【コンセントのゆるみ】原因・対処方法・火災の危険!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「コンセント」は壁などに埋め込まれている、差し込む穴のことです。

「プラグ」は、電源コードの先の突起の部分です。

あなたの自宅の「コンセント」は大丈夫ですか?「緩い(ゆるい)」と感じることはありませんか?

今回は「コンセント」が緩む原因と、対処法について解説していきます。

コンセントがゆるむ理由

コンセントが緩む原因は、プラグの抜き差しが原因です。

また、プラグの抜き方にも注意が必要です。

まっすぐ抜かず、左右に振りながら、プラグを抜く人も多いですが、この行動がコンセントの緩みの原因になります。

さらに、プラグやコードが引っ張られている状態も、緩ませる原因です。

出典:canon

コンセントに差したコードが常に、引っ張られている状態では、コンセントの片方に力がかかり、緩みに繋がります。

コンセントに差した、コードが引っ張られないようにするには、コードを固定しましょう。

コードの一部に、「魔法のテープ」を貼って留めておくと、コードが引っ張られなくなるため、コンセントへの負担も軽減します。

NESHEXST 両面テープ 超強力 魔法のテープ 滑り止め 防水テープ 剥がせる メーカー3年保証 (長さ1m 幅3cm 厚み2mm)
NESHEXST 両面テープ 超強力 魔法のテープ

「魔法のテープ」は強力な両面テープですが、剥がす時はキレイに取り除くことができます。

両面テープの反対側のフィルムを剥がさず使えば、テープのようにして使えるため、ホコリなどが付くこともありません。

さらに、テープが透明なので、見た目も気になりません。

絶縁テープ(ビニールテープ)」は、時間経過とともにテープを貼った部分がベタベタで、剥がしずらくなりますが、「魔法のテープ」はそれがありません。

ゆるんだ時の対処

コンセントが緩んでしまったら、間に隙間ができたり、プラグが抜けやすくなります。

それを防止するには、「魔法のテープ」を使います。

プラグが動かないように、テープで留めるのです。

そうすると、コンセントが抜けることはありません。

「魔法のテープ」を使うと、透明なので目立ちません。

上に付けることで、コンセントとプラグの間に、ホコリが溜まることもありません。

プラグの根元を固定用として「魔法のテープ」を貼ると、コンセントが抜けにくくなります。

危険!コンセントゆるみ

出典:アドウイクス株式会社

コンセントが緩むと、火災の危険があります。

コンセントに差し込んだプラグの間に、ホコリが溜まり、そこに水分が付着すると(湿気)、その部分に電気が通ります。

すると、その部分に、熱が生じてトラッキング現象が起き、火災が発生します。

また、コンセントが緩んでいて、プラグが中まで入っていない状態だと、プラグのの先端にだけ電気が通ります。

通常はプラグの差し込み部分全体で、電気を受け取りますが、緩んだ状態だと、先だけに電気が流れるため、抵抗が大きくなります。

すると、熱が高くなり、異常熱を引き起こすことがあります。

これが火災の原因となります。

似たような現象で、タコ足配線があります。

タコ足配線は、コンセントや電源タップの容量オーバーが原因です。

プラグをたくさん繋ぎすぎたことで、容量を超えた電力が流れ、熱が生じ火災が起きるのです。

コンセントの寿命

コンセントにも寿命があります。

10年を目途に点検することをおすすめします。

状態が良くないまま使用すると、火災の原因となります。

詳しくは

交換する場合は、自分で交換はできないため、有資格者(電気工事士)に、行ってもらう必要があります。

賃貸であれば、管理会社に相談をして、交換してもらいましょう。

延長コードなどに不具合が生じていた場合は、交換するようにしましょう。

火災の原因に繋がるホコリを溜めないようにするには、配線周りをキレイにしましょう。

特に、テレビの後は、配線がバラバラになりがちですが、「魔法のテープ」と「結束バンド」使うと、すっきりさせることができますよ。

≪参考文献≫
 トラッキング現象「公益社団法人技術者協会」
 コンセントがゆるい時「ミツモアmedia」
 コンセントがゆるい火災の原因「コンセント100当番」
 コンセントとプラグの違い「オリーブオイルをひとまわし」

タイトルとURLをコピーしました