【LINEの機能】携帯・一般電話と無料で通話ができる!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

LINEの驚きの機能をご紹介します。

LINEでは、LINE登録をしている友人には「LINE通話」や「ビデオ通話」をすることができます。

実は、それ以外にも、固定電話や、LINEで友達になっていない人と携帯電話の通話ができるんですよ!

今回は、「LINE Out Free」の通話機能について解説します。

LINEの便利機能

LINE Out Freeとは?

「LINE通話」や「ビデオ通話」はトーク画面の上の方に電話マークがあり、そこをタップすると、「音声通話」や「ビデオ通話」の選択画面が表示されます。

「音声通話」をタップすると、相手が電話をとるまで呼び鈴が鳴り、相手が電話を取ると話すことができますが、この機能はLINEの友だち登録をしている人としか通話はできません。

「LINE Out Free」は、この機能とは別のものになります。

固定電話や携帯電話の番号で電話をかけることができます。(警察・消防・救急はかけることができません)

設定

「LINE Out Free」の設定を行います。

LINEアプリを起動する
 
「ホーム」をタップ
 
「設定」をタップ
 
「通話」をタップ
 
「通話/ニュースタブ表示」をタップ
 
「通話」をタップ

ここまで終わると、LINEを開くと下の方に「通話」が表示されます。

プライベートポリシーや利用規約への同意を求められるので、確認作業が終わると、SMSで認証番号が送信され、入力すれば、初期設定が完了です。

電話のかけ方

LINEアプリを開いて「通話」をタップすると、下のような画面が表示されます。

上の写真の「通話」の右側に3つのマークがあります。

のマークをタップすると、電話番号を「入力する画面」が表示され、番号を入力すれば電話ができます。

真ん中の人のマークをタップすると、「電話帳」が表示されるので、通話したい相手をタップすると、電話をかけることができます。

のマークは「通話履歴」を削除することができます。

「通話」と3つのマークの下には、「本日残り〇回」と表示されており、通話ができる回数が分かります。

制限あり

「LINE Out Free」は、無料で使えますが、制限があります。

1日5回、1回2分の通話となります。

1回に付き、2分しか通話できないので、簡単に用件を話さなければいけません。

例えば、「○○に迎えに来て」などの要件なら、短時間で通話は終了できますが、2分経つと通話は、自動的に切れてしまいます。

さらに、電話をかけた相手には「不明」で表示されるため、電話をとってもらえない可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました