【春に感じやすい不調】改善方法とケア商品

春は新しい季節の訪れとともに、多くの人が不調を感じる時期です。

花粉症自律神経の乱れによるメンタル不調気候の変化で寒暖差が生じて起きる体調不良など、さまざまな要因が絡み合い、私たちの健康に影響を及ぼすことがあります。

この記事では、春に感じやすい不調にフォーカスして、その原因や改善法について詳しく解説!

春の花粉症はズルズル…

春の花粉症は、多くの人々が経験する季節の悩み!

花粉症の特徴は、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど。

春の花粉症の主な原因は、スギやヒノキです。

その他にも、ハンノキ(榛の木)、シラカンバ(白樺)、イネ科の花粉なども原因となります。

花粉症の対策としては、外出時にはマスクを着用して花粉をブロック。

室内では窓を閉め切り、エアコンや空気清浄機を使って花粉を除去するのも効果的です。

外出後は衣服を換えることで、花粉を最小限に抑えられます。

さらに、花粉の飛散量が多い時間帯や場所を避けたり、外出後に髪や顔を洗ったりすることも有効です。

食事面では、抗炎症作用のある食事ビタミンCを摂ることもおすすめです。

ビタミンCは、抗炎症作用やヒスタミンの働きを和らげる効果があり、アレルギーの緩和に役立ちます!

魚介類・種実類・野菜・果物・豆類・香辛料」などが炎症抑制できますが、「穀類・菓子類・肉類」は炎症が悪化するため控えた方がいいでしょう。

【高濃度× 持続型】 My+Cee マイシー 

【高濃度× 持続型】 リポソーム ビタミンc サプリメント My+Cee マイシー 60粒 αリポ酸 ヘスペリジン 香料 着色料 保存料不使用 栄養機能食品 アルファリポ酸 αリポ酸 B-Rec技術 よかもんチョイス (1袋)

評価  (210)

※ 評価はAmazonを参考にしています。

参考 抗炎症作用|サントリーウェルネス

春は疲れをため込みやすい

春の疲れの原因は、まずは季節の変わり目による身体の適応不足です。

冬から急に温かくなる春の気候に、私たちの身体は慣れるまで時間がかかります。

また、花粉症やウイルス感染症の流行なども、疲労の原因となります。

春の疲れを軽減する対策としては、まずは睡眠と休息をしっかりと取ることが大切です。

十分な睡眠を確保し、疲れを溜め込まないようにしましょう。

加えて、バランスの取れた食事を心掛けて栄養をしっかり摂ることも重要です。

適度な運動やストレッチも、春の疲れを軽減する方法の一つ。

体を動かすことで血行が良くなり、疲労物質の排出が促されます。

さらに、ストレスを溜め込まないように心がけ、自分に合ったリラックス法を見つけることも有効的です。

そして、春の良い面を楽しむことも大切。

自然の花や新緑を感じる散歩やピクニック、友人や家族との交流など、心地よい春の風を感じながら、心身ともにリフレッシュしましょう!

自宅でできる春の疲れケアには、ホットアイマスクがおすすめ。

目をじんわり温め、目の疲れを癒してくれます。

目が温まることで、自然な眠気が生じるので、休息にはピッタリのアイテムです。

ホットアイマスク

Loveur Date モコモコ ホットアイマスク USB 電熱式 かわいい リラックス 圧迫感なし 遮光 温度調節 自動電源オフ 安全保護 睡眠/昼休み/旅行/出張/ギフト/プレゼント アイマスクホット ポーチ付き (ブラウン)

評価  (233)

※上の商品はAmazonの商品です。楽天市場は類似商品のご紹介です。

※ 評価はAmazonを参考にしています。

春の睡眠障害

春は日の光が長くなり始める頃。

それにより、睡眠障害が起きやすくなります。

朝早く明るくなり、遅くまで明るい状態が続くため、体内時計が調節しきれずに眠りが浅くなることがあります。

また、花粉症や気温の変化などによる体の不快感も睡眠に影響を与えます。

春の睡眠障害に対する対策としては、まずは睡眠環境の整備が重要。

暗く静かな寝室を作り、カーテンで明るさの調節を行いましょう。

寝室には遮光カーテンを使い、起きる時間まで日光が部屋に入らないようにします。

さらに、「カーテンの自動開閉の機械」を取り付けることも睡眠対策としておすすめ。

寝る前の行動は、睡眠の2時間前にお風呂に入ったり、読書や瞑想などで心と体をリラックスさせる時間を作ることが良い睡眠に繋がります。

witchBot カーテン 自動 開閉

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

評価  (7,148)

※ 評価はAmazonを参考にしています。

春のメンタル不調・改善方法

春にメンタル不調の症状が現れる原因は、季節の変化による自律神経の乱れです。

冬の終わりから春にかけて、日照時間が増えて気温が上がります。

これによって体内時計が調整され、ホルモンの分泌や体温調節が変化します。

この生体リズムの変化が、メンタル不調や鬱病の発症やそれらの症状の悪化に関連していると考えられています。

また、春は新生活をスタートさせる人も多くいますが、新しい環境への不安も原因の一つになっています。

春のメンタル不調対策

春のメンタル不調の対策として、上記の事を意識して試してみて下さい。

まずは、外出して自然な日光を浴びること。

体内時計を整えることが重要です。

そして、生活のリズムを整えるために、規則正しい睡眠と食事、適度な運動を心がけましょう。

ストレス解消ができる、リラックス法や趣味を見つけれるように、気になることはチャレンジしてみましょう。

どうしても、何もする気力がない場合は、専門の医師に相談してみることも必要です。

自宅で手軽にできるリラックス法としては、アロマ音楽がおすすめ。

アロマにはリラックス効果があり、ストレスを軽減できます。

特に、ラベンダーカモミールなどの香りを嗅ぐと心身がリラックスし、ストレスを和らげることができます。

音楽もストレス軽減には効果的。

リラックスした曲や心地よいメロディを聴くと、脳内のストレスホルモンが減少し、心身の緊張がほぐれます。

水を使わない 吹きガラス アロマディフューザー

楽天1位 \水を使わない 吹きガラス アロマディフューザー/■USB ネブライザー■おしゃれな 天然木■アロマ ミニ 卓上 小型 インテリア トラベルポーチセット コンパクト ミニ 水なし (PAM01)

評価  (144)

※ 評価は楽天市場を参考にしています。