お金持ちの財布の中身は…?【カードは〇枚だった!】

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんは、財布の中のカードは何枚ありますか?

お金持ちの人は、カードは数枚しか、財布に入れていないというのがほとんどです。

多くの経営者を見てきた、税理士の「亀田純一郎さん」は、そのように語っています。

今回は「お金が貯まりやすい財布」について、解説していきたいと思います。

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

カードは1枚のみ

亀田純一郎さんの財布の中には、カードは1枚しか入っていません。

その1枚は銀行のキャッシュカードです。

財布をスッキリさせるために、行った結果でした。

この状態でも、不便は感じないと言います。

亀田さんが知る、金持ちや経営者の多くは、カードをあまり財布に入れていません。

カードを持っていたとしても、別のカードフォルダーに入れているか、カードをあまり作らない人が多いのです。

カードがいっぱい

たまに、財布が丸く膨らんでいる人が居ます。

レシート・領収書・ポイントカードなど、ぎっしり詰まった財布は、お金が逃げる財布です。

お金に対する意識が低い人は、カードをたくさん持ち歩く傾向があります。

キャッシュカード・クレジットカード・お店のポイントカード。

ポイントがあると、ついつい余計なものを買ってしまいがちです。

例えば、「〇曜日はポイント2倍デー」だとしたら、なるべくその日に、そのお店に買い物にいきますよね。

本当に必要な物を買うのは問題ありませんが、ポイント2倍だからと言って、余計に買いものをすれば、お金を無駄にする行為です。

消費を増やそうとする、お店側の思惑に、まんまとはまっていることに気づいてください。

お店がなぜ?ポイントカードを作ったり、お得な日を作っているのか?

消費を増やすためです。

ポイントを利用して、顧客に還元することで、お店に足を運んでもらう回数が増えます。

お店に入ると、お菓子・ジャンクフード・ジュース・酒など、必要が無くても買う人がほとんどです。

そうやって、お店側は消費を促しているのです。

それでも、「自分だけは、ポイント2倍デーをうまく活用できている」と思っている人がいるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。

ポイントが多い時に、多く買い物をすると、脳内では快楽物質が分泌されます。

カートに商品を入れると、幸せな気分になり、ドンドン、必要のないものまで買っているかもしれません。

他にも、期日付きのポイントがありますが、期日があると、もったいないので使いたいですよね?

そういう人間の心理を利用して、お金を使わせるようにしているのです。

多くの人が、ポイントを使って、効率的に買いものができているなら、お店や企業はポイント制度を作ると損をします。

しかし、損はしていません。

レシートで財布が丸い

ポイントカードをたくさん持っている人も、レシートで財布が丸まっているような人も、お金が逃げていきます。

なぜ財布にレシートを入れるのか?
恐らく、必要だと思うから、財布に入れているのでしょう。

そのレシートは、後で家計簿をつけるためなのでしょうか?

中には、仕事の経費精算のための、領収書を貯めている人もいるかもしれません。

どちらにしても、財布がパンパンになるほど、レシートを入れているというのは、数日もしくは数週間分を入れている可能性があります。

それだけの期間、レシートを貯めていても、家計簿や帳簿に記帳していないということは、お金に対しての意識が低いということです。

このような財布を人前で出すと、だらしない人間と思われても仕方ありません。

私の場合は、買い物をしたら、レシートはもらい、すぐに捨てることはありません。

ただし、財布に入れると、家に帰ったら財布をチェックすることは無いため、ズボンの右後ろのポケットに入れるようにしています。(ポケットが無ければ、上着のポケットバックの手前のポケット

レシートを帰宅して取り出しやすい所に、入れるようにしています。

家計簿は買い物したら、毎日つけています。

毎日つければ、苦に感じることもありません。

もし、家計簿を付けたいのに、それが苦手な方は、家計簿を丁寧に付けるのではなく、ざっくりとカテゴリー分けをしてみてください。

例えば、「食費と日用品」を同じ項目にするなどです。

家計簿はお金の動きを把握するのが目的で、丁寧に付けようとしても、それができなければ意味がありません。

カテゴリ―が少なければ、記入も楽で、見る時も楽になります。

それから、電卓で計算するのも面倒だと思う人は、スマートフォンのアプリを利用してもいいかもしれません。

アプリなら、全て自動計算なので、入力の手間が省けて、いつでも、家計簿をチェックすることができるので、お金に対する意識も身に付きます。

家計簿についてお悩みの方は、下記の記事を参考にしてみてください。

家計簿の付け方・節約術【ノートタイプ・PC・スマホアプリ】
家計簿をつけるコツ!毎日つけてください。帰宅して、服を着替えるのと同じ感覚で、家計簿をつけるのです。1週間まとめると、レシートが紛失したり、面倒になります。レシートは、決めたところに収納しましょう。私の場合は、右のポケットに入れるようにしています。帰宅したら、ポケットから出して、すぐに家計簿を記載しています。財布に、レ...

クレジットカード

ポイントカードと同じで、クレジットカードも複数持つ人は、お金が逃げていく傾向があります。

クレジットカードはなぜ複数いるのか?

ふつうは、1つのクレジットカードで事が足りますよね。

例えば、クレジットカードでお金を借りているような人は、複数のカードを持っています。

クレジットカードが多いと、財布がたくさんある様な感覚で、お金がどの財布で、いくら出費したのかが分からなくなってしまいます。

こうなると、お金の動きが把握できませんね。

また、クレジットカードについては、賛否両論あります。

「クレジットカードでお金を支払うと、お金を払う感覚がなくなり、余計に出費が増す」という声が多くあります。

そう感じる方は、クレジットカードを持つのは危険かもしれません。

しかし、現在はどんどん、世界各国でキャッシュレス化が進み、国内でも同じです。

スマホ決済があったり、インターネット通販などでは、クレジットカードでしか支払いができないケースもあります。

そのため、小銭や紙幣を払って、金銭感覚を身に付けるのではなく、別の方法で身に付けなければいけないんです。

家計簿をつけて把握する必要があります。

お金に好かれる財布

以前は、私は長財布を使っていました。

長財布を使うと、お札が曲がらないことで、お札に好かれると思っていました。

そして、なるべく高い財布が良いと。

だから、ブランド物の財布を使用していました。

しかし、令和はコンパクトな財布の時代です。

キャッシュレス化が進んでいるため、お金を取り出すことが少なくなりました。

財布に、「SuicaSUGOCA JR九州)・楽天カードEdy」を入れています。

これだけで、ほとんどのお店や交通機関への、支払いができます。

しかも、支払う時は、財布をかざすだけでOKなんです。

だから、小さな財布が良いんです。

中には、現金のみのお店もあるため、少しのお金を持ち歩いています。

実際の財布の中身は、これです。

  • SUGOCAカード
  • 楽天カード
  • 運転免許証
  • 現金

これだけで、生活に困ることはありません。

お店に行くと、ポイントカードを勝手に作られることもありますが、その場合はすぐに捨てます。

やはり、ポイントを気にすると、出費が増えるからです。

もう一つ、財布とは別に、キャッシュカードなどを入れたポーチもあります。

こちらには、数枚のお札・ETCカード・マイナンバーカード・キャッシュカードを入れています。

こちらはほとんど使用することはありませんが、ETCカードは車に乗る時に使用し、マイナンバーカードは役所に行った時に、キャッシュカードはお金を引き出す時です。

まとめておくことで、必要な時は、そのまま持っていくこともできます。

今はお金を引き出すことも少なくなりました。

通帳の中は、インターネットバンキングで定期的に確認しているので、手間も省けて、お金を正確に把握ができます。

お金に好かれる財布というのは、中身を把握しやすい、スッキリした財布です。

お金が逃げていくと感じる方は、ぜひ、財布の中身を軽くしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました