Amazonブラックフライデー12/1まで

詳細はこちら

【ダニが発生する時期・対策】高温多湿の夏が危険!

高温多湿になる夏は、ダニが最も発生しやすい時期ですが、秋~冬にかけても油断はできません。

今は寒くなっても、暖房をいれるため、ダニが過ごしやすい環境は1年中続きます。

ダニが大量に発生すると、アレルギーによって、皮膚炎が起きたり、咳が止まらず息苦しくなることもあります。

今回は「ダニが増えた時の影響」「ダニ対策」について解説していきたいと思います。

ダニが発生する時期

ダニが発生しやすい時期は「夏」!

ダニは高温多湿になりやすい、6月~9月頃に多く発生します。

特に梅雨の時期は湿度が高くなるので、多くのダニが発生します。

天気が悪い日は布団を外に干すこともできず、増えたダニはどんどん増加することに!

ダニは室温が20~30℃湿度60%以上の高温多湿な環境を好みます。

また、フケ・アカ・髪の毛・食べかすなどはダニのエサとなるので、細目に掃除することが大切です。

※冬場も暖房や加湿器を使うことで、ダニが発生しやすい環境になります。

ダニの発生場所

ダニは、布団や枕などの寝具でよく発生します。

寝具は体温や寝汗によって、高温多湿の環境になりやすく、ダニのエサとなる皮脂やアカもあります。

また、頻繁には掃除がしにくい、ソファーやカーペット、畳もダニが発生しやすい場所となります。

人を刺すダニ

家の中にいる、主なダニは4種類!

◉ヒョウヒダニ(チリダニ)

ほぼ1年中いるダニで、じゅうたんや家具等に多く発生します。

大発生した場合は、このダニの体や死骸、糞(フン)がアレルギー性疾患の原因(アレルゲン)となります。

温度20~30℃、湿度60~80%の高温多湿を好みます。

◉コナダニ

梅雨・秋口に増殖するダニで、高温多湿を好みます。

さらに、繁殖力が高いため、大発生すると捕食する吸血ダニが増殖します。

◉ツメダニ

ダニを捕食するダニで、他のダニが増えると増加します。

ツメダニは人を刺すこともあります。

◉イエダニ

ネズミに寄生するダニで大量発生した場合、移動して人を刺すこともあります。

ダニが増えるとアレルギーを引き起こしたり、刺されることもあります。

自分自身の健康を守るためには、ダニの発生を抑える対策と掃除が大切です。

ダニを増やさない対策

  • 高温多湿の環境を作らない
  • 布団を干す
  • シーツカバーを洗う
  • 掃除機をかける
  • ドライヤーをあてる
  • アイロンをかける
  • 燻煙剤

高温多湿はダメ

ダニは高温多湿の環境を好むので、なるべくそのような環境を作らないように気を付けましょう。

室温20~30℃湿度が60%以上が、ダニの好む環境です。

湿度が低い時期でも、場所によっては湿気が溜まることがあります。

上よりも下の方に湿気はたまり、ホコリがあると、湿気をため込みやすくなるので、こまめなお掃除が大切です。

布団を干す

定期的に布団を干して、乾燥させることがダニを増やさない対策の一つです。

ダニは50℃の温度を20分維持することで、死滅させることができます。

布団を干す際は内部まで温まるように、晴れた日に干すようにしましょう。

シーツカバーを洗う

シーツカバーは人汗や皮脂がたくさん付着しており、それがダニのエサとなるため、定期的に洗濯しましょう。

1週間に一回が好ましいですが、仕事で難しい場合は、出来る限り時間がある時には、洗濯するようにしましょう。

掃除機をかける

生きているダニは繊維にしがみつくため、掃除機ではほどんど吸い取れませんが、ダニの死骸やエサとなる人のアカなどは取り除くことができます。

効果的に掃除機をかける方法は、布団を干した後に行うことです。

布団を干すことで、ダニが死滅し、掃除機で死骸も吸い取れば、アレルギー反応が起きずらくなります。

レイコップ 温風機能搭載 UV 布団クリーナー<レイコップPRO [プロ] >RS3-100JPWS。UVで除菌・ウイルス除去、温風でダニを死滅!(たたき28,800回/分) メーカー保証2年。収納台、フィルター付きセット

布団掃除機はレイコップがおすすめです。

普通の掃除機にノズルを付け替えて、吸い取ることも可能ですが、レイコップが良いのには理由があります。

まず一番に形が良いということ!

普通の掃除機で布団に掃除機をかけると、重くて持ちずらいのですが、この掃除機の形が、布団表面のチリやダニを吸いやすい形状なんです。

軽く動かせるので、布団掃除が苦になりません。

さらに、レイコップの布団掃除機の凄い所は、UVライト温風機能があることなんです。

UVライトが付いているので、布団を殺菌する作用があり、カビが生えるのを予防してくれます。

UVにはA~Cがあり、レイコップはUV-Cの光を放つため、強力な紫外線でしっかり、殺菌することができます。

UV-Cなら、15秒程度で約90%の殺菌効果があります。

UV-Cの殺菌 → 詳しく

さらに、レイコップの温風機能は、約60℃の風が出るため、布団の中のダニにも強力に作用します。

ダニは50℃の熱で20分さらされると、死滅します。

レイコップは、温風でダニを退治しながら、吸い取るので、ダニによるアレルギーも防げるから、おすすめなんです。

ドライヤーをあてる

布団を干せない時期花粉症などがある方は、ドライヤーの温風を布団に当てることで、ダニを殺すことができます。

温風なので、湿気も取り除くことができて、布団がフカフカになります。

ドライヤーの温風は100~120℃ほどの高温なので、手に持って使いましょう。

布団乾燥機のように、ドライヤーを布団の中に入れて使用した場合、火災につながる危険がありますので、絶対に持って使ってください。

アイロンをかける

アイロンかけも、ダニを殺すのに効果的です。

アイロンは低温80~120℃、中温、140~160℃、高温180~210℃

布団カバーの素材によっては、高温のアイロンをかけると、生地を傷める可能性がありますので、素材を確認してから行うようにしましょう。

スチームアイロンを使えば、より布団の内部まで、殺菌ができて、ダニも殺すことができます。(カビは50℃以上の温度、数秒で死滅)

ただし、湿気が布団にこもる可能性があるので、湿度が低い日のみおすすめです。

燻煙剤を使用する

燻煙剤は、室内の隅々まで殺虫成分を含んだ煙を行き渡らせるため、隠れたダニも駆除できます。

ただし、食品や食器などに薬剤が付かないように養生したり、ペットや熱帯魚などを移動するなど事前に準備が必要です。

仕様する際は、注意書きを読んでください。

燻煙剤の使用後は窓やドアを開けて換気し、掃除機をかけてダニの死骸を除去しましょう。(掃除機で吸い取る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA