【セスキの激落ちくん】エアコン送風ファン掃除・汚れが落ちる

この記事は約4分で読めます。

エアコンの掃除は、自分で行うのはとても大変です。

自分で出来るように、専用の掃除用品が販売されていますが、意外なものがエアコン掃除に向いています。

実はセスキを使うと、エアコンの汚れが落ちやすいのです。

今回は「セスキ激落ちくん」を使った、エアコン掃除をご紹介します。

プロのエアコン掃除

エアコンの掃除をプロに依頼すると、エアコンをできる限り、解体をして部品ごとに洗浄してくれるため、細かい所まで、キレイにできます。

エアコンの解体は、慣れれば、個人でも行うことが出来ます。

ただし、エアコンの左側が壁に近い場合は、「送風ファン」(クロスフローファン)を外すことが出来ません。

「送風ファン」を外す時は、左から外すため、壁が左にあると、外すことが出来ないのです。

出典 ダイキン

「送風ファン」は、長い筒のような形をしています。

細かな作りなため、エアコンに付いたままでは、キレイに洗浄するのが難しく、取り外すことが出来れば、ご家庭でも汚れをしっかり取り除くことが出来ます。

  エアコン洗浄動画

エアコンの洗浄を自分で行う場合は、こちらの動画が分かりやすいです。

エアコン分解掃除①:カビ臭い!送風ファンをはずして自分でクリーニング洗浄する方法

この動画では、「送風ファン」を外して、室外で洗浄する際に、「カビキラー」を使用していますが、送風ファンを付けたままの状態では、「カビキラー」を使用してはいけません。

「カビキラー」が、「熱交換器」に付着すると、サビの原因となるからです。

また、上に向けて「カビキラー」を使用すると、目に入ったり、吸引する可能性があるため、危険なので、使用してはいけません。

「セスキの激落ちくん」で掃除

「セスキの激落ちくん」は、油汚れに強いので、台所の油汚れは驚くほどキレイになるため、エアコン掃除にも使えます。

エアコンの掃除で大変なの所は、「送風ファン」です。

エアコンから取り外しできない場合の、掃除方法をご紹介します。

使用するのは、こちらの商品です。

レック セスキの激落ちくん 400ml (洗浄・除菌・消臭) アルカリ電解水 安心 安全 2度拭き不要
レック セスキの激落ちくん 400ml 

「セスキの激落ちくん」は、アルカリ電解水配合されているため、汚れが落ちやすくなっています。

クリーン洗剤なので、有害な物質を含んでいないため、掃除後の悪影響もありません。

送風ファンの掃除には「セスキの激落ちくん」「ビニール袋」「テープ」「スプレーボトル」を使います。


  掃除手順

最初に、エアコンのコンセントを抜きます。

エアコン付近の、コンセントに水がかからないように、保護すします。

※下の写真では、ラップとクリアテープを使用しています。養生テープの方が剥がしやすい。

エアコンから水滴が垂れないように、エアコンカバーをします。

エアコン掃除専用のカバーも販売されていますが、45L取っ手なしゴミ袋で代用できます。

ゴミ袋の口の方から、切れ目を入れます。

最後まで、切れ目を入れず、少し残します。

上の図のような形に切り、赤い部分をエアコンの下の部分に貼り付けます。

上の写真のように、ゴミ袋を張り付けると、掃除で落ちる水滴が、床に落ちるのを防止できます。

「エアコン掃除カバー」の専用は、下の商品になります。

スポンサー広告 - エアコン 洗浄 カバー 掃除 シート 壁掛け用 排水 家庭用クリーニング 【ホース長さ 約2m】CoiTek

カバーを取り付けたら、「送風ファン」に「セスキ激落ちくん」を大量に吹きかけます。

「セスキ激落ちくん」はアルカリ性が強いため、素手で行うと、手荒れするため、ゴム手袋を付けて、行うようにしましょう。

「激落ちくん」を吹きかけると、汚れた水滴が流れてきます。

袋に水分が溜まりすぎると、重みで、剥がれ落ちる可能性があるため、袋を取り換えます。

取り換えて、「激落ちくん」を吹きかけます。

2回目ですが、大量の汚れた水が流れてきます。

袋を取り換え3回目を行います。

汚れを洗い流すために、水をスプレーボトルに入れて、吹きかけて、ある程度汚れが出なくなったら、流しは終了です。

次はエアコンを乾燥させます。

「送風」か「暖房」運転を10分程度行います。

水滴が出てこなくなったら、乾いているので、終了です。

掃除する前は、エアコンからニオイがしていましたが、掃除をして、ニオイがほとんどしなくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました