【日本の季節を楽しむコツ】二十四節気・七十二候

日本には四季があります。

春には花がたくさん咲いて、夏になれば気温が高くなるので海遊びができます。

秋には紅葉が観られ、冬には雪が降ることもありますね。

四季だけでなく、季節を深く知るために「二十四節気」と「七十二候」があります。

季節を4つではなく、さらに細かく分けたものです。

「二十四節気」と「七十二候」を知っていたら、季節の移り変わりをより楽しむことができますよ!

二十四節気・七十二候

二十四節気

二十四節気(にじゅうしせっき)は、季節を細かく分けたものです。

現在、日本の季節は春夏秋冬と4つに分けられますが、さらに、一つの季節を6つに分けたものが二十四節気と言い、季節を24コで区切っています。

七十二候

七十二候(ななじゅうにこう)は、二十四節気をさらに細かく分けています。

二十四節気の一つの時期を3等分(約5日でくぎる)して、1年を72コに分けたものを言います。

二十四節気も七十二候もどちらも、日の出の長さと関係しており、田畑をするうえではとても大切な考え方になっています。

また、日々の生活にも取り入れることで、季節をより感じることができるようになるでしょう。

2/9~13頃

黄鶯見睆(こうおうけんかす)

春のお知らせをする鳥「ウグイス

2/24~28頃

霞始靆(かすみはじめてたなびく)

「霞がたなびく」とは、霧や雲が薄く層を作っている風景です。

山の風景がかすんで、ぼんやりと見えるのが2月の後半の頃に起きます。

3/11~15頃

桃始笑(ももはじめてわらう)

出典:THE GATE

3月の中旬頃から、桃の花が咲きます。

桃・梅・桜と全部同じように見えてしまいますが、花びらを見れば何の花なのかが分かります。

桃の花は、花びらが尖っているのが特徴です。

花言葉は「チャーミング・気立ての良さ・私はあなたのとりこ・天下無敵」

4/10~14頃

鴻雁北(こうがんきたす)

雁(ガン)はカモ目 カモ科 ガン亜科水鳥のなかで、カモよりも大きく白鳥よりも小さい鳥の総称の事を言います。

冬を日本で過ごす渡り鳥のカモや白鳥は、春になるとシベリアの方移動します。

4/20~24頃

葭始生(よしはじめてしょうず)

ヨシは、イネ科の多年草で、河川などに多く群生しており、4月の下旬にはヨシが芽吹き出します。

秋には淡い紫色の穂を付け、2~3メートルまで成長。

ススキとの違いは →「こちらで確認

屋根材やすだれとして活用されることがあります。

4/30~5/4頃

牡丹華(ぼたんはなさく)

5月頃には牡丹の花が開きます。

花言葉は「王者の風格・高貴・恥じらい・人見知り」です。

まいにち歴生活

まいにち暦生活 日本の暮らしを楽しむ365のコツ

評価  (69)

※ 評価はAmazonを参考にしています。

一日一日のできごと、季節の移り変わりなどが学べる本です。

その時の旬の食材なども知ることができるので、家事などにも役立てることができます。

5/5~9頃

蛙始鳴(かえるはじめてなく)

本州では5月から6月にかけて田植えをします。

田植え前に、田んぼに水を貯めるので5月初旬ごろから、カエルの大合唱が始まります。

5/26~30頃

紅花栄(こうさかう)

5月末頃から紅花(ベニバナ)が咲き始めます。

紅花は古くから、染料や口紅の原料として利用されてきました。

また、漢方では婦人薬としても利用されていたり、種からとれる油は「サフラワーオイル(紅花油)は、サラダ油・てんぷら油などに使われます。

その紅花の花言葉は「化粧・装い・特別な人・愛する人・熱狂・情熱・包容力」です。

6/16~20頃

梅子黄(うめのみきなり)

6月中旬辺りに、梅の実が熟してきます。

ちなみに、「梅雨」という漢字には「梅」が含まれいますが、梅が熟す頃に雨がたくさん降るということで、そう呼ばれるようになったとも言われます。※諸説あり

梅は熟した度合いによって、様々な食品に加工されます。

青梅… 梅酒・甘露煮・梅シロップ

黄梅… 梅干し・ジャム

青梅は酸味が強く硬さがありますが、完熟した梅は甘く、柔らかいのが特徴です。

6/21~26頃

乃東枯(ないとうかるる)

写真の花が「ウツボグサ」です。

シソ科の多年生植物で、初夏に紫の花を付けます。

花が終わると褐色に変化して、枯れたように見えます。

漢方では口内炎・扁桃炎の改善、腎炎・膀胱炎に対する利尿薬として用いられます。

6/27~7/1

菖蒲華(あやめはなさく)

6月末頃から「ショウブ」の花が咲き始めます。

花言葉は「うれしい知らせ・優しい心・優雅・心意気」です。 

7/2~6頃

半夏生(はんげしょうず)

写真の植物は「カラスビシャク」です。

畑や野原の日当たりが良い場所に生えている多年草です。

7月初旬に多く咲き始めます。

球根部分をは鎮吐作用があるため、漢方薬などに配合されます。

8/13~17頃

寒蝉鳴(かんせんなく)

YouTube:色んな蝉の鳴き声

お盆頃から「ヒグラシ」が鳴き始めます。

「ヒグラシ」と言えば、残暑に鳴く虫のイメージがありますが、どんな虫か知っていますか?

実は、セミなんです!

セミには色んな種類がいて、鳴き声も全く違うので上の動画で確認してみて下さい。

8/23~27頃

綿柎開(めんぷひらく)

8月の末頃に、綿が開き始めます。

綿(コットン)は、洋服や雑貨などに多く使用されており、インド・中国・アメリカで多く生産されています。

現在の日本では、綿の商業用の生産はほぼありません。

9/13~17頃

鶺鴒鳴(せきれいなく)

9月中旬から「セキレイ」が鳴き始めます。

セキレイはスズメ目スズメ亜目セキレイ科の鳥で、主に水辺に棲んでいます。

旬のカレンダー

旬のカレンダー

評価  (269)

※ 評価はAmazonを参考にしています。

永久保存できる一冊!

季語の言葉の意味がよく分かる本です。

日本の文化や風習を知ることができるので、雑学もたくさん学ぶことができます。

現代の生活に密着しているので、掃除・料理などの家事にも役立つ!

11/7~11頃

山茶始開(つばきはじめてひらく)

出典:花図鑑

11月中旬頃から、サザンカの花が咲き始めます。

ツバキと見た目が似ているため、間違える人も多くいます。

サザンカ
  • 10~12月に咲く
  • 花が平らに開く、香りがする
  • 葉が細長くギザギザ、葉裏に起毛がある
  • 実の表面には起毛
  • 花が散ると、花びらが落ちる

花言葉… ひたむきな愛・ひたむきさ・理想の恋・困難に打ち勝つ

ツバキ
  • 12~4月に咲く
  • 花が立体的に咲く、香りなし
  • 葉がワックスを塗ったようなツヤがある、裏に起毛なし
  • 実の表面はツルツル
  • 散る時は花全体がボトッっと落ちる

花言葉… 控えめな優しさ・控えめなすばらしさ・誇り

12/22~26頃

乃東生(ないとうしょうず)

出典:大日本図書

初夏に花咲く「ウツボグサ」は、冬至には芽吹きます。

1/6~9頃

芹乃栄(せりすなわちさかう)

セリの旬の時期が1月初旬ですが、春の七草の一つです。

1/15~19頃

雉始雊(きじはじめてなく)

1月中旬ごろに、オスのキジが鳴き始めます。

オスのキジは鮮やかな色をしていますが、メスの記事は茶色で、見た目が全く異なります。

1/20~24頃

款冬華(かんとうはなさく)

1月下旬辺りから、フキノトウの蕾が出始める

()