Amazonブラックフライデー12/1まで

詳細はこちら

【生ごみのニオイを抑える方法】お酢で雑菌の繁殖を抑制

暖かい季節になると私たちを困らせるのが「雑菌」ですね。

毎日の料理で生ゴミが発生しますが、このゴミが嫌なニオイを発生させます。

今回はニオイを防止する方法をご紹介していきます。

生ゴミは害虫注意

夏場は生ゴミから発生する刺激臭に、悩ませられている人も多いでしょう。

生ゴミは水分と栄養が多く、雑菌が急激に繁殖します。

特に、夏は高温多湿になるので、雑菌の繁殖スピードも早くなります。

雑菌によって、生ゴミが分解されることを腐敗と言いますが、それが刺激臭の原因となります。

放置していると、ゴキブリやハエなどの害虫を呼び寄せる事にもなりかねません。

ゴミ出し日までは、生ごみを家庭で保管しなければいけませんが、そのゴミ袋の中に、ハエが卵を産むと大変なことになります。

ウジ虫が大量発生という恐ろしい事態に!

メスのハエは、3~4日の間隔で産卵をし、1回あたり150個もの卵を産みます。

そして、その卵は早くて1日(イエバエ)でウジ虫(幼虫)になります。

幼虫から、2週間もたたずに成虫となり、どんどん数を増やしていきます。

ハエの詳細

私はハエの卵で、恐ろしい体験をしたことがあります。

ベランダに置いていた、ゴミ袋の中にハエが卵を産んで、袋の中がウジ虫だらけになっていたのです。

夏場は生ゴミの腐敗が激しいので、そういう不快害虫がたくさんよってきます。

だからこそ、ニオイ対策は必須なんですね。

ウジ虫発生・対処法

お酢を使った防臭

生ゴミの腐敗臭対策として、昔からの知恵として知られている方法があります。

生ごみを捨てる袋の中に、キッチンペーパーを2枚しいて、お酢と水を1:1での割合で「酢水」を作ります。

お酢を大さじ1.5杯水を大さじ1.5杯(合計大さじ3杯)

あまり多く入れ過ぎると、袋の下がベチャベチャになるので、大さじ3杯程度がいいでしょう。

お酢には高い殺菌力があるので、雑菌の繁殖を抑える効果がありますが、注意点もあります。

ニオイを抑えるため・雑菌を抑制するために、お酢を使う場合は「穀物酢」を使用してください。

すし酢などを使用した場合は、砂糖・だし汁などの添加物が入っているので、使用した場合は、かえって雑菌を多く繁殖させることにもなります。

お酢の種類

お酢は殺菌力はない

お酢には雑菌の繁殖を抑制する効果はありますが、殺菌効果はありません。

お酢を使った2つの実験があります。

  1. 洗濯物の菌を殺菌できるか?
  2. ご飯と酢飯の菌の繁殖

この2つの実験で、お酢の「殺菌力(菌を殺す力)」・「雑菌繁殖抑止」についてが分かります。

1.洗濯物の菌を殺菌できるか?

「お酢を入れて洗濯すると、洗濯物や洗濯槽を殺菌できる」という情報がありますが、本当に効果があるのかを検証するために、実験が行われました。

5cm角の布に黄色ブドウ球菌(人の皮膚にいる菌)を染み込ませ、水300mLを入れたビーカーに布を入れて洗濯機に見立てます。

水だけのビーカーと、お酢(1.5mL)を加えたビーカーを用意して、それぞれ布を1分かき混ぜた後、その水の1mLあたりの黄色ブドウ球菌数を比較。

添加したお酢の量は、洗濯槽50L(5kg)の水に対して、250mLのお酢の量に相当します。

※一人暮らしの洗濯槽は5~6kgと言われています。

結果は、お酢を加えても、菌の数はほとんど変化なし。

つまり、洗濯でお酢を加えても、細菌を殺すことは難しいということです。

タオルのニオイを消す方法

出典:フジテレビ商品研究所「お酢の殺菌効果」

2.ご飯と酢飯の菌の繁殖

「普通のご飯より、酢飯の方が菌が繁殖しない」というイメージがありますが、これが本当なのかを検証する実験が行われました。

「普通のご飯」と「酢飯」の細菌の数を24時間後で比較。

直後は、細菌数に大きな差はありませんでしたが…。

しかし、24時間後は、ご飯は細菌がたくさん増殖!

一方の酢飯は、微増程度で、普通のご飯に比べて10万分の1程度でした。

出典:フジテレビ商品研究所「お酢の殺菌効果」

この結果で、お酢の効果は「殺菌」ではなく、菌の増殖を抑えることだということが判りました。


ダイソー冷感タオル2022年
ダイソ―うちわ2022年
ダイソー冷感スプレー2022年
ダイソー汗拭きシート2022年

ダイソー冷感クッション2022
ダイソ―保冷剤2022年
ダイソ―水鉄砲2022年
ダイソ―レジャーシート2022年

ダイソー虫除けグッズ2022
ダイソー虫取り網

≪参考文献≫
 「酢」で生ゴミの臭いをおさえる:警視庁
 お酢の殺菌効果:フジテレビ商品研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA