Amazonブラックフライデー12/1まで

詳細はこちら

【お金持ちになる方法】習慣を変えれば、人生が変わる!

「お金持ちになりたい人」は、今すぐ習慣を変えることが大事です。

習慣や日頃の行動を変えれば、自分の変化に早い段階で気づくはずです。

まずは、行動することが大事。

気づくこと

週間を変えるうえで最も重要なのは、それに気づくことです。

同じことを繰り返して、違う結果を望むことは、愚(おろ)かな考えです。

人には、様々欲求がありますね、例えばこんなこと。

お金持ちになりたい…。

余裕のある暮らしをしたい…。

しあわせになりたい…。

など…、理想の人生を頭の中にえがいていても、いつも通りの人生を送る人は多くいます。

人生で違う結果を求めているのなら、新しい習慣を自ら作り出す必要があります。

努力して、自分の精神や行動をコントロールすることができれば、意外に簡単に人生を好転させることができるのです。

目標に向かって、前に進むことを習慣化することを身に付けましょう。

そうすれば、必ず人生で成功することができます。

広告

自分をコントロール

自分の精神や行動をコントロールするとは、どんなことか?

まずは、悪い習慣を断ち切るということです。

  • 約束の時間に遅れる
  • 大事なことを先延ばし
  • 暴飲暴食
  • ジャンクフードをよく食べる
  • 人の話をさえぎる

上記のようなことがあれば、改善し、悪い習慣を断ち切らなければいけません。

そして、良い習慣をと入れ替えるのです。

  1. 週に3回は運動する
  2. 上手くいっていることに意識する
  3. 目標に取り組む
  4. 家族との時間を大切にする
  5. 野菜をたくさん食べる
  6. 友人と会う
  7. 1日に30分本を読む
  8. 1日に15分一人の時間を過ごす
  9. 共感する心を持つ
  10. 気になったことはメモする
  11. マイナスな発言はしない
  12. 嫌なことから先にする

いきなり、全てを行う必要はありません。

まずは、意識付けが大事なので、目に見える所に、プラスの習慣を貼っておきましょう。

少しづつ、できることを増やしていけば、必ず人生は好転します。

週に3回の運動

健康のために運動は大切です。

忙しくて時間がないという人もいるかもしれませんが、時間は自ら作るものなのです。

そして、仕事や家事を効率よくこなすためには、ある程度の体力は必要となります。

そのためにも、20~30分程度でもいいので、運動をする時間を作ってください。

実は運動が脳を活性化させるということは、近年、証明されています。

詳しい解説については、こちらの本を読んでみてください。

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方
ハーバード大学医学部「ジョン・J・レイティ博士」著書

仕事や家事の効率を上げたり、頭の回転を良くするためには、脳内物質が深く関わっています。

運動することによって、ドーパミン(快楽)・セロトニン(精神を安定させる)・ノルアドレナリン(活動を高める)という脳に良い物質が分泌されるのです。

運動で時間を作ることは、作業効率を高めることができるので、実は時間を短縮する効果があったんですね。

広告

心の安定

心の安定を保つためには、「良いこと」に目を向ける、「上手くいっていること」に意識をむけることが大切になります。

悪い事や嫌なことが起きると、そのことばかり考えたり、人の欠点ばかりに目が行くことは、自分へ悪悪影響を及ぼします。

だからこそ、「良いこと」に目を向ける習慣を身に付けるのです。

すぐには難しくても、発信する言葉に注意するのです。

意識して、言葉をプラスに変換してみてください。

すると、周囲の対応が変わり、自分の心もいつの間にか変わっていることに気づくはずです。

目標に取り組む

目標が見つからないという人は、自分の希望することをに書いてみてください。

例えば、マイホームが欲しいという人は、「お金をいくら貯めなければいけない」などの目標が生まれるはずです。

自分の将来の希望を全て書き出してみた時、これは叶えられる・叶えられないものが自分に見えてきます。

まずは、叶えられる将来の夢に向かって、目標を立てるのです。

すると、新たに叶えられる、夢が増えてくるはずです。

紙に書くことは大事です。

頭で考えると、何をしたいか、何をすべきかまとめることができませんが、紙に書くと、少しづつ具体化することができます。

家族との時間を大切に

家族との時間はとっても大事です。

何気なくすぎる時間は、取り戻すことができないので、日ごろから家族と過ごす時間を大切にしてください。

広告

野菜を取る

野菜を食べることは、健康的な体を作るためには重要です。

ビタミンやミネラルだけでなく、抗酸化作用がある物質を多く含んでいるためです。

抗酸化作用とは、「酸化」を防ぐという意味で、「体の酸化」がおきると、老化促進や様々な病気、ガンのリスクが高まります。

糖化と酸化 の違い

友人と会う

気の合う友人と会って話をすることは、心の平穏を保つ効果があります。

仕事の付き合いだけでは、いつも張り詰めた状態になるので、友人との会話は心をリラックスさせる効果が高まります。

30分本を読む

1日に30分でいいので、本を読むようにしてください。

読むのが嫌いという人もいますが、YouTubeやネット記事よりも、30分本を読む方が、よりたくさんの知識を得ることができます。

知識を付ける事は、自信にもつながり、行動力も高める効果も期待できます。

広告

1人の時間を過ごす

家族がいる人人は一人の時間が少ないかもしれませんが、15分でも一人で静かに過ごす時間を作ってください。

雑念(気が散る原因)が消え、自分が考えなければいけないこと、行動しなければいけないこと、次の行動への段取りなどを考える時間が必要です。

共感する心を持つ

人に共感する心を持ちましょう。

特に、親しい人には、自分の意見を押し付けるよりも、相手に合わせて会話をしたり、行動すると、互いの関係がより良くなります。

メモする

メモをあまりとらない人は、気になったことをメモする癖をつけた方がいいでしょう。

メモをすることは、大切なことを忘れません。

さらに、考えを深めることができるので、何でもいいので気になることは、メモをとく癖を付けましょう。

マイナスな発言

嫌なことがあれば、誰かにグチを聞いて欲しいという人は多いと思います。

しかし、これは自分をさらに追い詰めることになります。

グチをいって、その時はスッキリしたように感じるかもしれませんが、実は…、さらに自分を不幸な状況に追い込んでいるのです。

自分の不幸な話や、失敗談などをするような人は、人からアドバイスを受ける機会が多くないでしょうか?

ちょっとしたアドバイスを受ける程度なら問題ありませんが、たくさんアドバイスを受けるような人は、自己肯定感(自分の自信、幸せ度合)が下がり、さらなるパフォーマンスの悪化が起ります。

広告

嫌なことから先に

嫌なことを先延ばしにすることは、パフォーマンスを低下させます。

その理由は、「嫌な仕事が残っている」と、常に頭によぎるからです。

それを考えているということは、仕事に集中ができていないということ。

まずは、気になっていること、面倒でも嫌なことは先にするように習慣づけましょう。

1つの難問を解決するだけで、自分の中で達成感が生まれ、それが自信に繋がります。

だからこそ、嫌なことからすることは大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA