【なぜかいつも金欠?】いつの間にか、お金が消える理由

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

常にお金がない人には「共通点」があります。

まだ、その理由を分かっていない人は、早く気づく必要があります!

そこで今回は、お金に振り回されないように、お金に好かれるための方法を解説していきます。

お金が消える理由

「気づいたらお金がない」このような状態におちいていませんか?

金欠になる主な原因はこの3つです。

  • 使途不明金が多い
  • めんどくさがり
  • 考えずに購入

当たり前のようなことですが、意外にできていない人が多いんです。

使途不明金

「使途不明金が多い」ということは、自分が何にお金を使ったのかを、把握していないということなんです。

毎月支払っている、携帯電話の料金は答えられますか?

サブスク(サブスクリプション・毎月一定料金を支払いサービスを受けること)はいくつ利用していて、トータルでいくら支払っていますか?

保険料料はいくらですか?

「食費・日用品・洋服代・美容代・交際費・仕事に使う道具代」毎月、色々な支払いがありますが、自分がいくら払っているのか把握(はあく)していないという人は、危険信号です!

お金が貯まらないという人は、少しづつお金の「管理方法」を身に付けなければいけません。

まずは、家計簿をつけて、自分のお金の流れを把握(はあく)してください。

初めは家計簿の付け方が分からない、めんどくさいと感じるかもしれませんが、どんな人でも、慣れない作業は難しいものです。

完璧に家計簿をつける必要はないんです。

ある程度のお金の流れを把握するために、家計簿をつけるのです。

お金を使ったら、その日に記載してください。

1週間貯めたりすると、そこから家計簿をつけることが嫌になるので、毎日つければ短時間で記載が終わります。

家計簿の付け方・アプリ

広告

めんどくさがり

なんでも、後回いにする人はお金が貯まりません。

例えば、こんなことはありませんか?

世の中には色々なサービスがありますが、使っていないのに、毎月お金を払っているものがある。

  • 動画視聴サービス
  • オンラインサロン
  • 新聞
  • ファンクラブ
  • 水の宅配
  • サプリや化粧品の定期購入

上記のようなサービスに、1度入会したものの、必要なくなっても解約するのが面倒なので、そなままになっているという人は、お金を捨てているようなものです。

入会する時は目的があるので、登録は面倒だと感じにくいかもしれませんが、解約する時はわずらわし作業でしかありませんが、放置していても何も解決しません。

やらなければならないことは、絶対に後回しにしない!これがお金に好かれる人です。

後回しにする人は、仕事も丁寧ではないため、昇進の可能性も低く、転職しても今よりも給与が増えることもほぼありません。

広告

考えずに購入

ネット通販・キャッシュレス決済は手軽にお買い物ができます。

そのため、「欲しい!」と思ったら、必要性をよく考えずに購入してしまうケースも多くなっています。

そして、お金が無くなる人の家は物が多く、自分の家にある物を把握できていません。

そのため、同じものを購入することもあります。

また、自分の頭を使うことをしないので、「これ、便利そう。あれが必要だ!」と思えば、すぐに買ってしまいます。

買う前に、本当に必要なのか?

他のもので代用できないのか?

しっかり、考えて購入しなければいけません。

他にも、コーヒーやお茶を当たり前のように、購入していませんか?

買わずに、持参すれば飲み物代が0円になりますが、もし毎日100円のコーヒーを購入しているなら、月に3,000円も出費していることになります。

そして、飲み物を買う人は、それがくせになっているので、1日の飲み物代が100円ですんでいるともかぎりませんね。

本当に、必要なのかを自分に問うようにしてください。

金欠におちいる人は、「お金がない」のではなく、「頭を使えていない」のです。

広告

タイトルとURLをコピーしました