【若く見える人の特徴】年齢より老けて見られないために

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

女性ならいつまでも、若々しく見られたいものですね。

年齢より若く見られる女性がいますが、逆に老けて見られる人もいます。

どんな違いがあるのでしょうか?

詳しく解説していきますね。

透明感のある肌

若さを感じるポイントといえば、なんといっても美しい肌ですね。

キレイを保つためには、スキンケアが大事!

スキンケアとは「スキン」=「肌」で、「ケア」=「お手入れ」なので、「肌のケア」ということです。

肌は優しくお手入れと、保湿が大事です

毛穴の汚れが気になり、ゴシゴシ洗うのは肌によくありません。

肌の細胞を傷つける行為は、シミ・しわの進行を早める行為です。

お肌は新陳代謝で、下から上に皮膚が上がってきて入れ替わりますが、無理に肌の角質を剥がそうとしたり、毛穴の汚れを押し出そうとすると、肌が傷つき、シミの原因となります。

肌を正しくケアするためには、肌の構造を知る必要があります。→詳しく

ツヤのある髪

髪は、若見えには大事な要素です。

年をとると、髪が細くなりハリが減少し、毛量が減少します。

すると、毛流れが整いにくくなり、髪がバサバサに見えてしまいます。

これが高齢者の特徴です。

きれいな髪の人を見ると、全体的に毛流れが整っています。

つまり、髪がパサついている印象を与えると、老けて見られるのです。

ヘアカラーやパーマをすると、髪が傷みやすいので、やりすぎには注意です。

ただし、白髪が見える髪も老けて見られます。

また、ヘアカラーをした髪が伸びているのも、だらしない印象を与えて老け見えします。

ヘアカラーをする際は、自分で行うと、過剰に髪を傷める恐れがあるので、美容室で行うようにしましょう。

くせ毛の人は毛流れが不ぞろいなので、痛んでいなくてもパサついて見られるので、適度にストレートパーマをすることをおすすめします。

毎日のヘアケアとしては、ヘアオイルを使用して、髪を傷ませないようにしましょう。

スポンサー広告 - オルナ オーガニック ヘアオイル 洗い流さないトリートメント モイスチャー オイル 80ml

こちらのヘアオイルはAmazon・楽天市場で大人気の商品です。

髪の傷みが気になる方は、ヘアオイルを使用してみてください。

美しい姿勢

若く見える人は、姿勢もピンと綺麗に伸びています。

歳をとると、肩が内に巻き、背中が丸るり猫背に、まっすぐ立っても膝が大きく開きO脚が極端になります。

このようになってしまうと、老けて見られてしまします。

若い人も、年齢を重ねた人も、日常から意識することが大事です。

立っている時は、膝を常につけるようにしたり、背筋を伸ばす意識をしましょう。

背筋は胸に息を大きく吹き込むと、伸びやすくなります。

「巻き肩」改善ストレッチ →こちら

「猫背」改善ストレッチ →こちら

「O脚」改善ストレッチ →こちら

猫背改善と胸の垂れを補正してくれる、「サポートインナー」もおすすめです。

SPORTIA 背筋補正 サポート インナー 補正下着 レディース ブラック L

こちらは前フックになっており、外側から胸を内に自然によせ、背筋も整えてくれます。

健康的な体型

若い時は体の細さを重視しがちですが、30代を過ぎると太すぎ痩せすぎ、どちらも老けて見えます。

太るとオバさんのように見られ、歳をとって痩せすぎると、肌にハリがなくシワシワに見えるからです。

体型や筋力を維持できるように、適度な運動をするようにしましょう。

笑顔

笑顔は顔の筋力維持と、見た目を若く見せる効果があります。

笑顔を作ると、頬や口角が上にあがるため若く見えます。

逆に、真顔や怒った顔ばかりすると、口角が下がり「マリオネットライン」が深く刻まれるようになります。

無理な若作りはしない

若く見えたくても、年齢に合わない「若作り」は、逆に老け見えします。

年齢を重ねたら、落ち着いた服装にしたり、メイクは肌をきれいに見せるように意識して、アイメイクはやり過ぎないようにしましょう。

ファッション

服装は「上品さ」を意識しましょう。

年齢を重ねると過度な露出は、逆に老いを目立たせるので注意してください。

若く見えるファッションをする上で、大切になるのはアイテムの色で、トップスには明るめのカラーを選び、顔の印象を明るく見せましょう。

明るい色は、レフ版のようにくすみを飛ばしてくれます。

ダメな服装は、色あせ・シワ(シワ加工ならOK)が多いなどです。

年齢を重ねると、若者の様なフレッシュさがなくなるので、それをカバーするように、「上品」に見える努力をする必要があります。

 

上のSNSマークから、アカウントをフォローできます💛
当記事について不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。メッセージは、Instagram・Twitter・LINEからお受け致します。
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました