顔の産毛処理に【コジット・フェイスエピローラー】激抜け!

この記事は約4分で読めます。

顔に生えているムダ毛が、気になっていませんか?

産毛が濃かったり、毛量が多いと、どうしても目立ってしまいます。

カミソリで処理するにも、時間と手間がかかる上に、肌にダメージを与えることもあります。

そこでおすすめしたいのが「コジットのフェイスエピローラー」です!

ビックリするくらい抜けます。

今回は「フェイスエピローラー」がどんなものか、詳しくご紹介します。

コジット・フェイスエピローラー

コジットの「フェイスエピローラー」は、ムダ毛処理能力がすごい商品です。

コジット フェイスエピローラー

見た目は正直言って、あまり良いとは言えません。

美容器具なら、もう少し、オシャレなものを使いたいと思う人も多いと思います。

個人的な感想としてはこの見た目で、少ししか効果がないなら、速捨ててしまうという印象です。

商品を取り出してみると、上の方にバネが付いて、持ち手があります。

形は、使いやすい設計なのかもしれません。

ビーズが両サイドに付いていますが、これがあっても、見た目が可愛くなっているとは思えませんが、女性が使いやすいように、工夫したデザインなのでしょう。

バネをコロコロする商品というだけなので、商品を見ても、特別に何か変わったところを見つけることはできませんでした。

こちらが商品裏面に、記載されている説明書です。

使い方は単純に、コロコロ肌を転がすだけです。

使用後の感想

商品を開けて、肌にあて「 フェイスエピローラー 」を転がしましたが、全く抜けている感じがしませんでした。

Amazonや、楽天市場でも、低評価を付けている人が「全く抜けない・使い物にならない」と批評していました。

私も、最初は全く抜けないと思い、購入を失敗したと感じましたが、「 フェイスエピローラー 」は、転がす方向があるのです。

説明書にも記載があるのですが、「産毛の流れに逆らうように、転がす」このように使わなければ、全く毛が抜けません。

説明書に、小さく記載されているため、見逃してしまうと、使い方を間違えてしまいます。

毛の流れと反対に、「 フェイスエピローラー 」を動かすと、「ビリ」と肌に衝撃を感じました。

あまりの痛みに、静電気が発生しているのかと思いました。

産毛がいっぺんに、抜けるため、衝撃の痛みを感じるのです。

初めて使う方、痛みに弱い方は、痛みに耐えきれないかもしれません。

痛みはとても強いですが、なるべく、痛みを和らげる対策としては、ゆっくり動かすのではなく、素早く動かすことです。

ムダ毛処理後は顔が赤くなるため、メイク前にするのではなく、前日に行うことをおすすめします。

上手にムダ毛処理するコツ

  1. 毛の流れに逆らう
  2. 上を進行方向に向けて、寝せる

上手にムダ毛を無くすために、鼻の下のムダ毛を処理する場合は、「 フェイスエピローラー 」を上に向けて転がします。

逆に転がすと、全く抜けません。

さらに、「 フェイスエピローラー 」を寝せると、毛が抜けやすくなります。

「 フェイスエピローラー 」を進行方向に転がし、進行側が上を向くようにして寝せます。

イメージとして、T字カミソリを逆に使うような感覚で、使用してください。

このようにすると、より毛が抜けるようになります。

脱毛効果

どれくらいの脱毛効果があるのか、写真を添付します。

処理前は鼻の下に、産毛モサモサです。

脱毛前
処理後

「 フェイスエピローラー 」使用後は、ツルツルになりました。

本当に簡単に、処理できます。

痛みに耐えれる方には、おすすめです。

化粧ノリも、劇的に変わりました。

目の周りは、まつ毛や眉毛があるため、少し難しいですが、ゆっくり転がせば、処理は可能です。

ただし、ゆっくり動かすと、痛みが強いです。

毛嚢炎に注意

「 フェイスエピローラー 」 では、産毛が簡単に抜くことが出来ますが、肌が弱い人は毛嚢炎(もうのうえん)に注意が必要です。

毛を抜くことで、毛穴に細菌が入り炎症を起こすことがあります。

見た目はニキビのように見えますが、ニキビはアクネ菌で繁殖し、毛嚢炎は真菌(カンジダの菌)で発生します。

軽度であれば、自然に治りますが、悪化すると、膿を持つこともあるため、その場合は皮膚科にご相談ください。

詳しくは → こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました