エアコンの水漏れの原因は?【第1位は○○!】対処方法

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

最近エアコンから、水漏れするご家庭が増えています。

夏場にエアコンを付けると、突如エアコンから水がポタポタと!

放置すると、さらにひどくなり、水が大量に流れてきます。

そこで今回は「エアコンから水が出る」原因と対処法をご紹介します。

夏のエアコン電気節約
夏・冬エアコン電気節約
エアコン冷暖房切替kWh
エアコン掃除
エアコン掃除(ファン)
エアコン水漏れ・対処
一人暮らし電気代節約
一人暮らし光熱費節約

エアコンの水漏れ箇所

エアコンの何処から、水漏れが起きるのでしょうか?

エアコンが水漏れすると、右側から水がポタポタと落ちてきたり、と一緒に水が飛んでくることがあります。

なぜ、エアコンから水が飛んできたり、ポタポタと水が流れ落ちるのでしょうか?

原因は、エアコン内部にある「熱交換器」です。

※エアコンを開けるとフィルターがあり、フィルターを取り外すと、熱交換器があります。

エアコンが部屋を冷やす仕組みは、温かい空気を熱交換器で冷やし、クロスフローファンが冷えた空気を部屋に送り出すことで、部屋全体を冷やしています。

熱交換器で空気を冷やす際、温かい空気と湿度で、熱交換器には水滴が付着します。

これは、冷たい水を入れたコップに、水滴が付くのと同じ原理です。

お部屋の湿度が高いと、水滴もたくさん出ます。

エアコン内部に水滴が発生することで、水漏れが起るのですが、通常は外のドレンホースから水は排出されます。

エアコンから水漏れが起きる原因は、ドレンホースの詰まりです。

水漏れ原因

通常はエアコンから水が流れてきたり、飛んでくることはありませんが、なぜ急に、エアコンから水が落ちてくるようになるのでしょう?

エアコンの故障と思う人も多いですが、原因は単純なことです。

エアコンの熱交換器で発生した水を排出すために、外にドレンホースがありますが、そこが詰まると、水漏れが起きます。

ドレンホースの詰まり原因

エアコンのドレンホースは、冷房を入れると水が流れますが、実は排出しているのは水だけでなく、チリやホコリも排出しています。

このゴミがドレンホースの中で詰まると、水が排出できなくなるため、エアコンから水漏れが起きるのです。

ドレンホースが詰まることは、めったに起きませんが、エアコンの掃除を怠ると、たくさんのゴミが排出されるため、それが詰まりの原因となります。

エアコン掃除の仕方

また、エアコンを設置して10年近くたっていると、ドレンホースの中も汚れが蓄積され、詰まる可能性も高くなります。

さらに、ドレンホースからが侵入することがあり、その虫が詰まりを起こす原因となるケースもあります。

最近では、ドレンホースから「ゴキブリが侵入する」ことが知られてきましたが、その対策のために、「防虫ドレンキャップ」を付けているご家庭が増えてきています。

「防虫ドレンキャップ」をすると、虫の侵入は防げますが、ホースからゴミの排出がスムーズに出来なくなり、エアコンから水漏れが起きるというご家庭もあります。

虫の侵入を防ぐためには「防虫ドレンキャップ」の使用はおすすめですが、冷房を使う時期は1か月に1回キャップを取り外し、ゴミの詰まりがないか確認しましょう。

バルサン エアコン排水ホース用 防虫剤練り込み キャップ (2個入) 薬剤入で室外機ホースからの侵入防止効果アップ

バルサンの「エアコン防虫キャップ」は、虫が入りにくくなります。

さらに、キャップから虫が嫌いなニオイを出しているので、小さい虫も、侵入しなくなる、Wブロックのキャップです。

ドレンホースの設置ミス

エアコンの水漏れはドレンホースが原因ですが、ドレンホースの設置の仕方が悪い場合も、詰まりを起こし、水漏れするケースがあります。

エアコンのドレンホースは、水を排出しやすいように、地面に対してなるべく垂直になるように設置されており、地面に付かない長さになっています。

その理由は、ドレンホースが曲がると、ホコリがそこに溜まりやすくなるからです。

ドレンホースが設置しずらい所もあるので、曲がっていても、必ず設置ミスだとは言えませんが、その場合は水漏れが起きやすくなるのでご注意ください。

ドレンホースが詰まってしまった場合、ワイヤーで中を掃除してゴミを排出しましょう。

 

上のSNSマークから、アカウントをフォローできます❕
当記事について不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。メッセージは、Instagram・Twitter・LINEからお受け致します。
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました