります。

1PV=約1.35円

購入商品の約77%のPVが付与されます。

PVは自分が形成する、グループの合計数で計算されます。

  • 150万PV~…21%
  • 100万PV~…18%
  • 60万PV~…15%
  • 36万PV~…12%
  • 18万PV~…9%
  • 9万PV~…6%
  • 3万PV~…3%
  • 0PV~…0%

収入を計算するには、単純に「PV」だけで計算するのではなく、「BV(ビジネスボリューム)」という別のポイントを使って算出します。

1PV=約1.3BV

ある月の売上がグループ全体で、10万円だった場合の収入は?

10万×77%=77,000PV

77,000PV×1.3=100,100PV

100,100PV×6%=9,009円

アムウェイには「毎月の売り上げに対す収入」以外にも、ボーナスがあります。

ボーナス名条件年収額(目安)
SP(150万PVの売上げ達成)SPを1ヶ月10~100万
GPSPを3ヶ月継続100~200万
DDSPを6ヶ月継続(内3ヶ月連続含)200~400万
F(ファウンダース)DDSPを12ヶ月継続400~500万
R(ルビー)DDFDDの条件を満たした上で、1年の内、1ヶ月だけ300万PV450~550万
さらに上もある詳しく → こちら

※アムウェイ用語 → こちら

上のように、アムウェイには会員のランクがあるため、それを達成するために、自分たちで商品を購入する人も出てきてしまうのです。

いきなり契約を切られる

ネットワークビジネスで、順調に高額収入を得てい人でも、突然契約を切られることがあります。

一般の会社員と違って、ネットワークビジネス会員は、立場が弱いのでちょっとしたことで簡単にクビになってしまうそうです。

積み上げてきた組織の収入が、突然無くなるのです。

辞めたくても辞めれない

「収入もほどんどないから、辞めたい」と思っても、中々やめることができません。

自分が誘った人よりも早く辞めることができなかったり、さらに、自分より上の人には、引き止められるからです。

今までの活動で、友人は減り、ネットワークビジネスの仲間だけしかいなくなります。

辞めてしまえば、ネットワークビジネスの仲間もいなくなるのです。

辞めた後も、友人関係がもどることは難しいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました