トマトを美味しくする方法【追熟してあまく・保存方法】

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

お店で売ってあるトマトしか購入したことない人は、「トマトの味はこんなもの」だと思っているかもしれませんが、本来のトマトはフルーティーで甘い野菜なんです。

しかし、スーパーや八百屋さんで買ったものは、酸っぱいという印象の方が強いかもしれません。

私は子どもの頃は、おばあちゃんが畑で作った野菜をよく食べていて、おばあちゃんのトマトがおやつになる時もありました。

だから、トマトは甘いという印象が強かったんですが、今はスーパーで野菜を購入します。

どこで購入しても、トマトは酸っぱい!

「あの頃のトマトを食べたい」といつも思っていました。

お店のトマトがすっぱいのには訳があるんです。

今回は、トマトが酸っぱい理由甘くする方法をご紹介します。

サラダスピナーの実力
野菜が変色する理由
野菜の鮮度を保つ方法
白菜の保存方法
トマトを美味しくする技
大根のニオイの原因
じゃがいも食中毒

トマト酸っぱい理由

お店に売られるトマトが酸っぱい理由は、販売されているトマトが未熟な状態で売られているからです。

通常、市場を通してお店に並んでいるトマトは、未熟な状態で収穫されます。

まだ青い状態で、出荷されているのです。

なぜ、そのようにするのかは、お店に並ぶ前に、梱包された段ボールの中で「追熟」させているからで、そのため店先にはまだ熟していないトマトも販売されています。

だから、お店のトマトは酸っぱいんですね。

トマトを美味しくする方法

トマトを美味しくするには、「追熟」させる必要があります。

※ 追熟とは果物や野菜を一定期間置くことで、甘さを出したり、果肉を柔らかくする処理の事です。

  追熟方法

  • 日の当たる場所に置く
  • 風通しの良い場所に置く
  • りんごと一緒に袋に入れる

トマトを追熟させるには、トマトの状態によって、追熟方法を変えましょう。

トマトが緑に近い状態なら、日の当たる場所に置いて、トマトのヘタの部分を下に向けて、赤くなるまで置いておきます。

また、りんごが家にある場合は、りんごとトマトを袋に一緒に入れて置くと、早く追熟が進みます。

りんごはエチレンガスを多く排出し、それによってトマトの成長を促進させるのです。

トマトが少し、硬く、あまり熟していないなら、風通しの良い場所に置いておくと、少しづつ食べごろになります。

トマトを美味しく買える場所

美味しいトマトを食べたいなら、スーパーで買うよりも、「道の駅・田舎の小さなお店」などで購入がおすすめです。

追熟方法を説明しましたが、やはり樹上で完熟させたトマトの味は別格になります。

しかし、普通の人ならトマトを購入するのは、近くのスーパーが多いのではないでしょうか?

そうなると、本来のトマトを味わうことができません。

「道の駅や田舎の小さなお店」には、農家さんが野菜を摘んでその日に、並べている所が多くあります。

だからこそ、本当の美味しいトマトに巡り合えるんです。

直で販売しているからこそ、早めに収穫する必要がなく、樹上で限りなく熟した状態で収穫されます。

これは、トマトだけではありません。

  追熟できる果物・野菜

  • アボカド
  • ゴーヤ
  • トマト
  • カボチャ
  • すいか
  • さつまいも
  • バナナ
  • メロン
  • キウイ

上にあげられる、野菜や果物が追熟させる必要があります。

追熟させる野菜や果物は、トマト同様に未熟な状態だと、甘さがなく、酸味が強く食べれるものではありません。

これらの野菜や果物を「道の駅や田舎の小さなお店」で購入してみてください!

スーパーで高い物を購入するよりも、断然!味が違いますよ!

逆に、追熟できない野菜もあります

詳しく→こちら

生産者から直接購入

「道の駅や田舎の小さなお店」 以外にも美味しい野菜を買える場所があります。

インターネット通販です。

実は生産者から直接食べ物を購入できる、通販サイトがあるんです。

食べチョク

こちらでは、様々な食べ物を取り扱っているので、自分の好きな野菜や果物を注文できます。

数が多ければ、近所の人と一緒に購入してもいいかもしれません。

また、「食べチョク」以外で、フリマアップリの「メルカリ」でもたくさん販売されています。

メルカリで購入する際は、メルペイポイントを使って購入することもできます。

タイトルとURLをコピーしました